アニメ 悪の華 第11話

前回のラストでパトカーに乗ったあと、いきなり一ヶ月後の話に飛んでた。
春日は学校で孤立してた。
狭い村みたいなところだから、噂が広まるのも早いのだろうね。
春日を問い詰めようとして佐伯の友人が「いまこの街には変質者がいるんだからね!」と、その当人の目の前で訴えたのは笑った。
春日が両親に丁寧語で受け答えしていたのは、普段からじゃないはず。
反省していることを態度で示そうという意味だろうね。
両親はそんな振舞い方は望んでいないと思うけど。
だから母親は余計に苦悩を深めていたように見えた。
後半、春日が夜中に家出してどこかの廃墟をずっと歩き続けていたけど、あのまま自殺するのかと思ったな。
夜中に歩いていたシーンからいきなり自宅で目覚めるシーンになったのは、家出したのも含めて夢だった?
その夢で仲村が「ついてくるって信じてた」と言ったのは、そのあとで春日が中村さんは傷ついていたと言い出すので、実際に春日がそう言われたのを思い出したのだと思う。
最後に仲村の為に「作文を書くから!」と決意するのはとても春日らしかったw

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)

カテゴリ最新記事