悪役令嬢に転生してしまった第10話「破滅の時が訪れてしまった(前編)」生徒会長の正体

悪役令嬢に転生してしまった第10話「破滅の時が訪れてしまった(前編)」は、生徒会長が本性を現わすエピソード。

カタリナ嫌がらせ疑惑

アバンは前話Cパートの続きで、
カタリナが令嬢達に問い詰められた。
思い当たるのは蛇を投げたこと、畑を作ったことで、
一応は心当たりがあったようでカタリナはたじたじだったw
ところが、令嬢達の主張はマリアへの嫌がらせだった。
なぜか証拠書類は分厚く、どう見ても捏造。
お菓子強要かとツッコまれてた。
そこにジオルドやキース、マリアが通りかかった。

OP後、マリアは全てデタラメと否定した。
キースは書類を読み、カタリナはこんな手の込んだ嫌がらせはできないと否定。
メアリもカタリナは単純ですとか、
ソフィアはそんな器用さはありませんと。
せやなと弾幕になってたw
アランもジオルドも同意していた。

マリアは同じ嫌がらせをした人を覚えていると断言。
この場にいる者を指摘してもいいと主張すると、全員逃げてった。
ただ、マリアはその中の誰かの背に黒いオーラ的なものが付いていると気付いた。

生徒会の事情を知る者

糾弾は生徒会の用でカタリナ以外はいなかったタイミングだった。
生徒会の事情を把握できる者が黒幕とジオルドは予想してた。
ジオルドは察しがいいので、黒幕が誰か気付いてそう。
アランは「こんなのでも」侯爵家の令嬢だと擁護?
カタリナはピンチを乗り切ってニコニコ。
のんきすぎってツッコまれてた。

昼食後の帰りにマリアはまた黒いオーラに気付いて、一人で追いかけてしまった。
以降、マリアは行方不明になってた。
カタリナは一緒に行けば良かったと後悔していた。
生徒会長はマリアは無事だと励ましていた。
怪しいとかフラグとか黒幕とツッコまれてた。
この時点では、ネタなのか区別が付かないけど、案外そうかもな……て印象だった。

闇の魔力

ジオルドはカタリナ告発書類を作ったのは令嬢達ではないと突き止めていた。
しかも、令嬢達はなぜあんな事をしたのかすら覚えてなかった。
ジオルドは操られていたかもと主張。
闇の魔力があれば心を操れるらしい。
とは言え、妬みや恨みを利用するので、
そういう感情がないカタリナには効かない。
光の魔力を持つマリアは闇の魔力が見えるらしい。
なのでマリアは闇の魔力を持つ者に気付いた。

ジオルド曰く、闇の魔力は生まれつきのものではない。
人間の命を捧げると闇の魔力を得られる

カタリナはその夜、マリア達が死んでいる夢を見ていた。
茸鍋のせいってツッコまれてた。

生徒会長VSカタリナ

カタリナは寝不足で学園で倒れた。
保健室で目覚めて、単独行動するなと言われてたのに、
「ちょっとだけ」と一人で中庭のベンチに座ってた。
フラグってツッコまれてた。
そこに生徒会長が現れた。
怪しいとか黒幕とか石田役ってツッコまれてた。
この時、授業中だったのに会長がここにいるのを訝しがってた。
ここであっちゃんから聞いた、すごい難しい攻略の話を思い出してた。
それは赤い髪と灰の目のキャラが鍵らしい。
その特徴は生徒会長と同じ。
その攻略に失敗すると、キャラが全滅エンド。
この時、ネタバレ禁止ってあっちゃんに口止めしていた。
なのでカタリナは攻略法を知らない。
聞いておけばとツッコまれてた。

カタリナは思わず「闇の魔力を持っているんですか」と会長に聞いてしまった。
おいwとか直球wとかツッコまれてた。
会長は「闇の魔力……って何」と、とぼけた。
カタリナはその反応に安心して、
「会長が犯人なわけがないよね」と独り言を言い続けたw
お前のせいとか、お前が変えたってツッコまれてた。
その脳天気な反応が気に入らないのか、
会長は自分がマリアを拉致したと認めた。
今までの優しい態度は演技だった。

あの女を消す為

マリアは会長の闇のオーラに気付いて一人で問い詰めたらしい。
会長は「あの女を消す為に」と言ってた。
会長は闇の魔力でマリアを操ろうとした。
光の魔力の加護なのか、
妬みや恨みがないせいか、
マリアを操るのに失敗してた。
なので代わりに、眠り薬のようなものを嗅がせてた。

会長は寂しい者に声をかけて救っているつもりの偽善者と、カタリナを罵った。
まあ、あながち的外れではないw
自分の破滅フラグ回避が本音だもんね。
とは言え、カタリナは会長の頬に手を差し伸べて「大丈夫ですか」か聞いていた。
聖女ってツッコまれてた。
落としにかかるとか、攻略開始ってツッコまれてたw
まあ、この物語はそういう展開でしょうね。
その反応もまた会長を怒らせて、カタリナは闇のオーラに呑まれた。
そして、そのまま眠り続けろと。
でも妬みや恨みが無いと効かないはず……。
基本コメディなんで、次回はピンピンしてた展開じゃないかな……。

アンケートは「とても」が93.2%「まあまあ」が3.6%、計96.8%が「良かった」だった。
悪役令嬢に転生してしまった第10話アンケート

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)

カテゴリ最新記事