『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

ベルセルクが6月24日に連載再開

2021年に、作者の三浦建太郎が死去して未完となったベルセルクが連載再開することになった。
かなり異例ですね。
個人的には遺稿だけでも公開してくれないかと思ってました。
それどころかエンディングまで描くとは、かなり期待してます。

執筆を引継ぐのはスタジオ我画の森恒二。
監修なので実際にはアシスタントが描くようです。
森恒二は三浦健太郎の親友だったそうで、
ストーリーやエピソードなどを聞いていたとのこと。
しかも「最終回までのストーリーは森ちゃん以外誰にも話していない」らしい……。
それに構想メモも見つかり、エンディングまで書くことにしたと。
まずは「妖精島の章」残り6話を掲載。
さらに新編に入り、エンディングまで。
単行本のナンバリングも継続するとのこと。

「ベルセルク」連載再開、「自分たちの中に根付いた『三浦建太郎』を真摯に紡ぎたい」

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)