『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

新アニメ版ベルセルク第16話「獣鬼の森」あらすじと感想

新アニメ版ベルセルク第16話「獣鬼の森」は、魔女の館に辿り着くエピソード。

前半は旅の合間の閑話休題的なエピソードで、
ファルネーゼが家事を何もできないので落ち込んだり、
イシドロが両手を使って戦う事を思いついたり、
いつもの夜の魔との戦いがあったり。

ファルネーゼが落ち込んでるシーンでは、
帝都に戻るか尋ねたセルピコに「帰るものか」と返答する。
原作だと「初めて私は私を見出したのだから」
と内心の言葉があるけど、アニメではカットされていた。
この台詞が無いとなぜファルネーゼが同行するのかわからないんじゃ……。
まあキャラクターの心理を想像すればわかるのかな。
私はそういうのは得意ではないので、
台詞が無いとわからなかったかもなあ、と。
このシーンは川辺だったけど、川の流れはさすがにCGで綺麗だった。

イシドロが旅の商人から食糧を盗むのはカットw
ガッツとの模擬戦後に、故郷の村を出た回想もカット。
原作だと、今までずっと手持ちの駒でやりくりしてきたとガッツに言われ、
確かに村から出てずっとそうしてきたと思い直して、
これからはガッツを利用してやると腹黒い決意をするw

セルピコがガッツを殺したいと語るのは、
このまま旅を続けるとファルネーゼが危険だから。
でもアニメはこの台詞はカットしてたので、
前に戦った時の遺恨で敵視してるようにしか見えない。
あと「ファルネーゼが死んだら、覚悟してもらう」と宣言するのもカット。
なので、セルピコはガッツにずっと敵意を秘めてるように見えてしまうw

で、道中「トロール」と遭遇してキャスカをイシドロが守るけど、
魔女のシールケが割って入ってトロール達を撃退。
イシドロはどの道自力ではトロールの群れを撃退できなかったくせに、
シールケが邪魔したと思ってるのかシールケに絡んでた。
ここでずっこけてシールケの胸を触ってしまうという、
昭和のラブコメみたいなシーンがw

後半は魔女の館に到着して、護衛のゴーレムと戦うシーン。
ガッツは死霊だと勘違いしてた。
ただ原作だと「何かが違う」と違和感はあるけど、
アニメだとこの台詞は無いので死霊だと思い込んでる感じ。

イシドロもゴーレムをいなしてるけど、
原作だといつもの「夜の魔」と同じ感覚で戦ってるとわかる。
台詞やシーンカットで、アニメではたいして長いこと戦ってない。

最後に出たフローラが島本須美とは驚いた。
どこかで聞いたことあるなあとは思ったけど。

One Response to “新アニメ版ベルセルク第16話「獣鬼の森」あらすじと感想”

  1. ベルセルク 第16話  『獣鬼の森』

    カッツ、ファルネーゼ達に襲い掛かるこの世のものならざる

    妖魔たち。これでは夜は眠れませんね。

    移動時間の一部を削って昼間睡眠を取るしかない。

    ファルネーゼはキ…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)