『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美 アニメーションの脚本術 プロから学ぶ、シナリオ制作の手法

新ベルセルク第22話「炎の旅立ち」あらすじと感想

新ベルセルク第22話「炎の旅立ち」は、ガッツが竜の使徒を倒すバトルエピソード。

グルンベルドに善戦するガッツだけど、
実は狂戦士の甲冑が無理矢理骨や筋肉を接合していただけ。
当のガッツは無意識的に闘争本能だけで戦ってた。
狂戦士なので仲間すら殺そうとするほど。

グルンベルドは竜化して対抗するけど、
ガッツの突きはその鋼玉の皮膚すら貫通。
その際に折れた手が甲冑が無理矢理治してた。
竜化でピンク色になったので「あれ?」と思った……。
想像と全然違う色だったw

パックが戦うガッツを「あれじゃまるで……」と言いかけたのは、たぶん「使徒」。
原作と同じ台詞なのでわからないけどね。

中間部はシールケがガッツの精神世界に飛び込んで、
崩壊しかけてたガッツの自我をつなぎ止めていた。
意識を取り戻したガッツは眼に光が戻り、
イシドロ達やキャスカ達を狙ってた使徒を一凪ぎ殺して救出。
グルンベルドは炎のブレスを吐こうとしてたけど、
炎の化身となったフローラが炎を御して防いでた。
その隙に一同は逃走。

表向きはバトルエピソード。
裏ではシールケが「日だまり」と思ってた森から巣立つエピソードで、
シールケがいないとガッツのせいで全滅してたはずだし、
副題はシールケ視点で、これは実質的な主役はシールケだからでしょうね。
この辺のシールケの台詞は声つきだと泣きそうになったw
文字だけの台詞だと感情に訴える程には感じないしね。

後半はウィンダム視点のエピソード。
ラバン団長が水路からこっそりウィンダムに潜入。
ラバンは黄金時代編でグリフィスの後見人となってた貴族。
迎えたのはグリフィスが脅して服従させたフォス大臣。
この時点のフォスはもう、グリフィスに頼る程に変わってるのが面白い。

ウィンダムは魔物が徘徊する都市に変貌していた。
ここでグリフィスの手下の弓兵が魔物を倒して大臣らを救出。
しかしこれはウィンダムへの潜入のついでに偶々助けただけ。

Cパートは夕日の海を眺めるシーンで、
原作だとクシャーンに囚われているシャルロッテ救出後に描かれていた。
よろよろのガッツが敢えて甲冑を着て「リハビリ」してた。
シールケは再び暴走したら「頼りになる魔術師がいる」と言われて返答に窮してた。
原作だとちょっと照れてるように見える。
アニメだと「ほんとにわかってるの?」と言いたげな憮然としている感じ。

One Response to “新ベルセルク第22話「炎の旅立ち」あらすじと感想”

  1. ベルセルク 第22話  『炎の旅立ち』

    『魔女の追想』は第22話ではなく、特別編だったのね。

    今回は本編です。

    狂戦士の甲冑を身に着け、戦うガッツは

    痛みや恐怖を感じていないという。

    その証拠に、自ら…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)