アニメ僕だけがいない街第6話「死神」感想

僕だけがいない街第6話「死神」は、悟が警察に捕まってしまうエピソード。
今回で原作第3巻ラストまで。

アイリ救出に店長が登場するのは、店長の自宅がアイリの下宿先の近くだからかと。
原作でも説明は無いので、ここだけ見ると店長が放火犯とも取れるw
その辺の説明はアニメでも無し。

悟に裏口から逃げろと言う店長は「手柄は俺の物だ」と言うけど、
アニメだと単にニヤついている感じ。
マスクで表情はわからないけど、西園にアイリの事を話す時のニヤついた目に似てる。
原作では悟に念押しする程度。
これは悟の事を黙っている代わりに手柄を寄こせという取引。
原作の悟はそう解釈してるけど、アニメでは悟の内話はカット。

澤田記者が自責する悟に「~思い上がりってもんだべさ」と応えるのはアニメの改変。
原作だと同じ意味の事を言うけど、悟母の台詞を真似するわけではない。
好きな言葉と言ってるのだから、台詞をそのまま真似るアニメの方が自然かと。
ここで記者がペンをへし折るのは改変要素。
もう一度原作を読み直したくなって、読んでみたらちゃんと折ってたw
記憶に無かったもので……。

悟がストーカー扱いになってるのは原作通りだけど、
恐らく店長がそう嘘の証言をしたのだろうと思いますが、
原作ではなんでストーカー呼ばわりなのか不明なまま。
その辺、アニメで追加や改変などあるかなと思ったけど無かった。

記者がトイレに駆け込むフリをしてアイリの病室に忍び込むけど
警察の警備がザルすぎなのは原作通り。
原作ではトイレをアピールせずに通り過ぎるだけなので、
アニメはちょっとコミカルなシーンになってますねえ。

悟はアイリと橋の下で話し合うけど、少し話をしただけで警察が駆けつける。
原作でもアニメでも、警察がアイリを泳がせていただけなのか、
携帯のGPSから探知したのか、その辺は不明なまま。
悟を監視してたらしき赤い目の男が、アイリも監視してたのなら、
赤い目の男が通報したと考えるのが自然ではあるけれど。

橋の下のシーンで「IMPOSSIBLE IS NOTHING」という落書きがあったのはオリ要素。
ラストの青い蝶も含めるとリバイバルの示唆かも。

警察に逮捕された悟がアイリに「ありがとう」と応えるシーンで、
悟とアイリの距離が遠すぎな気が……。
原作だと2メートルくらいで、橋の下からまだ出てないタイミング。
アニメだと橋の下から出て10メートルくらいに見える。
で、悟の声量が比較的小さいので、この距離でしかも雨降りだと、
アイリには聞こえない気がする……。

最後に青い蝶が出たのはオリ要素。
この蝶自体がオリ要素だけど、次話でリバイバルすると示唆してますね。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)