本好きの下剋上第7話「不信感の芽生え」マインと呼ばなくなった

本好きの下剋上第7話「不信感の芽生え」は、ルッツがマインを「マイン」と呼ばなくなるきっかけとなるエピソード。

ベンノの昼食の意味

マインとルッツはベンノと一緒に昼飯を食べる招待を受けた。
ベンノはオットーの義理の兄だった。
なので、マインは「騙された」と怒ってた。
ルッツはわかってなかったけど、私もいまいちわからないw
チャンリンシャンの現物をオットーがベンノに見せただろうし、
そこから作り方がバレたと思ったんですかね。

ベンノは釘とチャンリンシャンの交換を、
まず自分に相談すべきだったと怒った。
紙作りの契約をするので、道具が必要なら提供できたらしい。
おそらくチャンリンシャンの作り方が漏れるってのもあるでしょうね。
相手が義弟のオットーだったので、漏れずに済んだ。
もしかしたらベンノは実物を見て作り方がわかったのかもね。

マインは頭を下げて謝ったけど、ベンノは頭を下げる意味がわからなかった。
つい、日本の習慣を出してしまった。
これもルッツがマインを不信に思うきっかけの1つかもしれない。

ベンノの本題は紙作りの道具を提供する事だった。
ただし、チャンリンシャンの作り方と交換だった。
更に紙自体の売買契約もしてた
ベンノは利益の1割を提示。
マインは紙を作る権利は自分、売る権利はルッツにと要求。
ルッツはこの話がわかってなかった。

契約は「契約魔術」を使ってた。
魔法のインクで署名し、血判すると魔法がかかって契約内容を守る強制力となるらしい。
このインクは高価なので、大きな利益が見込める契約にしか使わないらしい。
これを知ったマインは、チャンリンシャンを安売りしたと怒ってたw
一応、ベンノはチャンリンシャンの権利を売っていいのか聞いてたんだよね。
マインはおそらく、この町の女がツヤツヤした髪を欲しがる需要を読み違えている。
ベンノはチャンリンシャンを格安で作れると気付いてると思う。
なので、貧しい住民も買える価格で売って「大きな利益が見込める」んでしょ。

ルッツはマインを疑うようになった

契約後に帰る途中、ルッツは「お前さ……マインだよな」と、気付いた。
大人と交渉してたマインが自分が知ってるマインと違うらしい。
ルッツはマインのペースに合わせず、自分のペースでどんどん先に歩いて行った。

マインが帰ると、なぜか家の中が沈んでいた。
不穏とツッコまれてたけど、理由は描かれてない。
もしかして、オットーからミグイの病気の事をギュンターが聞いたのかもね……。

父はなぜかマインに水を汲むように頼んだ。
井戸に行くとルッツ達が「お前は誰だ」と問い詰めた。
……と思いきや、マインは夢から覚めた。

マインは1人で入店禁止

翌日、ルッツは1人で森に行く仕事があった。
マインは自分1人で店に行って、道具製作を進めようとしていた。
裏目に出そうとツッコまれてた。
余計にルッツに疎外感を与えそうだった。

マインは執事と共に道具の素材の材木屋に向かった。
ところが、その道中でマインは倒れた。
マインが目覚めると、ベンノの自宅のベッドだった。
ベンノはマインが病弱とは知ってたけど、ここまでとは予想してなかった。
なので、怒ってた。
マインはいきなり土下座してたw
ベンノは意味がわからず困惑していた。
とは言え、今後はマイン1人で店に来るのは禁止となった。
そして、今日は自宅に帰れと命じられた。
マインは大丈夫と反発したけど、ベンノに頭をつかまれて「帰れ」と怒られた。
アイアンクローとか強制送還ってツッコまれてた。

ミグイとは何か

ベンノはオットーにミグイの話をしてた。
ミグイとは魔力を持って生まれた平民だった。
貴族は魔力があっても平気らしい。
魔力が体内で増えると魔力に食われて死ぬらしい。
たいていは洗礼式までに死ぬので、ミグイの病気は周知されてなかった。
ただし、魔力を放出できる魔術具があれば助かるらしい。

その夜、マインはまた熱を出した。
てことは、やはり帰るのが正解だった。
仕事してたら、また倒れていたはず。
父ギュンターも怒っていた。
なので、ルッツにマインと一緒に店に行くよう釘を刺していた。

南の倉庫まで歩けるか

ルッツはマインを邪険にしたのを謝った。
計算もできて大人との交渉もできて、自分は必要ないと思ったらしい。
6歳くらいの子供が自省して謝るなんて、それだけで賢い。
もしかして両親から怒られたのかもね。

ベンノの店に行くと、今後はルッツと一緒に来るように命じられた。
マインの面倒を見られるのはルッツしかいないと。
良い子安ってツッコまれてた。

ところが、ルッツはこの日からマインを「マイン」と呼ばなくなったらしい。
マインはその事に気付いてなかったと、モノローグで語ってた。
前にルッツとマインはくっつかないとコメントがあったっけ。
これがきっかけなんですね……。

アンケートは「とても」が82.4%「まあまあ」が12.0%、計94.4%が「良かった」だった。
本好きの下剋上第7話アンケート

“本好きの下剋上第7話「不信感の芽生え」マインと呼ばなくなった” への1件のコメント

  1. 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません TokyoMX(11/20)#07

    第7話 不信感の芽生え ベンノに呼び出されたマイン。ギルベルタ商会はオットーさんの住まいの1階にある。つまり妹思いの兄がベンノでオットーさんとは義兄弟だった。招待されたお…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)