カオスヘッド第6話「抱擁 embracement」感想

カオスヘッド第6話「抱擁 embracement」は、渋谷の街が電磁パルスのようなノイズに襲われるエピソード。

たくみは「妄想を具現化する方法」を1人で考察してた。
人物Aの脳内イメージをHDDにコピーし、
それを人物Bの脳内へ転写すると、
Aの妄想をBも見れるようになる、
つまり妄想が現実になる、という理屈を思いついていた。
たくみはこれがディソードを入手する手がかりだと思ってた。

たくみが優愛から逃げて校舎の隅で蹲ってると、
そこに梨深が来てたくみを介抱していた。
たくみは梨深を恋人のようだと思ってた。
梨深も優愛と同様に何か目的があってたくみに接近してるはず。
でも梨深はなぜたくみに優しくするのかを、友達だからと誤魔化してた。

喫茶店で休んでいるたくみは、通りすがりのデモ隊を見て、
「その目誰の目」というプラカードに怯えてた。

たくみは自室で妄想の具現化方法を調べてた。
実際、そのようなデバイスがあったらしい。
たくみは剣を思い描いて目を閉じてたけど、
梨深は急に「止めて」と制してた。
その雰囲気はただ事ではない感じだったけど、
梨深は「もう子どもじゃないんだから」と誤魔化してた。

たくみは梨深が下着姿で外に出ようとする「エロ梨深」の妄想を見てた。
梨深は飲み物を買いに外へ。
第5のニュージェネ事件が起きて、
ネットニュースで被害者はたくみが知ってる精神科医「高科」だったと知り、驚いていた。
また、たくみは「幼い頃のバス事故は、自分の妄想が具現化した」と考えていた。
でも元は両親が遠足に行かないよう止めたわけで、
妄想が具現化したという解釈はミスリードな気がする。
前に優愛が言ってた予知じゃないかなと。

セラは公園でおたく男をディソードで斬ってた。
そのバックパックには「NOZOMI」という刻印のデバイスがあった。
ディソードが見えるってことは、この男も「選ばれた者」?
不要なシーンは描かないはずだし、伏線として意味があるとすると、
今話のラストの渋谷で起きた謎のノイズは、このデバイスが原因かも。

アヤセは「剣はいつの間にかあった」と言ってた。
そして気付いてからは、任意に取り出せるようになったと。
たくみがアヤセと会話してた事は学校中で話題になってた。
大輔が言うには、アヤセがそうやって誰かと会話するのは珍しいらしい。

帰宅時にアヤセが剣を持ってる話を梨深にすると、
梨深は一瞬ギョッとしつつ、銃刀法違反だと茶化していた。
またバス事故が妄想の具現化だとも話してた。
そこで三白眼の優愛がたくみを凝視してる妄想を見てビビってた。

GEレートの講義をした太田教授が磔事件の被害者だった。
刑事は満月の夜にバイオリズムが昂進し、事件が起きるとも言ってた。
ニュージェネ事件の背後には明和党という政党がいるようだった。
深入りすると消されるかもと、冗談めかしを言ってたけど、コテコテの死亡フラグとしか思えないw

ファンタズムのボーカルが昔精神病院に入ってたとネットで噂になってた。
これを読んだたくみは、アヤセを信じていいのか迷ってた。
そこに将軍から電話がかかったけど、たくみは着信を無視していた。
すると渋谷全体に謎のパルス信号のようなノイズが響き、
人がみんなその音に倒れてしまった。
ノイズが止むと渋谷上空が雲に覆われていた。

今回もまた例のセーブ画面があった。

伏線としては、

・人の電磁パルスをデジタル化して保存し、他者の脳へ転写するデバイスの特許が存在してた
・デモ隊の「その目誰の目」というプラカード
・たくみが剣を構えると、梨深がそれを急に止めさせた事
・エロ梨深の妄想
・セナが切り裂いたバックパックからNOZOMIという刻印のデバイスが見つかった
・梨深がアヤセの剣の話を聞くとギョッとしてた事
・精神科医「高科」が殺されていた
・磔事件の被害者がGEレートの講義をしてた教授だった
・三白眼の優愛がたくみを凝視する妄想
・アヤセはかつて精神病院に入ってた
・渋谷全体を電磁パルスのようなノイズが襲ってた

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)