時間の支配者第9話「責任と原理」感傷に浸るヴィクト

時間の支配者第9話「責任と原理」は、
ヴィクトが過去の両親に贖罪するかのように温かく接するエピソード。
物語はあんまり進んでなかった。

ニコニコ動画の方でコメントが溜まったら見るかと思ってたけど、
1週間ほど経っても300弱だったのでニコ生をTSで見る事にした。
ニコ生は割と来場者がいて9000台、コメントも2000台だった。
やっぱりニコ生にするかねえ……。
コメントでも話題になってたけど、
今期のニコニコは先に動画(チャンネル)が配信され、
後でニコ生という順番なので、
ニコ生への来場者が少なくなる傾向があるらしい。

で、本編は霧達が唐突にケイと戦ってた。
4500年クラスのケイだった。
しかし戦ってたケイがなぜか逃げ出してた。
霧は「人を本能的に襲うだけのケイが」と訝しんでいた。
ヴィクトを孤立させるのが狙いじゃないかと……。
それを追ってる最中に炎使いブレイズの背中に「弱鶏」という張り紙があって、
診療所のガキが「ファイヤードラゴン」という意味の言葉を張ってくれたと勘違いw
このガキとは幼少期のヴィクト。
幼少期のヴィクトは5才にして高校の勉強をする程なので、
わかっててバカにしてるのは確実。

ヴィクトの母イフが倒れたと聞いたヴィクトは、
「過去は変えられない」と訴える霧をよそ目に
母が死ぬ歴史を変えようとしてた。
母の救命にはRH-の血が必要で、
始めは幼少期のヴィクちゃんが輸血。
それでも血が足りないので、ヴィクトが輸血。
「初めからやれよ」とツッコまれてたw
ヴィクトは幼少期の自分にとって輸血した経験は重要な事と判断したんでしょうね。
自分が輸血するとヴィクちゃんの血は要らなくなるし。
それと霧が言う「過去は変えられない」という言葉も引っかかってたんじゃないかと。
でも、ヴィクちゃんを子供扱いして怒らせてた。
更に傲慢不遜な態度で両親を小馬鹿にする態度に怒ってビンタ。
幼少期の自分の姿を忘れてたんですかね?
それとも偽の過去なので、自分の記憶と異なる反応だったんですかね?
12才で両親を失うと言ってたので、この時点からそれは7年後。
となると、この時は別にヴィクトが輸血しなくても助かってた訳だ。
じゃあ、やっぱり霧が言うとおり、ただの贖罪意識でしょうね。

それと診療所にいた患者の男が明らかに中田譲治で、
「ジョージw」とか「声が怪しい」とかツッコまれてた。
Cパートも合わせるといかにも黒幕って感じですね。

ここで謎空間に迷い込んだヴィクトは、
両親やヴィクちゃんやミーナに弱虫と貶されてた。
これはヴィクトが見ていた夢。
ヴィクトは輸血で消耗している様子だった。
それとヴィクちゃんをビンタしたのを父に咎められたのもショックみたい。

一方、霧達はケイを追う内に結界を発見。
結界は街全体を囲んでいた。
結界がクジュールを34年前に戻していたらしい。
となると偽の過去ではなく、やはり本物の過去となりますね。

Cパートは傷心のヴィクトをジョージ(患者)が訪ねるというカット。
コメントで大物を使うとバレると言われてた。
まあ声抜きでも何かありそうなキャラではあった。

久々に見たアンケートは、とても良かったが50.8%で良かったが20.1%。
合わせて70.9%で想像よりは高かった。
時間の支配者第9話アンケート
コメントでバカ以下と言われてたけど、
バカとはバチカン奇跡調査官の略らしい。
バチカンって意外に不評なんだねえ……。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)