Netflix版デビルマン第2話「片手で十分だ」あらすじと感想

一応、デビルマンの第2話も視聴してみた。
作画が雑なのは減ってたかな。

前半はアキラが別人みたいになって、校内で有名になってた。
というか、元から有名だったんだろうか。
そうでないと、変貌っぷりを噂されない気はする。
それで、女生徒にモテまくってたw
あと、アキラもまた運動能力が異常に増大していた。
例えば100メートルを10秒で走破したり。
それも、途中で加減して減速したタイムだった。
そのせいか、食欲が異様に増大していた。
実は性欲も増大していたらしいけど、視聴覚教室でAVを大音量で見てた程度w
声優は内山昂輝で、こういうキャラは聞いた事がなかったので意外。

アキラの変貌に、美樹はドーピングでもしたのかと冗談で聞いてたけど、真相を知ってそうな様子だった。
アキラは美樹に「俺もそうさ。まだこの体の使い道がわからねえ」と返答。
俺もって言ってるので、美樹も悪魔憑きって事としか解釈しようがないね。
でも美樹はアキラほどの豹変はないので、力をセーブしてそう。

アキラは下町に置き忘れた美樹のバッグを回収。
そこでまたラッパー達に絡まれていたけど、連中を片手で吹っ飛ばしていた。
これが副題。
戦いのシーンは暗転して事後に飛んでただけ。
美樹はその様子を見て驚いていたので、
やっぱり真相を知らないんですかね。

中間はアキラが入院中のリョウちゃんにデビルマンになった経緯を聞いてた。
やはりサバトの間の記憶がないらしい。
一方、サバトの件はニュースになってて、カストリ雑誌の記者が追ってた。
この雑誌は若い子の青姦を隠し撮りするような雑誌で、その描写もわざわざ描いていた。
あとアキラが淫夢を見てたのもわざわざ描いてたのと、
ミーコって女の子がアキラの肉体を思い出したり、
カメラマンに写真を撮られたのを思い出して、明らかにオナってたんで、
エロゲ原作のアニメ?って感じだったw
目覚めたアキラがベットに落ちてる大量の毛をコロコロで取ってたけど、どういう伏線なんだろう。
寝ている間に変身して体毛が抜けたって事なんだろうか……。

埠頭でこっそり人間を喰ってた悪魔がいて、
シレーヌという女の悪魔らしき女性と、
カイムという男の悪魔らしき男性が
「アキラがこちらへ来るまで」と言ってた。
配役を見なくてもわかるけど、田中敦子と小山力也だった。
他にも小清水亜美とか藩めぐみとか、割と有名どころを起用してたんだね。
低予算アニメな印象だったもので……。
この時の犠牲者は腕時計をたくさん身につけていた男性で、お寺のおじちゃんだった。

最後はリョウちゃんとアキラがバイクの乗って埠頭へ。
そこでは悪魔が人を誘導して喰ってた。
アキラが変身すると、悪魔達は「アモン!」と驚いていた。
悪魔狩りをする悪魔として有名なんですかね。
アキラは住職の報復として連中を殺してたけど、
どの道殺す予定だったんでしょうね。

ただし、そこにはカストリ雑誌のカメラマンがいて、
悪魔に変身する様子を隠し撮りしていた。
アキラの変身も撮られてしまった、という引き。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)