新どろろ第9話「無残帳の巻」どろろの回想

新どろろ第9話「無残帳の巻」は、どろろの回想回。
どろろが実は女の子だったと判明。

病に倒れたどろろ

アバンは百鬼丸がどろろの頭の臭いを嗅いでいたw
前話以降ずっと、やたら臭いを嗅ぎ回ってたらしい。

どろろは体調が悪いようで倒れた。
百鬼丸はどろろを抱えて「どろろ」と通行人に声をかけたけど、気味悪がられていた。
尼僧に声をかけられ、寺にどろろを運んだ。
どろろは彼岸花を見て「おっかちゃん」の幻覚を見てた。

寺で目覚めたどろろは、百鬼丸がいないので慌てていた。
「また置いてかれる」と。
しかし水を汲みに行ってるだけど尼僧から聞いて再び寝てしまう。
ここからどろろの回想(夢)。

火袋とお白夜

どろろはかつて山賊「火袋」の頭領夫婦の子だったらしい。
そこに侍がやって来て山賊狩りを行った。
どろろと母「お白夜」は隠れていた。
結果は火袋の方が負けた。
火袋は逃走して立て直す事にした。

ところがイタチと呼ばれる腹心が、どこかの領主に士官するよう進言。
火袋は村を焼かれた報復として侍を襲撃していたので、イタチを殴った。
これでイタチは完全に決別する事にしたっぽい。
恐らく、侍に仕官するという口約束で仲間を集めたんでしょうね。

ある日、侍の陣を襲撃しようとしたら、
襲撃を待ち構えていた弓隊に返り討ちとなった。
イタチが密告したらしい。
部下達もどうやらイタチについてった。
火袋は弓を喰らって片足を引きずりつつ放逐された。
イタチが火袋を殺さなかった理由はわからない。

その日からどろろ達は飢えを凌ぐ為に放浪生活をし始めた。
ある村に立ち寄った際に、侍達が焼き討ちしていた。
戦に向かう経路なので邪魔という理屈。
たまたまそこにいた侍が、かつて火袋が殺した侍の部下だった。
関わらずにさっさと立ち去れば良かったのに。
火袋は数人を殺したものの、結局は槍で突かれた。
そして、どろろとお白夜の目の前で息絶えた。
何かを喋ってたけど声にならなかった。

どろろ達は困窮の旅をする事になった。
お白夜は体を売らなかったと守り子唄で言ってたっけ。

ある日、寺に向かうと侍が配給をしていた。
そこはイタチが監督していた寺だった。
配給は十分な量がなく、お白夜はお椀を持ってなかった。
お白夜は両手に熱々の粥を受け取り、どろろに食べさせた。
当然、大火傷する訳で……。
まるで消極的な自殺。

その後、お白夜はやつれて衰弱死した。
彼岸花の咲く道端だった。
なので、どろろは彼岸花を見ておっかちゃん思い出した訳だ。
恐らく、どろろにだけは食べさせて自分は食べなかった。
これも消極的な自殺に見える。

女の子を連れての旅は大変だろう

百鬼丸が水汲みから帰ると、尼僧は「女の子を連れての旅は大変だろう」とねぎらった。
女性声優が少年役をやるのはアニメの定石なので、全く気付かなかった。
どろろは尼僧が自分の体を見たとわかり、百鬼丸に何か聞いたか確認してた。
百鬼丸は何も答えなかった。
てか、男の子とか女の子とかよくわかってなさげ。

ラストは醍醐が産婆が赤子を川に流した事と、
両腕が作り物の人物に密偵が深手を負わされたと報告を聞いていた。
赤子が生きているだけではなく、鬼を倒して体を取り戻している事までは把握してない様子。

“新どろろ第9話「無残帳の巻」どろろの回想” への1件のコメント

  1. どろろ BS11(3/04)#09

    第九話 無残帳の巻 どろろが発熱で倒れた。 どうして良いか分からない百鬼丸。 他人に頼るしかない、偶然にも尼僧が通りかかり、寺で看病してくれる。 眠るどろろは、昔…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)