新どろろ第4話「妖刀の巻」2人の辻斬り

新どろろ第4話「妖刀の巻」は、辻斬りと戦うエピソード。

妖刀に憑かれたきっかけ

アバンは戦で負けた兵を処刑するシーンかな。
勝った側の兵が処刑を躊躇。
しかし殿様が処刑を命じ、泣く泣く切ってた。

辻斬りVS百鬼丸

OP後は百鬼丸達がお堂のような建物で雨宿りしてた。
行商人の娘も一緒だった。
娘は5年前に戦に行った兄が帰ってくるようお祈りしていた。

そこに男が通りかかり、百鬼丸が追うと人が大量に斬殺されていた。
それは妖刀に憑かれた男の辻斬りだった。

男の剣技は百鬼丸より上。
百鬼丸は義足を切らせて刀を義足に食い込ませ、その隙に男の刀を弾いた。
そして男は崖から転落してしまった。

ここで男の刀が百鬼丸の頬を掠めて切傷ができた。
どろろはその傷に呆然としていた。

男が落とした刀をどろろが回収すると、どろろは刀に操られてしまった。
ただ、どろろの意識はあった様子で、手が勝手に動くという感じ。
とは言え、どろろは見回りの男達に切りかかって辻斬りと誤解された。

崖から落ちた男を雨宿りの娘が発見。
辻斬り男は娘の兄だった。

辻斬り男は5年前に戦に出たらしい。
その回想の男はアバンの兵と同じ。
形相がかなり変わってるので気付かなかったw
兵の処刑を命じられ、妖刀似蛭(ニヒル)で殺していた。
1人殺すや吹っ切れたように次々に処刑。
似蛭の声にしたがって、味方の兵も皆殺しだった。
そして殿すら殺した。

どろろVS百鬼丸

どろろは近郊の町で彷徨い歩いてた。
そこに百鬼丸が立ちはだかり、仕込み刀を抜いた。

どろろVS百鬼丸は百鬼丸の斬撃をどろろが巧にかわしてた。
そういや、第1話で追っ手から上手いこと逃げまくってましたね。
それに百鬼丸の斬撃に刀を合わせて凌いでた。
それで百鬼丸は妖刀を弾いた。
と言うか、百鬼丸は弾くのが狙いだったんでしょうね。
どろろに百鬼丸の剣技に太刀打ちできる技量は無いはず。
初めはどろろだとわからなかったので、殺す気で切りかかったものの、
戦っている内にどろろと気付いて、刀を弾く戦い方に変えた感じかな。

辻斬りはまた同じ手に引っかかった

弾いた刀を辻斬り男が拾い、百鬼丸と再戦。
百鬼丸は視力が戻ったのかと思ったら、まだ魂の色が見えるだけだった。
辻斬りの魂の色
じゃあ前話で取り戻したのは何だったのか。
他のブログで痛覚を取り戻した説を読んだけど、それが正しそう。

辻斬り男は再び百鬼丸の義手を切ってしまい、
義手に刃が食い込んだ隙に百鬼丸に切られて死んだ。
「切らないで」と止める娘の声は百鬼丸には聞こえなかった。

すると百鬼丸の偽耳が落ちて、本物の耳が生えた。
聴覚が戻った百鬼丸は、様々なノイズに苦悩してた。
妹の泣き声も聞こえていた。
ただ、百鬼丸は顔をしかめていたので、自分が切った男の素性を悟ったという感じ。

3本目の刀と赤子

一方、醍醐が3本目の刀と赤子の行方はまだわからないと報告を受けていた。
似蛭は地獄堂から盗まれた3本目の刀?
赤子は百鬼丸ですね。
赤子を川に流した産婆が白状したんでしょうね。
ただ、赤子を探す理由は不明。
醍醐の妻がそう要求してるのか、赤子を正式に鬼神に捧げるつもりなのか。
やはり家督を継ぐはずの多宝丸との闘いはありそう。

折り鶴

Cパートは鶴の折り紙が2つ、冒頭の雨宿りの堂に置かれてた。
2つの折り鶴
妹が近辺で兄を弔って置いてったんですかね。
赤い鶴は元から兄が持ってたもの。
白い鶴は妹が折ったものかな。
一応、鶴は兄の形見だろうに置いてったのだから、
「兄が戻って来れば」という依頼心を捨てたって意味なんですかね。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)