旧作どろろ第1話百鬼丸の巻その1

手塚プロダクション公式YouTubeチャンネルで、旧作どろろが6月7日から期間限定無料配信してたので、1話だけ視聴。

【公式】期間限定配信中 どろろ 第1話『百鬼丸の巻・その一』

期限は20日まで。
新作どろろは時間がなくて途中で放置してんだよね……見たくはあるんだけど時間が……。

第1話は新作と同様に、醍醐が地獄堂にこもって鬼神に赤子の命と引き替えに天下取りを願ってしまう。
その願いは聞き入れられ、妻は百鬼丸の体中のパーツが失われた状態で出産。
醍醐は赤子を捨てさせるけど、新作は産婆が川に流してた。
旧作だと醍醐が妻に付き添って川に流してた。
これは、赤子を哀れに思った産婆が流す新作の方がらしい。
醍醐が赤子を敢えて川に流す意図がわからない。

OPテーマは歌詞が「ほげほげたらたら」とか、ギャグアニメっぽい印象で内容と合ってない。
付点のリズムを多用したメロディだし、コミカル感が強い。
その割りに、劇中音楽がシリアスってか大げさに感じた。
白黒時代のアニメは皆こういう感じだったんだろうか……。

百鬼丸は頑健な青年な感じで、いかにもな「兄貴」。
新作だと優男なので、兄貴ってか兄ちゃん。
バトルシーンはさすがに大して動かない。

どろろが衰弱した坊主に呼び止められて、食い物をせがまれたけど、勝手に死ねと突き放してた。
ところが、どろろは侍の陣地に忍び込んで食い物を盗んでた。
とは言え、どろろが戻ると坊主は既に事切れていた。
それを悔いたどろろは、盗んだおにぎりを踏みつぶしてた。
食い物が貴重な時代なのに、何で?

次にどろろは盗賊が河原に放置していた鍋料理を勝手に食ってた。
それで、どろろは盗賊達にフルボッコ。
この辺は新作と似てる展開。
で、跳ねっ返りのどろろは痛めつけられてもめげずに反抗。
最後は川で溺死させられそうになった。

そこに百鬼丸が通りかかり、橋の上から川を流れるゴミ(死霊)に気をつけろと警告。
旧作ではこの時点で口が利ける。
盗賊はその警告を無視した為、死霊に飲まれて白骨になった。
白骨化する描写は新作には無かったような……。

百鬼丸とゴミの戦いは、橋の支部をガンガンぶっ壊しまくるという新作と同じ戦い方だった。
これをきっかけにどろろと旅が始まる。
どろろは、百鬼丸の刀を盗むと宣言してつきまとってた。
新作でも刀が目的と言ってたっけ?
最後は、百鬼丸が自分の目が義眼だと地面に落として見せてた。

EDテーマはOPテーマと同じ。
この当時は、OPとEDで違う歌ではなかったのかな。
ただ、アニメーションは違ってた。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)