『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

LINEマンガ「人狼ゲーム」の感想

月姫以外に面白そうな他のLINEマンガも継続して読もうと「人狼ゲーム」を読んでみた。
人狼ゲームは毎日更新で全18話らしいので、
全部読み終えたら感想を書く予定。
と思ったけど、1話ずつ感想を書くことにした。

人狼ゲーム

人狼ゲーム第1話「絶対のルール」

第1話は意識を取り戻した8人のキャラクター達が
人狼ゲームの説明を受けて困惑するエピソード。

主人王は仁科というJKで、バイト先から帰宅中にスタンガンで拉致られてた。
バイト仲間の津野さんっていう男も登場してたけど、伏線かもしれない。

このマンガの人狼ゲームのルールは以下の通り。

  • 毎晩20時に処刑する人を投票で決める。
  • 処刑は参加者が自ら行う。
  • 人狼は0時~2時までの間に村人を殺す。
  • 人狼は2人いる。
  • 予言者が1人いて、毎晩1人だけ人狼か否かを占える。
  • 処刑や人狼の役割以外で、建物や器物を破壊したり、他の参加者に危害を加えてはいけない。
  • 勝利者した側には合計1億円が与えられる。
  • 逃げようとしたりルールに従わない場合は、首輪が作動して首が切断される。
  • 他人のカードを見てはいけない。

役割はそれぞれに渡されたカードに書かれてた。
仁科は村人だった。

仁科の知人の猪瀬って子が主催者に反発したところ、
首輪が動作して首が切り離されて死んでしまった。
首切断死体がはっきりと描かれてるので、グロ注意マンガだった

人狼ゲーム第2話「虜たち」

第2話は20時の投票前のシーンで終わりなので、大して進展はなかった。

人狼ゲームに参加している「人狼」は、
このゲームのスペシャリストだと告知していた。
となると、人狼はランダムに選ばれた訳ではない。

猪瀬の部屋を推理して205号室にその死体を安置。
第1話のルールを忘れてたので、
猪瀬のカード見ればいいじゃんと一瞬勘違いしてたw
猪瀬は人狼じゃないとみんなは話してたけど、
主催者の言が真実なら、
人狼はスペシャリストなので、
反発すれば死ぬとわかってたはず。
猪瀬は首輪の事を知らずに死んだので、人狼ではないね。

仁科はシャワー室から自室(201号室)に帰るのだけど、
川崎文隆っていうメガネの男が、
その室内に引き込んでしまうっていう引き。

人狼ゲーム第3話「審判のとき」

第3話は副題から言っていよいよ最初の処刑かと思いきや、
それは第4話への引きとなってたので、肩透かしだった。

前半は川崎の回想で、海賊版の音楽ファイルをアップロードしてた割れ厨だった。
行きずりのチンピラにぶつかって、ぶつぶつ独り言を言うのを気味悪がられたり。
この回想、要る……?
伏線なんだろうか……。

川崎はなぜか藤木っていうチンピラに投票するよう仁科に持ちかけていた。
仁科が断ると態度を豹変させて投票を強要。
仁科は怖くなり、台所にいた多田っていう男と合流。
多田も川崎に同じ事を言われたらしい。

で、最後はいよいよ投票の時刻っていう引き。

人狼ゲーム第4話「処刑」

投票は指を差して決めるというもの。
仁科だけは誰も差したくないと何もせず、
首輪の作動で死にそうになってた。
でも無意識に隣の町村を差してしまい、助かってた。

投票結果として、藤木、井上、川崎が決選投票。
人狼ゲーム第1回投票結果
藤木は自分に投じた川崎に食ってかかってたけど、
川崎はその凶暴性をアピールして藤木に投じるよう訴えてた。
でも、上記3名を除いたメンツで指を差すと、川崎が選ばれたw
そりゃ、人狼と思わしき者を処刑するのであって、
それは凶暴か否かとは関係ないからね……。

川崎の処刑は誰もが躊躇してたけど、
藤木は率先して斧を取りだして川崎を襲ってた。
そして、川崎の脳天を一撃でかち割って殺してた。
現状は藤木がいるからいいかもしれないけど、
この先藤木がいなくなったら誰が殺すんだって感じで、みんな怯えてた。
殺人を目撃した仁科は気絶していたw

人狼ゲーム第5話「第一の餌食」

仁科が覚醒するともう朝だった。
キッチンに全員が集まると、下林だけがいなかった。
人狼は下林の部屋でナイフで斬首して殺したらしいけど、
第1話で猪瀬の首切断描写をしてたのに、下林の死体描写は無かった。

井上このみって子が、仁科が人狼だと言い出す。
根拠は下林が投票してたから。
多田は擁護したけど、一同に疑われた仁科は自室に逃げ込む。
そこでなぜかテレビがついていて「仁科愛梨への情報」が表示されていた。

人狼ゲーム第6話「疑心の芽」

前半は仁科の回想だった。
本屋のバイトで万引きの被害に遭ってたのを何度も目撃。
そのせいで本屋は潰れてしまった。
仁科にとっては幼少期からの思い出の本屋だったらしい。
第5話ラストの映像には、その万引き犯の1人の下林が映ってた。
仁科は下林を「こんなやつ」と泣いて呪ってた。

一方、多田も同じような映像を見せられていた。
多田はバイクのひき逃げに遭って、サッカー選手の夢を絶たれていた。
そのひき逃げ犯が井上このみだった。
ただし、根拠はこのみが翌日に病院に行ったというだけ。

仁科は多田の味方でいたいと泣いて訴えていた。

人狼ゲーム第7話「憎悪と怨嗟」

稲葉はバンドのボーカルのASATOと付き合ってた。
ASATOは覚醒剤で逮捕されていた。
それを売ってたのが藤木だった。
稲葉は藤木に食ってかかるけど、
首輪が発動して攻撃を止めてた。
稲葉も映像を見せられていたらしい。

そこで多田が、参加者は作為的に選ばれたと推理。
憎しみの連鎖になるように選ばれたんじゃないかと。
多田は井上このみがひき逃げした件を話した。
すると、このみは「そっちが急に出てきたからでしょ」とひき逃げを認める発言をしてしまう。
井上眞里絵も多田に何かされていたらしいけど、言わなかった。
この話の流れで、仁科は下林が思い出の本屋の万引き犯だったと言い出す。
当然、一同はやはり仁科が人狼かと疑いだしていたw
まあ、読者視点だと時系列から言って、
下林が死んだのは映像を見る前だから、
仁科が下林に殺意を抱くのは死んだ後だとわかるけどね。

人狼ゲーム第8話「怨恨の輪」

仁科は自分が人狼ならわざわざ下林のことを言わないとアピール。
それで疑いは一応は晴れた。
読者視点だとカードの絵を見てるから、村人とわかるけどねえ。

藤木の映像は第1話で死んだ猪瀬だった。
猪瀬は麻薬密売を自首するよう脅していたらしいけど、
それって善意でやってたんじゃないのか……。
町村は井上眞里絵らしいけど、その内容は語らずじまい。
井上このみは名前すら言わずにいた。

町村は恨みの連鎖が円環になっていると推理。
ただし、名前を言わないままの人物と、
既に死んでるのでわからない人物もいるので、推理は不完全。
ミスリードかもしれない。
また、死んだ猪瀬と下林は人狼でないと。
川崎は不明。

仁科は多田に頼ろうと部屋に向かうけど、
室内では多田と稲葉が舌を絡めてキスしていた、という引き。

人狼ゲーム第9話「闇の奥」

仁科は部屋から逃げ出してた。
多田と稲葉が人狼だと疑ってた
その疑いは私も正しいと思うのだけど、
多田の言い訳で納得してしまった。
ノックしても夢中だった」「腰に手を回していた」ってのは重要かと。
それで気を許した仁科を多田は押し倒してセックスしたらしいw
描写はなかったけど、仁科は「痛」って台詞から処女だったっぽい。
多田はどう見ても初めてじゃない。
仁科を押し倒したのも、人狼だとの疑いを晴らすのが狙いとしか思えない。
仁科を利用できる駒として温存するのが狙いかと。

最後は投票の時刻が近づいてキッチンに集まってた。
そこで井上眞里絵が自分は予言者だと言いだし、
人狼が誰か昨日の夜にわかったと主張

だったらなぜもっと早くに言わなかったのか……。

人狼ゲーム第10話「連鎖」

前半は井上眞里絵の回想。
眞里絵は学内で虐められていたらしい。
服を脱がされて携帯カメラで写真を撮られるレベル。
一方、同じ学校に多田もいて、虐めのリーダー格の女に好かれてたらしい。
でも多田は眞里絵を虐めているのを根拠に、リーダー格を嫌いだと話していた。
これがリーダー格に伝わり、眞里絵への虐めがエスカレート。
眞里絵はその映像を見て、多田を恨んだようだけど、
これはさすがに多田への逆恨みに思える……。

で、眞里絵は町村が人狼だと証言
今まで話さなかったのは「人狼の出方を窺う為」と。
土壇場で話したのは「今日の夜に人狼に殺されるかもしれないから」。
これはまあ、人狼というゲームの予言者(占い師)の定石。

そこで急に藤木も予言者だと主張
故に、眞里絵こそが人狼だと言い出した
もし眞里絵が嘘をついているなら、眞里絵が人狼。
藤木が嘘を付いているなら、藤木と町村が人狼。
ただし、占い方法はテレビのリモコンに部屋番号を入れるというもので、
これを最初に明かしたのは眞里絵の方だった。
藤木は眞里絵の後から同じ事を言っただけ。
シーン展開をそのまま見るなら、藤木が嘘をついてる人狼に見える。

藤木を殺したがっていた稲葉は、藤木人狼説に荷担。

疑われた町村は「冤罪でまた苦しめるのか」と怒ってた。
何にせよ、この夜に眞里絵が死ねば藤木が嘘つき確定かと。

人狼ゲーム第11話「ギルティ・スパイラル」

前半は町村が過去に、痴漢冤罪で逮捕されそうになった回想。
町村に濡れ衣を着せたのが、井上眞里絵だった。
でも終始俯いていたので町村は顔を見てないっていう不自然な設定。
その子の正体が眞里絵だと映像で知ったわけ。
それで眞里絵が痴漢冤罪の加害者だと、町村はアピール。

眞里絵は「妹を助ける為に今晩自分は死んでいい」っていう覚悟だった。
藤木の言い分は「眞里絵が名乗り出たので自分も名乗らざるを得ない」と。
でないと、今後は眞里絵がゲームを支配するからと。
仮に眞里絵が人狼だと、支配できるのは今晩限りであって、
「今後のゲーム」って言い方はおかしいので、藤木は怪しい。
なぜなら、眞里絵が本物の予言者なら人狼に殺されるはずで、
もし翌日になっても生きていたら、眞里絵は偽物となるから。
でもこれは、藤木は頭悪そうなので、単に把握できてないだけかも。
そうなると、藤木はむしろ人狼じゃない。
人狼は経験者なので、予言者は名乗った夜に殺される、という定石を知ってるはずだから。

処刑投票は町村に決定。
仁科は誰も殺したくないので自分を差してたw
人狼ゲーム第2回処刑投票

今回の人狼側の合理的な行動は、
予言者を名乗った眞里絵が真なら町村が人狼で、
町村の相方人狼は町村以外に投票するはず。
そして眞里絵以外の村人を処刑し、
眞里絵は深夜に殺す、というもの。
なので、町村以外に投票した稲葉、藤木が怪しい。

もし藤木が真なら眞里絵が人狼。
相方人狼は藤木以外に投票するはずで、
怪しいのは稲葉以外全員。

眞里絵が人狼なら、占い方法を知ってたのは、
経験者ゆえにルールを知ってるからと考えれば辻褄は合う。
それは藤木が人狼だった場合も同じ。

町村は切れてナイフを取り出し、眞里絵に襲いかかってた。
そんなことをしても首輪で死ぬだけなのに、
町村が人狼なら、その抵抗は無駄とわかるはず。
となると、町村は人狼じゃないのかなって印象を受けた。

この手のミステリーでは意外な人物が犯人だったりするので、
一見気弱そうな眞里絵こそが人狼なのかもしれない。

人狼ゲーム第12話「血の応酬」

いきなり前話の続きで、
町村が井上眞里絵に襲いかかって首輪が発動。
でも、井上このみがチェーンソーで町村の首を刎ねて殺害。
斬首描写ははっきりと描かれていた。
もし処刑しなかったら全員が罰として死ぬのか、
それとも首輪発動でノーカンかはわからない。
首輪発動は割と時間がかかるようで、
その気になれば誰か1人を道連れに殺せそうな猶予はある。

藤木はみんなが眞里絵を殺さなかったので、
切れて怒って部屋から出てた。
このマジギレっぷりを見ると、
藤木が本物の予言者かなと思ってしまう。
心底悔しいって感じなので。
もちろん、人狼なので上手いこと処刑投票を誘導できなかった悔しさかも。
でも、人狼なら深夜に予言者を殺せるので、
敢えて処刑投票で殺す意義は薄いんだよね。

多田は眞里絵が正しいなら、町村と藤木が人狼なので、
どちらかを殺した方がいいっていう判断で町村を差していた。

今回は予言者と偽予言者が同時に町村を人狼だと言ってるので、
町村は人狼確定でいいはず。
※読み返したら記憶違いだった。以下の推理も全部間違い。

人狼は誰が予言者かわかるので、深夜に殺せばいいんだよね。
わざわざ予言者に投票すると、1票を無駄にする。
なので、予言者に投票した理由を比較すると
人狼を見抜く有力な手がかりになる。

もう一度、投票した理由を整理すると、

多田→人狼容疑者(町村)
井上眞里絵→人狼容疑者(町村)
井上このみ→人狼容疑者(町村)
稲葉→偽予言者疑い(藤木)
藤木→偽予言者疑い(眞里絵)
町村→偽予言者疑い(眞里絵)
仁科→自分(誰も殺したくない)

偽予言者に投じた中で、
稲葉は藤木が恨み対象でもあるので除外してもよさそう。
藤木は本物の予言者なら町村を殺すべきなのに、なぜか眞里絵。
でも藤木は頭悪そうなので、単に合理的に対処できないタイプかも。
町村が村人なら、自分を人狼だと嘘をついている眞里絵を差すのは当然。
なので、やっぱり怪しいのは藤木。

仁科が風呂に入っていると、このみも入って来た。
そして仁科を見て舌打ち。
表向きは「血の臭いが取れない」と言ってたけど、伏線かもね。
舌打ちは仁科が原因に見えた。
それで仁科は、このみの恨みの相手が自分だと察した様子。
このみは「ほとんど逆恨み」と認めて、
その理由を話そうとするって引きだった。

人狼ゲーム第13話「記憶の澱」

前半は井上このみの回想。
昔つきあってた男が急に心が離れて、黒髪の子が好きになったと。
その相手が仁科だとテレビに映っていた。
他のキャラのは現場の映像が映ってたけど、
このみだけは単に名前が表示されてただけ。
ゲーム主催者が嘘付いてるかもね。

深夜に死んだのは稲葉だった。
頭部を殴られて撲殺されていた。
前に稲葉と多田は怪しいと書いたけど、
死んだ以上は人狼ではなかった。
藤木が人狼なら、稲葉を殺すと自分が疑われて不利になる。
眞里絵が人狼なら、稲葉を殺せば藤木に疑いが向くので有利。
なので、眞里絵が怪しくなってきた。

人狼は返り血を浴びているはずで、
このみが必死に洗ってたように、血の臭いがするはず……。
最初の晩に下林を人狼が殺した時も、
返り血を浴びて血の臭いがしたはず。
でも誰もそんな指摘はしてなかったので、
その辺は何か人狼側に配慮があるのかも。

藤木は占いの結果、眞里絵が人狼だと主張
眞里絵も藤木が人狼だったと主張
これで処刑投票は藤木か眞里絵の2択。
藤木は怪しいのだけど、眞里絵が人狼だった方が意外性があって面白い。

藤木が人狼なら投票で処刑されてゲーム終了。
残り5話もあるので、このパターンではなさそう。
眞里絵が人狼なら、藤木が処刑されてもゲーム終了とはならないので、
残り5話を埋めるエピソードが続きそう。

眞里絵が人狼なら、藤木処刑の時点で眞里絵が人狼だったとバレる。
そうなると、3:1で眞里絵がかなり不利。
その後、深夜に誰か殺しても2:1なので投票で負ける。
どの道、人狼側は詰んでる。

でも、眞里絵が人狼なら町村を裏切った動機がわからない。
町村も、相方が誰かバラさなかったのは謎。

人狼ゲーム第14話「贖罪と発覚」

藤木が「自分が人狼なら眞里絵を殺さないのはおかしい」と主張。
多田は、それは人狼が発覚してない場合のパターンだと指摘。
しかも自分を恨んでいた稲葉が死んでるので、ますます疑いを深めていた。
で、藤木は信じてくれと泣いていた。
でも藤木が人狼なら定石を知らないのはおかしい。
人狼は経験者なのでルールや定石を知ってるはずで、
多田がこうも詳しいのは逆に怪しい。

仁科は井上このみに謝罪しようと、このみの部屋へ。
そこで、謝罪は自己満の為と塩対応されてたけど、
机にあった今までの投票メモを見て「何かがおかしい」と言い出した。
それは「人狼はお互いに投票しない」という定石。
1回目の投票で町村は藤木に投票していた。
町村と藤木が人狼なら、町村が藤木に投票するのはおかしいと。
藤木が人狼でないなら、眞里絵が人狼。
眞里絵が占い方法を知ってたのは、
人狼経験者だからと考えれば辻褄は合うんだよね。

このみが人狼なら、
わざわざ過去の投票をメモして、
人狼を推理しようとはしないはず。
このみは「眞里絵が人狼なんて嘘でしょ?」と困惑してたし。
これが演技なら役者にも程があるw

となると、処刑投票は藤木、このみと仁科は眞里絵。
多田と眞里絵は藤木、になるはず。
眞里絵が処刑となるだろうけど、このみが実姉を殺すかな?
土壇場で投票しない展開も有り得る。


読み返したら、藤木は町村が村人だと言ってた。
記憶違いだった……。
となると、眞里絵と多田が人狼かな。
上にも書いたけど多田は詳しいのが怪しい。
稲葉とセックスしようとしてたのも、
藤木に投票すると持ちかけたとかそんなとこじゃないかな。

人狼ゲーム第15話「慟哭」

前半は、仁科がこのみと話したのと同じ事を多田に話していた。
眞里絵が人狼なら、藤木は本物の予言者で、
人狼候補は多田、このみのどちらか。
仁科は多田を信じていると返事。
でも、このみが人狼なら人知れず投票の記録をつけるのは不自然だし、
その不自然さに仁科は気付いてないのか、
多田の反応を試してたのかは謎。

投票は藤木がテンパって眞里絵が人狼だと必死にアピール。
眞里絵に投票すると決めたせいか、このみが急に泣いてた。
副題の慟哭なんだろうけど、幼い女の子が泣きじゃくってる感じで慟哭って感じじゃないw

投票は眞里絵に決まり、このみが自分で眞里絵を絞殺していた。
眞里絵は「生きてね」と呟いて死んだ。
眞里絵としては、このみの為にやってたのかもねえ。
人狼2、村人2だと引き分け扱いだっけ。
このみと仁科を残して、多田と眞里絵で2:2になれば全員生存って考えだったのかもねえ。

眞里絵を殺してもゲームは終わらなかった。
多田は「まだ首輪が緩んでない」と、またしても経験者っぽい発言。
多田が人狼で確定と判断してよさげ。
多田は眞里絵ともセックスしてそうw
稲葉の時も何回かセックスしてそうな雰囲気だったし。
今思えば、序盤で多田は率先して死体に上着をかけたりして、
「死体に慣れていた」んだよね。
あと、第2話の扉絵を見ると多田がナイフ持ってるので、人狼だとネタバレになってる。

多田は藤木を殺して、翌日は多田、仁科、このみの3人が生存だろうね。
藤木が占うと多田が人狼とバレるリスクがあるので。
でも残り3話もあるので、どうなんだろう。
意外な展開としては藤木が多田以外を占い、
多田とこのみ、または多田と仁科のどちらかが人狼っていう信用勝負パターン。
それだと3話保ちそうな気はする。

人狼ゲーム第16話「夜想」

今回は大して話が進んでなかった。

前半は仁科が初めて殺意を持って投票したのを後悔していただけ。
そして、今まで死んだ人のシルエットに体を掴まれ、
どこかへ引っ張られる悪夢を見ていた。
この下り要る?って気はする……。

翌朝、仁科は藤木の自室へ。
藤木は首を切られて死んでた。
その傷跡も描写されていた。
そこに多田も登場し、仁科は藤木が殺された理由を話していた。

人狼は予言者に占われたくない。
村人を生かしておく理由もない。

と、仁科は人狼側の動機を指摘。

村人を生かしておく云々は説明がわかりづらい。
確定村人は他の村人の意思を左右しやすいので、
人狼にとっては邪魔ということ。

仁科が多田に「人狼なの?」と聞くと、
多田の顔は一瞬、冷淡な表情になってたw
これで多田が人狼じゃなかったら、
何の意味があるコマなのかとw
その後、自分は人狼じゃないと否定し、
仁科に投票したくないので、
映像の通りに投票すると宣言。

それを聞いてた井上このみも現れて……っていう引き。
何となく、多田はこのみにも同じ事を言ってそう。

多田は藤木の部屋に来た時「血の臭いでむせそう」と言ってた。
でも仁科は何も感じてなかった。
このシーンだけ見ると、仁科こそが人狼に見える。
でも第1話のカードに村人が描かれてたから違う。

人狼ゲーム第17話「決断の時」

井上このみは多田に投票すると宣言してた。
このみと多田はお互いに投票し合うので、
これで仁科がキャスティングボートを握る事になった。
このみは多田を「色男」と呼んでいた。
どうも仁科と多田がヤッたのを知ってる様子。

で、仁科は時間までどっちが人狼か推理してたらしい。
仁科の多田の心象はかなり良かった。
今までずっと助けられてきたから。
でもそれは、人狼として有利なコマにする為だったと思うんだよね。

一方、このみの心象も嘘をついているようには見えなかったと。
特に眞里絵に投票した時の号泣っぷりとか。
多田としては号泣は予想外の反応だったろうね。
それが仁科のこのみへの心象を良くして、
結果的に心象だけで選べなくなり、
仁科が本気で推理する事になったので。

その推理の一部として、どうもこのみを人狼と疑っていたっぽい。
人狼ゲーム第17話仁科の推理メモ
このメモが結論なのか途中経過かは不明。

最後は投票シーンだったけど、仁科が誰に投じたのかは不明。
仁科が誰かを指差すシーンで引き。
座ってる位置関係と指の方向から言って、多田に投じたはず。
このみは仁科の左、多田は正面。
指の向きは正面方向なので。

ビーストサイドっていう続編があって、
これも仁科が主役らしいので、人狼勝利ではないんだよね。
やっぱり多田が人狼だろうし、
ここで人狼を処刑しないと人狼の勝利が確定するし、
仁科は多田に投じたんじゃないかな……。
メモが「このみ人狼説」に見えるのは、読者へのミスリードかと。

人狼ゲーム第18話「終極」

やっぱり多田が人狼だった。
その根拠は初日に下林が人狼に殺された事だった。
下林は仁科に投票していた。
多田としては仁科を温存する為に下林が邪魔だった、と。
この発想は読めなかった……。
多田が仁科にだけ優しいのが不審点だった。
でも他の女にも似たような態度をとってそうなんだけどね。
それと、多田と稲葉がキスしてたのは何だったのか。

仁科はナイフで多田を殺そうとするけど、躊躇してナイフを落とす。
でもこれは多田を油断させるフェイクだった。
多田が仁科を抱きしめるや、隠し持ってたアイスピックで心臓を一突き。
あんたプロ?ってツッコミたくなる手際だったw

多田を殺して、仁科とこのみの村人2名生存。
人狼ゲームは終わりと思いきや、これは「前半戦」だった。
後半戦は何と、仁科とこのみが人狼となって再びゲーム開始
これがビーストサイドって意味。
次は仁科が人狼だけど、かなり腹が据わってた。
無慈悲にゲームに勝とうって態度。
これはこのみも同じだったようで、仁科と目配せしていた。
ただ、本当にこのみも人狼かはわからない。
役割カードがはっきりと描かれてたのは、仁科だけ。
このみは村人かもしれない。
目配せは単に「協力して生抜こう」って意味かも。

第1話を読み返すと、眞里絵が「もう帰りたい」って泣いてんだよね……。
「もう」ってのが前回の人狼ゲーム勝利者っていう伏線だったんでしょうね。
で、前回勝ったんで今回は人狼になってたと。

あと、皆は殺し合いゲームと聞いても半信半疑で騒いでたのに、
多田だけは冷静で「よく聞け!命に関わる事だぞ」と諫めていた。
これも人狼ゲーム経験者っていう伏線かと。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)