エヴァンゲリオン第七話 人の造りしもの 感想

エヴァンゲリオン第七話 人の造りしもの
・委員会がサンプル回収の追加予算を承認。
・米国を除く理事国がエヴァ予算を承認。
・第2次整備計画は続いているがパイロットが見つかっていない。
・15年前南極で爆発事故=セカンドインパクト=使徒調査中に大爆発。
・ネルフの目的はサードインパクト阻止
・ネルフの極秘情報(ATフィールド)が漏れている
・人型兵器の暴走は仕組まれていた。リツコがゲンドウに「シナリオ通り」と報告している。
サンプル回収って何のこと?
ミサトがトウジとか男子生徒に「綺麗な人」って言われてるけど、いかにもバブル時代に流行った格好なんだよねw
そういう時代のアニメってわかるけど、「古っ」と思ってしまう。
リツコの化粧もバブルっぽい太眉だし。元々、濃い眉って設定かもしれないけど。
ネルフの情報を漏らしたのはリツコ?
会場ではリツコが怒ってたのに、ロッカールームではリツコは冷静。代わりにミサトが怒ってた。
リツコはシナリオ通りに怒った演技をしてただけ?

コメントは受け付けていません。