エヴァンゲリオン第八話 アスカ、来日 感想

第八話 アスカ、来日
・エヴァ弐号機護送中に使徒が襲ってきたことで、カジがゲンドウに「シナリオが違う」と電話してる。
・カジが「復元したアダム」をゲンドウに渡した
・アダムは「最初の人間」
evangerion-adam-replica.jpg
何でアスカはシンジを2号機に乗せたの?
シンジがエヴァ乗りとして「天才」という評価なので、嫉妬?
シンジがドイツ語を話せないとわかりきってるのに、コクピット内に入れて「シンジがドイツ語で考えないのでノイズが入る」と批判したのは、自分はドイツ語がわかると暗に自慢したかったからだよね。
ノイズとなるだろうとわかってるんだから、入れなきゃいいじゃん。
自分はノイズ混じりでも戦える=シンジよりも優秀と言いたかった?
これフツーに考えて沈むよね?
軍艦にこんな浮力ないでしょ。
evangerion-eva-onto-ship.jpg
絵的な面白さ優先って感じだけど、エヴァって大きさの割に軽いんだろうか。
使徒って外部からの攻撃はATフィールドで守られているけど、口の中に軍艦を突っ込ませて口内で砲撃すれば、ATフィールドは無関係?
弐号機がATフィールドを裂いたから、軍艦を突っ込ませられた?
でもATフィールドを裂く描写は無いような‥。
元々ATフィールドが無いタイプの使徒だった?

コメントは受け付けていません。