エヴァンゲリオン第六話 決戦、第3新東京市 感想

エヴァンゲリオン第六話 決戦、第3新東京市 感想
・射程外からの陽電子砲射撃の勝算は7%でもっとも高い数値。
・マギは賛成2、条件付き賛成1。
・シンジのシンクロ率のほうが高いから、射撃担当となった。
シンジがもう乗りたくないって言ったら、じゃあ代わってとレイに言われ、あっさり乗る気になったのは、相手がレイだから?
まあ、女の子にあっさり「代われ」って言われたら引けないよねw
レイが「防御する」って言ってのに、シンジは「僕達死ぬかも」と言っちゃう。
これだと「レイが役立たず」っていう言外の意味になるよね。
レイは軽く憮然として(?)「あなたは死なない。私が守るから」と答える。
更にエヴァ搭乗直前にレイが「さよなら」とあっさり言う覚悟っぷりはすごいね。
なんでこんな覚めてんだろ。
内心怒ってた?

コメントは受け付けていません。