エヴァンゲリオン第壱話 使徒、襲来 感想

バンダイチャンネル1000円月額に入会してみた。
予備知識ほとんど無しで視聴。
使徒とかネルフとかの用語は知ってるけど、今まで見たこと無かった。(^_^;)
・使徒襲来は15年ぶり。
・碇シンジと父親は3年ぶりの対面。
・マルドゥック機関がシンジを選んだ。
・綾波レイはエヴァとのシンクロに7ヶ月かかった。
・シンジを守る為、エヴァが勝手に動いた。
エヴァが勝手に動いたのは、シンジと因縁があるってことだよね。
唐突にパイロットにさせられるっていうのは、ロボットアニメのお約束だねえ。
自分が乗らないと、代わりに大怪我している女の子が乗ることになるってのは、少年の動機付けとして十分。
ミサトは「逃げちゃダメ」って言ってたけど、いきなりロボットに乗れと言われて拒否るのが何で「逃げ」なんだ?って思ったな‥。
でもシンジは「逃げるな」って言葉に反応してるんで、「逃げるな」と言えばシンジがその気になるって見抜いていたのかもね。
使徒との戦いがどうなるかってとこでお終い。引きがうまいね。
あと、シンジが見た綾波っぽい幻覚は何だったのかな。
evangerion-vision-like-ayanami.jpg

コメントは受け付けていません。