ロードエルメロイII世の事件簿第12話「雷光と流星」真犯人

ロードエルメロイII世の事件簿第12話「雷光と流星」は、真犯人が判明するエピソード。

偽カウレス

アバンはカウレスの本物が現れた
ライネスも来てた。
魔術で転移して魔眼列車に追いついたらしい。
トーコトラベルと言ってた。
空の境界の蒼崎橙子が考案したらしい。

偽カウレスの正体は先代学部長Dr.ハートレスだった。
誰?って総ツッコミだった。
今まで登場してない人物が犯人っていうミステリのお約束に反してた。
これでは予想が付かないねえ……。
と言うか、今までのエピソードのどこかに出てたんだろうか……。

ウェイバーが気付いたのは、治療魔術。
カウレスはウェイバーを治療できる程の腕はないらしい。
カウレスの情報を教えたのはイヴェットと指摘したけど、これは特に根拠はないっぽい。
入手した魔眼を分析させてくれるのが取引条件だった。

ウェイバーと化野は小芝居してたらしい。
それはカウレスが到着するまでの時間稼ぎだった。
じゃあ、本当の敵は法政科じゃないとわかってた訳だ。
オルガマリーは勘違いしてウェイバーをビンタしたんですね。

Dr.ハートレスは何をしたのか

ウェイバー曰く、真犯人はウェイバーの金庫を開け、イヴェットに出資してる。
またダヴェナントとマーベリー工房にも出資してた。
該当するのはDr.ハートレスしかいないらしい。

Dr.ハートレスはアニムスフィアと共謀し、7年前にカラボーを操って魔眼の持ち主を殺して頭部を生かしたまま保存。
そして聖杯戦争の情報を集めた。
結果、アニムスフィアは大聖杯が使えないと判断
とは言え、英霊を召喚する機能は本物。
Dr.ハートレスはそこに惹かれた。

Dr.ハートレスは大聖杯を偽造した
魔眼蒐集列車とアインナッシュを霊脈上に配置。
更に冬木の霊脈を繋げた。
その為には、かつてマスターだった、つまり大聖杯と繋がったウェイバーが必要だった。
これが聖遺物を盗んだ理由だった。
この理屈は何となく納得がいかないw
冬木の大聖杯と霊脈を介して繋がるとか、アリなのかと。

ここでDr.ハートレスはヘファイスティオンを令呪で呼んだ。
そして背後の化野を攻撃。
化野はどうも拘束魔術的な物を出そうとしてたのかな。
これでDr.ハートレスを捕縛できなくなった。

フェイカーには名前が無い

ウェイバーは、ヘファイスティオンはなぜ「クラス」を名乗らなかったのかと指摘。
それは名前のない「影武者」が正体だったから。
イスカンダルの正体は身長2mの大男。
しかし伝承では黒髪でオッドアイの魔眼を持つ小男。
Dr.ハートレスは影武者の為に、フェイカーというクラスを名付けた。
わざわざクラスを新設する意味はわからん……。

Dr.ハートレスはパンデモニウム(列車のドーム型の天井)を開けさせて列車の屋根に逃走。
ウェイバー達も追った。

どちらがよりイスカンダルを理解しているか

ウェイバーが追ったのは聖遺物を取り返す為。
とは言え、Dr.ハートレスはあっさり返した。

ウェイバーはフェイカーがアイオニオン・ヘタイロイにいなかった事を指摘。
それは、フェイカーがイスカンダルを憎んでいるからと指摘。
これもフェイカーの怒りに火を注いだ。
ところが、フェイカーは呪縛魔術にかかった。
カウレスが魔術を用意してたらしい。

ウェイバーはフェイカーを倒せば、イスカンダルが腹を抱えて笑うと勝ち誇った。
どうもイスカンダルへの理解度でマウント取ったらしい。

Dr.ハートレスはアインナッシュの森の巨大な目を召喚。
鈴木土下座衛門とかツッコまれてた。

そこにカラボーが登場。
オークションは無効となり、魔眼は返却されたらしい。
カラボーは過去に斬った場所を再現し、フェイカーの武器をも斬った。
過去の刃は霊体ですら切れるらしい。
ウェイバーは魔眼の効果を勝ち誇って解説。
自分の魔術じゃないのに自慢するなとツッコまれてたw

オルガマリーは「怒るべき時には怒ってもいい」とメテオを召喚。
隕石は周辺のアインナッシュの木を焼いた。

更にレールツェッペリンは魔眼を消費して列車砲で射出。
波動砲とか目玉焼きってツッコまれてた。
これで完全に消滅した。

フェイカーはグレイと同じ

フェイカーは魔眼でカラボーとグレイを麻痺させた。
そしてカラボーを蹴り飛ばし、グレイに飛びかかり……と思いきや、例の卑猥な像が横切った。
像はウェイバーが投げ込んだ。
そのせいで魔眼が解けた。
卑猥ダニットってツッコまれてたw
フェイカーが卑猥な像で動揺するのは意外。
前にグレイを自分と同じと言ってたっけ。
ウブという意味でも同じだったのか。

一瞬、麻痺が解けたグレイの鎌はフェイカーを斬った。

この辺からEDに被せてた。

ウェイバーの魔眼を防ぐメガネが壊れ、倒れた。
魔力を消耗したらしいけど、意味がわからんw
フェイカーはゴルディアスホイールを召喚。
グレイは宝具を開放。
カラボーは「槍の声に耳を澄ませ」と助言。
本当は、昔から槍の声を聞いてたらしいけど、耳を塞いでた。
「セツは師匠を守りたい。守れる自分になりたい」と叫んだ。
まるで、まどかマギカのほむらみたいな事を言ってますね。

コメントによると13の拘束を解く、円卓決議の声がアルトリアの声となって聞こえたらしい。
「これは精霊との戦いではない」とか「強大な敵との戦い」とか言ってた。

そしてグレイはロンゴミニアドを射出した、という引き。
前もロンゴミニアドを撃ったけど、その時も同じ円卓決議をやってたんですかね。

EDが消し飛んだってツッコまれてたw

アンケートは「とても」が86.8%「まあまあ」が7.3%、計94.1%が「良かった」だった。
ロードエルメロイII世の事件簿第12話アンケート

“ロードエルメロイII世の事件簿第12話「雷光と流星」真犯人” への1件のコメント

  1. ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace Note- BS11(9/21)#12

    第12話 魔眼蒐集列車 6/6 雷光と流星 化野がカウレスを拘束してトリシュの首を回収する。今回の事件の犯人はカウレス。ライネスがカウレスを連れて乗車してきた。トーゴトラベル…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)