FateApocrypha第15話「道は違えど」獅子劫と赤陣営の共闘契約

FateApocrypha第15話「道は違えど」は、獅子劫達と赤陣営が組む話をしてい中休み的な回。

アバンはシロウに赤のランサーが食ってかかるシーン。
シロウはルーラーが他のサーヴァントをまとめることができれば
簡単に自分らに追いつくと説明していた。
ライダーのアキレウスは英雄として生きるのが願い。
アーチャーのアタランテはこの世の全ての子供が愛される世界が願い。
ランサーのカルナはマスターに仕える事自体が願いだった。
第15話では赤陣営の各サーヴァントの願いが判明しただけ。
シロウは人類救済の具体的手段を語ったようだけど、そこで暗転。

黒陣営は聖杯が願いを叶える事について議論してた。
聖杯の「猿の手的な側面」を正しく認識してたのが意外だった。
獅子劫も「世界一の魔術師になりたいという願いを、
自分以外の魔術師を殺すという手段で叶える」と理解していた。
シロウが世界を救済する手段が見えないので、シロウを倒すって結論になってた。
それで獅子劫はフィオレと手を組んだけど、
だったら前話ラストの草原で再会してたシーンは何だったのか。

もしその手段が歪んだ方法なら、
シロウに与したサーヴァントは従わないはず。
そうなると物語は終わってしまうw
なので、サーヴァント達が納得できる手段のはず。
でも前話でアヴィケブロンのゴーレムを赤陣営は放置してたのだから、
ああいう手段で救済するのはアリな訳だ。

ケイローンはフィオレが魔術師として人を殺す覚悟がないと見抜いていた。
フィオレは昔、飼っていた犬に愛情を込めて接してたらしい。
その犬は生贄用の犬で、用が済んでからフィオレは「ごめんなさい」と泣いてた。
こんなシーンを入れるのだから、後のフィオレの精神崩壊のフラグっぽいですね。
Apocryphaは描写をそのまま伏線と見れば良さげだし。

それからジャンヌがゴーレム討伐の褒賞として獅子劫に令呪を1画与えてた。
ジークには2画与えてたけど、ジークの残り令呪は2画あったので計4画となった。
ジークの令呪は全て使ったと勘違いしてたけど、
これは令呪を使ったのに消えてなかったのが原因。
それと令呪を使ったのは2回で3回ではなかった。
ジャンヌは令呪が消えてないのは、ジークから何かを奪っているからと推察。
それで最後の1画は絶対に使ってはいけないと釘を刺していた。
これもそのまま、使うフラグかと。

獅子劫は養子に魔術刻印を移植した事があるらしい。
しかしその刻印は獅子劫以外に移植すると毒が発生。
養子はその毒で死んだらしい。
それで獅子劫は彼の代で血筋は途絶えると。
獅子劫は子を作れないんですかね?
そういう描写ってあったっけ?
モードレッドは興醒めという感じで獅子劫の話を聞いてた。
これは獅子劫が聖杯を諦めていたように思ってからだった。
しかし獅子劫は赤のサーヴァントが戦っている間に聖杯を横取りする算段を考えていたw
それを聞いたモードレッドは急に活気づいて獅子劫と意気投合w
獅子劫とモードレッドのコンビは一番面白いw

最後はゴルドのエピソードで、何か会心してたw
苦しんでいるホムンクルスを助けたり。
ホムンクルスに錬金術師としてそこそこと言われたり、
ホムンクルスに絶対服従の仕組みを入れる腕はないと喝破されても、
むぐぐとなりつつもその言を認めてたりw
ホムンクルスのズケズケとして物言いに吹いたw

あと、シェイクスピアが初めからシロウの計画を知ってたと語ってた。
シロウに荷担したのは「面白いから」だった。
なんでシロウはシェイクスピアには真意を教えてたんだろう。
恐らくシロウがマスターを洗脳してるって事も知ってたはず。
むしろシェイクスピアはかなり頭良さげなので、
シロウの意図を自力で見抜いてたのかもなって印象。

“FateApocrypha第15話「道は違えど」獅子劫と赤陣営の共闘契約” への2件のフィードバック

  1. Fate/Apocrypha【第15話 道は違えど】感想

    ☆第15話 道は違えど  大聖杯を奪うという目的を果たした空中庭園はユグドミレニアの陣地から離脱。但しユグドミレニア陣営が本気を出せば追いつけなくはない…という微妙な距離。…

  2. Fate/Apocrypha BS11(10/14)#15

    第15話 道は違えど ルーラーとユグドミレニアが手を結べば数日で追いつきます。 アキレウスとアタランテは天草四郎を詰問する。 あなた達のマスターは空中庭園で人の姿を保って命に…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)