FateApocrypha第6話「叛逆の騎士」モードレッドVSケイローンと獅子劫VSフィオレ

FateApocrypha第6話「叛逆の騎士」は、
モードレッドと獅子劫VSケイローンとマスターとの戦い。

冒頭はモードレッドの回想で、例のカムランの丘でアルトリアと戦ってた。

モードレッドは小さな頃に謎の女にアルトリアを見せられて、
「倒さなければならない敵」と唆されていた。
また女はアルトリアを父だと教えていた。
女はギネヴィア?
だとすると、モードレッドはラーンスロットの子かな。
モードレッドはアルトリアが女だと気付いてない様子だった。
アルトリアはモードレッドを息子と認めなかったらしいけど、
そりゃ正体は女で処女なのだからねえ。

これらの回想はマスターである獅子劫が見た夢。
マスターはサーヴァントの過去の記憶を垣間見る事があるんだよね。
Staynightの士郎や凜、Zeroのウェイバーも同様の夢を見てた。

シギショアラで起きている猟奇殺人事件は、
実は魔術協会の魔術師が殺されていた。
ウェイバーと獅子劫が電話で話してたけど、
ロード・エルメロイと言われて「II世」と切れ気味に訂正してたw
今もケイネスに遺恨があるんですかね。

これは黒のアサシンの仕業だった。
シロウはウェイバーに赤のサーヴァントは全員揃っていると主張。
黒のサーヴァントが自分の領地で猟奇殺人を放置し、
警察にバレるよう証拠を残すのはおかしい。
って訳で、獅子劫が調査する事になったらしい。
魔術協会として聖杯戦争<魔術の秘匿って優先順位っぽいですね。

一方、第6話でもフィオレの弟もまた、
自主的な判断で姉がいるシギショアラに向かった。
これは姉の死亡フラグに思える。

獅子劫は被害者の死体の状況から、
心臓を食べる事で現界の魔力を確保していると推測。
アサシンの「お母さん」も「食事」と表現していたので正解のはず。

ヴラドとダーニックはゴルドをゴーレムの炉心に使う計画を話してた。
第5話でゴルドが裏切るとか思ったけど、これは外れてますね。
逃げたホムンクルスをこっそり拉致すればいい、という予想も外れ。
と言うか、ホムンクルスよりも確実なのが本物の魔術師を炉心に使う事だろうし、
となるとルーラーにバレるリスクを冒してホムンクルスを連れ戻さなくても、ゴルドを使えば良いと……。

モードレッドのマスターは人形を切り刻んで快楽殺人のように愉悦に浸ってた。
どうもアストルフォを殺すのを妄想してたらしい。
ダーニックは何でこんなのをマスターに……と思ったけど、
誰がマスターになるかは聖杯が選ぶんだっけ。
ジャック・ザ・リッパーを召喚したのも含めて、
この聖杯もだいぶ歪んでますね、たぶん。

赤のアサシンは、ハンギング・ガーデンズ・オブ・バビロンを完成。
これはバビロニアの町並みをそのまま再現した物に見えた。
前から作ってた宝具らしいけど、効能は不明。
シロウはこれで聖杯戦争に勝てると確信的に話してたので、かなりの威力があるらしい。

獅子劫とモードレッドは深夜のシギショアラを捜索。
謎の毒霧に巻き込まれて逃げてた。
サーヴァントの脚力で獅子劫を抱えて建物の屋上に逃げればと思うのだけど、
なぜかマスターに肩を貸して足並みを合わせて小走りで逃げてた。

霧が無い広場に着くと、
いきなりアサシンが獅子劫の首を切ろうとし、
それを察知したモードレッドは、
振り向きざまに斬りかかりつつ獅子劫を床に倒す、
というやり方で助けてた。
一瞬、何が起きたのかわからなかったので見直した。

アサシンはモードレッドすら気付かない速度で背後に忍び寄る技量があり、
モードレッドは完全に遊ばれていた。
体臭を嗅がれて女だと言われ怒ってたw
そこで宝具を解放してたけど、
ケイローンの横槍でアサシンは負傷。
モードレッドは矢を回避して無傷。
負傷したアサシンは撤退。

それでモードレッドVSケイローン、
獅子劫VSフィオレという戦いになってた。
アサシンを追撃しないのは命令違反な気はする。
それに結果的にモードレッドを助けてるし。
またはアサシンを助けたのかな。
宝具の力がわからないけど、宝具でアサシンを倒しそうな雰囲気だった。
放置してればアサシンは死んでたような印象だった。
まあ本当の指令がどうなのかは不明だけど。

モードレッドはケイローンの矢を弾きつつ接敵。
ケイローンはビルの屋上から落ちて逃走。
その際、落ちつつ上空へ射撃し、
追撃に顔を出したモードレッドは負傷。
そこでまた宝具を開放し、地上のケイローンに落下攻撃。
と思ったら、パンクラチオンというCQCみたいな技で、
ケイローンはモードレッドを地面に倒してた。

一方、獅子劫VSフィオレは、フィオレのマニピュレータに苦戦。
毒ガス爆弾のような物を風を操る魔術で足下に動かし、
フィオレはそれをマニピュレータで叩き潰してガスが発生し、ギョッとしてた。
フィオレは明らかに戦い慣れしてないし、戦いのセンスも無さげ。
そこを車に乗った獅子劫が突っ込んでフィオレをマニピュレータごと轢いてた。

最後は倒れたフィオレに獅子劫がショットガンを撃って引き。
顔は引きつってたし、まあ当たるんだろうなと。
ショットガン弾はホーミングするし、
弟もシギショアラに向かってるし、
前にもし姉が死んだら聖杯に託す願いはその蘇生になると、死亡フラグを立ててたし。
ただ、普通の引きとしては当たらないフラグなんだよねw

“FateApocrypha第6話「叛逆の騎士」モードレッドVSケイローンと獅子劫VSフィオレ” への1件のコメント

  1. Fate/Apocrypha【第6話 叛逆の騎士】感想

    ☆第6話 叛逆の騎士  連続猟奇殺人事件と黒のアサシンが関連しているらしいと推測され、ユグドミレニアからはフィオレが、魔術協会からは獅子劫が後を追ってやってきます。最初の…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)