『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

FGOアークティックサマーワールド

アークティックサマーワールドは2022年8月10日から31日までの期限イベ。
北極をテーマパーク特異点に変えたスカディから聖杯を取り戻すエピソード。

メインクエスト進行でテーマパークが開放。
テーマパークは時間経過で報酬(QP)が溜まる。
テーマーパークを強化すると報酬が溜まる時間が短くなる。

フリクエ周回で来園者数ポイントを集めると次のクエストが開放。

メインストーリークリアで、ワルキューレセットを獲得。
3種から1種のみ。

スルーズ&霊衣リンド
ヒルド&霊衣エルルーン
オルトリンデ&霊衣ゲイルスケグル

オープニング アークティックサーヴァンツ

誰かが白紙化した北極にいた。
北極海が大地になってた。
単純な土地の変換ではないと察した。
これはこれでやりようがある。

スカサハ=スカディが聖杯を持ってた。
スルーズ達がスカディを止めようとしてた。
新たな聖杯を得たと察した。
カルデアの聖杯は厳重に封印されてるから。
スカディは水着霊基になった。
新たな特異点を彩ろうぞと宣言した。

新たなワルキューレ3騎が
エリセ、ジャンヌ&ジャンヌオルタ、
なぎこ&頼光&紫式部と会ってた。
ゲイルスケグル、リンド、エルルーンはスカディが召喚した。
ただし汎人類史のサバらしい。
水着を着てるので、水着霊基三姉妹と名乗ってた。
原初のルーンでエリセ達を水着霊基に変えた。
北極圏に集え。
存分に夏を楽しむがよい。
というスカディの言葉を伝えた。

アキレウス、カイニスも北極に来てた。
3人のシルエットもいた。
お前達で楽園を作れとスカディは命じた。
それがアークティックサマーワールド。

いつものことかとゴッフは察した。
司令室で情報確認してた。
スカディは虚数潜航で北極に飛んだ。
北極で新たな聖杯を獲得した。
同時にスルーズ達も北極へ。
スカディの潜航に相乗りしたとダヴィンチは察した。
スカディの魔力反応が離れ、
スルーズ達は北極圏で止まっている。
つまりスルーズ達はスカディを止めようとして、説得に失敗した。
カルデアに新型ワルキューレ三姉妹が現われた。
三姉妹はサバを水着霊基に変えた。
さらに水着霊基にならなかったサバが、外部の魔力で実体化。
その後、北極圏へ移動した。
サバたちは夏になるとふらっと特異点に行くとゴッフはぼやいた。
サバフェスだったらこんなもんじゃないと藤丸はツッコんだ。
微小特異点ならすぐ閉じるとゴッフは楽観的だった。
自然消滅はありえないとトリスメギストスIIが予測した。
ただちに作戦行動とゴッフは命じた。
今回は同行サバは多い。
道満、アスクレピオス、燕青、ガレス。
新三姉妹に水着霊基に変えられてた。
アスクレランサースカサハに霊基を弄られたらしい。
道満は自分で霊基を弄ってた。
道満は不安だけど、ここ1年巡おとなしくしてたとダヴィンチは釘を刺した。

レイシフト後、藤丸達は北極にいた。
あたりは気温調整済み。
太陽が妙に大きかった。
巨人王とは無関係とマシュは判断した。
夏の特異点は遊園地のようだった。
遠くに氷の塔もあった。
ワルキューレが豪華客船に乗って現われた。
世界一周できそうと藤丸ははしゃいでた。
スカディ様を止められなかったとヒルドは謝った。
旧型三姉妹とアスクレピオスは評した。
まるで旧型機のような……とスルーズは動揺した。
そんな風には思ってないと藤丸はフォローした。
この船アイスワンダラーはスカディが用意した。
原初のルーンで動くらしい。
曰わく特異点移動に使うがよい。
本人は善意かもと道満は察した。
道満さんの話は背筋がぞくっとするとガレスは評した。
旦那が語ると警戒すると燕青も同意した。
道満は船内の見回りに行った。
アスクレピオスは燕青にアレから目を離さないようにと釘を刺した。

三姉妹は水着霊基になってた。
スカディが従わせるために変えたらしい。
形から入る=水着霊基になれば夏の気分になるとガレスは察した。
でも三姉妹の意志は変わらなかった。
なのでスカディは拗ねて、新たな三姉妹を召喚した。

道満&燕青が戻ってた。
船内に罠はなかった。
ガレスは騎乗スキルがある。
でも安全に操れるかは自信が……。
ならば私に任せてもらうとゴッフが現われた。
……って何でいるのかね私!?と我に返って動揺してた。
スカディは船の専門家を呼んだと言ってたらしい。
これで操船担当は決まったと道満は藤丸たちを甲板に呼んだ。
道満は式神で特異点を走査してた。
まずはスカディと話すと藤丸は命じた。
極北魔氷城にスカディはいる。
しかしエリアごとに固有の結界があると道満は指摘した。
神霊が原初のルーンと聖杯を使ったので結界解除は不可能。
なのであえて、えんたあていめんとに挑む。
スカディも夏を楽しまないと先に進めないと言ってたらしい。
それはエリア担当者に聞くとよろしいでしょうと道満は促した。
道満、何か知ってる?

第1節ひみつのアヴァロン

次のエリアに到達すると船が進まなくなった。
アスクレピオス、ゴッフは船に残った。
ここは花畑があった。
魔力反応にスルーズが撃った。
でも弾丸は弾かれた。
花畑にレディアヴァロンがいた。
マーリンに似てる?と藤丸は驚いてた。

FGOアークティックサマーワールドLA

その頃、マーリンの脛が痛み出してた。
これと言って害はない。
あまり羽目を外さないようにお願いしたい。
流行り物だよ。
マルチバース!

レディアヴァロン=FatePrototypeのマーリンらしい。
つまりプロトアーサー世界のマーリン。
だからマルチバース=多世界宇宙。

マーリン?知らないなあとレディアヴァロンはとぼけた。
フォウはレディに特攻してた。
ここはキャスパリーグがいるんだったとレディはぼやいた。
プロト世界にフォウはいないのんですかね?
ガレスはマーリンの気配に似てると評した。
レディはどきっとしてた。
マーリンの縁者とガレスは勘違いしてた。
そうそう私はマーリンの妹とレディは誤魔化した。
LA=レディアヴァロンはここの管理人。
城に行きたいならエリアの封印を解かなくちゃだ。
それが特異点のルール。
それは各エリアの売り上げ目標を達成すること。
客は人語を話す動物。
聖杯で知性を与えられたらしい。

燕青がパークを見回ってた。
曰わく樹木や球根が襲って来る。
売上伸びるわけねーだろ!とツッコんだ。
LAに心当たりはなかった。
道満:では参りますか
ガレス:駆除、了解しました!

サポートはフレンドのカルナにした。

浮かぶ球根(弓)
歩く樹木(狂)

樹木を2体倒すとクリア。

道満は球根の発生源に気付いた。
穴から湧いてたので、ワルキューレが塞いだ。
今度は樹木を根絶やしとガレスは意気込んでた。
樹木は西方からやってくるとオルトリンデは教えた。
西方から空飛ぶ魚が襲ってきた。

サポートはNPCスルーズにした。

アークティックフィッシュ(馬)

防御アップ&Arts軽減、被NP発生量軽減、被スター発生率軽減がかかってる。

ヒルドは魚に見覚えがあった。
スカディの通信が入った。
アクシデントにびっくりしたか?と聞いた。
さっきの魚は水着スカディが侍らせてるやつとヒルドは思い出した。
スカディの後ろに巨大魚がいた。
これは違うとスカディは焦って水着霊基になった。
どうして北極に特異点を作ったか藤丸は聞いた。
スカディは永遠の夏を楽しむがよいと通信を切った。

歩く樹木発生地点にクーフーリンがいた。
ヴラド三世、ディルムッド、カルナ、バゼットもいた。
みんなで株を植えてた。
YARIOのみんな?!と藤丸は驚いてた。
YARIOとは2015年のエイプリルフール企画のランサーグループらしい。
YARIOが歩く樹木や球根を栽培してた。
あなたの依頼通り、100株達成しそうですとバゼットはLAに報告してた。
LA;私すっかり忘れてしまっていたんだけどね?
LA:お花のお世話係雇ってたかも!
クーフーリン:綺麗な花だけじゃつまらんから、
人を襲う花も植えると、あんたが言った。
LA:もうやめて!
引き受けた仕事は最後までやりきるとYARIOは聞かなかった。

サポートはNPCレディアヴァロンにした。

歩く樹木(狂)2体
カルナ(槍)

ヴラド三世(槍)
ディルムッド(槍)
歩く樹木(狂)

クーフーリン(槍)
バゼット(別)
歩く樹木(狂)

ヴラド、クーフーリンは毎ターン低確率で味方のチャージを1増やす。
カルナ、バゼットがいる間、味方全体の攻撃アップ。

LAは球根を元に戻した。
藤丸:本当に花咲くの?
LA:そのはず
燕青:どうせ動物の血を吸って咲く花とかじゃない
LAはそういえばそうかもという顔をした。
依頼人が手ずから辞めてしまっては続ける意味はないとYARIOは諦めた。
危険はなくなり、客が戻って来てた。
今夜はここに停泊して、明日次のエリアへ移る。
LAがこっそり乗船してた。
LA:君達の旅についてっていい?
売上達成後は自由。
露店はスタッフに任せて、ついてく方が愉しそう。
藤丸:大丈夫ですよね新所長?
ゴッフ:戦力が増えるに越したことはないだろう

それを巌窟王が見てた。
聖杯は氷の城か、陽を掲げるがごとき氷の塔か
ひとつ確かめてみるか

概念礼装「キョンシーアタック」

次のエリアは来園者数ポイント2000以上で開放。

第2部英雄達へ愛をこめて

次のエリアは休むと道満は宣言した。
所長の護衛も必要。
燕青も見張ることになった。

次のエリアは水着エリセがいた。
エリセは売上が上がらず悩んでた。
切実にアドバイスを求めてた。
私達はその為に来たとLAはドヤってた。
自分とこも失敗してたのに?とヒルドはツッコんだ。
LA:私の事は楽園から来た妹のようなもの。
つまり、みんなの妹のようなもの。
エリセ:もう弟みたいなもので手一杯だけど……
藤丸:まずは現状把握。

タイタニック八艘飛びのアトラクションがあった。
マンドリカルドが挑戦して海に落ちた。
アスクレピオスが治療に向かった。
今までの成功者は1人=牛若丸。
本人じゃん!と藤丸はツッコんだ。
エリセ:簡単すぎたら意味がない
牛若丸レベルの実力が条件となる難易度設定は当たり前
ガレス:白熊や海鳥が想定に入ってないんですね
ヒルド:英霊の大半も入ってないかも?

次はパイレーツオブポラリアン。
海賊戦シミュレーション。
参加者は所属する海賊を選べる。
黒ひげ、バーソロミュー、アン&メアリーが抗議してた。
くろひー:なんで拙者の船こんなよわよわステータスなの?
バーソロ:ロイヤルフォーチュン号の能力が反映されてるとは言い難い
君がメカクレじゃないのも異議を申し立てる
アン:どうしてドレイクのゴールデンハインドだけ、冗談のような数値ですの?
くろひー:こんなん誰だってBBA選んじまうわ!
アン:マネージャーの好みが反映されすぎてます
エリセ:この中で私掠免許を持ってる人は?
いませんよね?女王と関係ある人も?
好きで詳しいゆえに冷静な設定ができないとヒルドは察した。

次は目玉のアルゴー号の冒険。
と聞いて、アスクレは食いついた。
イアソン船長はボイジャーだった。
エリセ:本人を雇うつもりが逃げられた
ボイジャー:ぼくもかれとおなじ、ほしをめざして、はてなきせかいへこぎだすもの
そのやくをえんじるのは、すごくべんきょうになる
健気!とヒルドは照れてた。
あなたは立派なイアソン船長ですとガレスは褒めた。
ヘラクレスはオリオン(ぬいぐるみ)。
エリセ:人間の方には逃げられちゃったので!
アタランテはロビンフッド。
エリセ:アタランテは足の速い狩人。
あなたしか適役がいない、たぶん。
ロビン:狩人要素しか合ってねーですけど!
双子神は李書文(槍)と李書文(殺)だった。
兄妹ではなく同一人物では?と藤丸はツッコんだ。
アスクレピオスはジャックザリッパー。
ジャック:しゅじゅつするよ?
アスクレ:メス捌きはなかなかのもの。
これから次第で伸びるかもしれん
褒められたジャックは喜んでた。
LA:実際に体験して問題点が浮かび上がるかも

サポートはフレンドのモルガンにした。

ヘラクレス?(弓)オリオン
アスクレピオス?(殺)ジャック
ポルクス?(槍)李書文
イアソン?(降)ボイジャー
カストロ?(殺)李書文
アタランテ?(弓)ロビン

ヘラクレスはガッツ3ターン1回。
ポルクスは無敵貫通1ターン、Artsアップ1ターンを使う。
カストロは回避1ターンを使う。
アタランテは必中1ターン&回避1ターンを使う。

藤丸:楽しかったは楽しかったけど
ガレス:もう少し似せる努力をした方が。
アスクレ:ダメだな。
エリセ:当事者による容赦ないダメ出し!
LA:光る物は感じる。
マスターもアトラクションは楽しかったと言ってた。
なら、あと一歩じゃないかな。
アスクレ:そもそも人選がおかしい。
代役に無理があるなら、無理のないものに寄せればいい。
例えば李書文はイダスとリュンケウス兄弟がいい。
イダスはそもそも槍を使ってた。
李書文ズ:役柄など、どうでもいい。
我らはこの後が楽しみ。
……と、李書文ズは睨み合ってた。
アスクレ:ロビンは盗賊アウトリュコスが適役かもしれん。
オリオンはメレアグロス。
妻がいるのにアタランテに粉をかける男。
ボイジャーはアドメートスが良さそう。
イアソンのいとこで髪色も似てた。
最も大事なことは、あのクソ太陽神を下僕にしてたというぞ。
あの羊を見つけ次第、そうするといい。
ボイジャー:イアソンのやくはぼくにはむつかしかったな。
アスクレ:あの男は一見、声ばかり大きいお調子者に思えるが
行動力、統率力、分析力、判断力、どれをとっても船長として不足はなかった。
そう簡単に代わりができる人間はいないだろう。
……と聞いてイアソンが現われた。
イアソン:俺がいないとこで俺の話をするなって。
褒め言葉は直接いえ!
アスクレ:褒め言葉など発してないが?
耳の病気かもしれん。
イアソン:あーそうでしょうね!
おまえはそういうやつだよ、まったく。
アルゴー号なんてこんなもんと思われると困るからな。
俺プロデュースで冒険体験を演出してやる。
お前も手伝え!
アタランテ:仕方ない、私も目付役として手伝おう。
逆の意味でアルゴー号はこんなもんと思われてしまいそうだからな。
それに我々が逃げて子どもが働くなど、あってはならない。
ジャックには別の働きをしてもらう。
友達を連れて来て、みなで楽しむことだ。
任せといてとジャックは去った。
ガレス:アスクレピオス先生、お手柄ですね。
アスクレ:僕は何もしてないが?
ガレス:お医者さんの何気ない言葉のお陰で
患者の気分が楽になって、症状がよくなったとか?
アスクレ:それならわかる

次はフードコートを見てた。
かなり辛かったらしい。
選択肢が少ないとヒルドはクレーム付けてた。
激辛アイス、殺人チュロス、溶岩ワッフル、ハバネロ100%ジュース。
たいへんでちーと助っ人の紅閻魔は説教してた。
カレンとかアルジュナとか神父とかは好評だったとエリセは拗ねてた。

次はノーチラス号の海底探検。
参加者にネモのアバターを被せて、ネモになった気分になれる。
ネモマリーンズの姿を投影してたので、
酷使しすぎとマリーンズは怒ってた。
他のアトラクションがアレだから、客が集中したとLAは察した。
ちゃんと対価は払ってるし休憩時間も一応設定してるとエリセは弁解してた。
オリジナルキャプテンはダウンして医務室にいた。
藤丸:アトラクションを止めた方がいいんじゃ?
エリセは次の客で施設メンテを命じた。
スカディの通信が入った。
曰わく休暇を与えてやりたい。
最後の客は新型ワルキューレ。
あなたたちを襲うつもりはないと断ってた。
マシュも適正反応がないと認めた。
スカディ:ワルキューレたちが不首尾を見つけたら、それなりの対処をする
つまりちゃんと楽しませないとまずい……とエリセは察した。
ノーチラスは麗しの海底回廊を航行してた。
激務のプロフェッサーの喉の調子がおかしかった。
アスクレが特製薬草喉飴をあげて、スカディを誤魔化してた。
海底に城があった。
エルン:すごーい
でも水中に入れないですよね。
だから体を動かす系のイベントとか来るんでしょうか!
マリーンは大蛸の住み処に舵を切った。
プロフェッサー:ノーチラスを襲う謎の深海生物、その正体やいかに!
ガレス:蛸ですよね?
リンド:ここは任せてもらうけど、いいよね?

出撃は新三姉妹のみ。

小蛸(馬)4体
中蛸(馬)4体
大蛸(馬)

小蛸は中確率で回避がかかってる。
中蛸は防御アップがかかってる。
大蛸は攻撃アップがかかってる。

これならば杞憂、一時のものだろうとスカディは通信を切った。
今回は見なかったことにするけど、
ブラック環境は改善してねとイルスは釘を刺した。
蛸さん食べないの?とリンドは残念がってた。

ネモマリーンズがフリーズして止まってた。
ナース:パン焼かなくちゃ
プロフェッサー:あたしは……あたしは?
稼働限界に達したとネモが現われた。
やり方が間違ってたとエリセは認めた。
アスクレ:今ならまだ大丈夫だ
魔術的なアバターを被ってたので問診できた
すでに疲労回復薬が処方できてる
でもそれは巨大注射だった。

FGOアークティックサマーワールド注射

ネモは逃げようとした。
エリセ:経営者としての責任だ
私にやらせて
アスクレ:治療開始だ

サポートはフレンドのコヤンスカヤにした。

ネモ(馬)

ガレス:なんか危険な音がしました
お医者さんのやることだから、大丈夫ですよね
オルトリンデ:たぶん……?
エリセは運営方針を迷ってた。
LA;今までと違う形で運営すればいい
彼らがアトラクション中枢にいたのはアバターの為。
幻術関連なら任せて。
ネモシリーズの誰か1人がいれば運行できる、くらいの設計でいいだろう
適度に休みが取れるはずだ

エリセもまた藤丸に同行を申し出た。
エリセ:いろいろ回って勉強したい。
イアソンやネモに任せても大丈夫
藤丸:じゃあ……よろしく!

次のエリアは来園者数ポイント10000必須。

蠢く漆黒の闇シュヴァルツナハト

エリセランドLV5で開放。

エリセが英霊を甲板に集めてた。
昼間と雰囲気違うとジャンヌオルタがツッコんでた。
エリセ:再臨状態に引っ張られやすい
どちらも自分の側面
ジャンヌオルタ:じゃエリセのダークサイドってわけね。
……ダークサイドってわけね!!
エリセ:それはいいけど、わくわくエリセランドで定着するのは放置できない
魔術の摩天楼……ツァウバー・ヴォルケンクラッツァー
陽炎ゆらめく、運命の輪……ヒッツェシュライアー・ラート・デス・シックザールス
ジャンヌオルタ:クーゲルシュライバー、アイスバイン、ゲゼルシャフトもいいわね
意味?意味が必要あるの?
エリスはイリヤスフィールに意見を聞いた。
エリセ:ドイツネイティブのイリヤにはお遊戯みたいなものだろうけど
イリヤ:(それが呼ばれた理由?
私ほぼ日本人なんですけどー)
……か、かっこいいとオモイマス。
北斎:しっつぇんしゅらいやーとか舌噛んじまう
わっくわくえりせらんど、でよかねえかい?
エリセはショックを受けた。
イリヤ:水はシュワップ、シュイップ
エリセはドイツ語風にエリーゼ
ランドはラント
シュワップエリーゼラントとか。
エリセ:さすがだね、イリヤスフィール
エーデルフェルトが言ってた
イリヤは私を解き放ってくれた光
だからイリヤのグッズと薄いブックを全回収するのも、
私に課せられたグランドオーダーなんです。
何しに行ってたのとジャンヌオルタはツッコんだ。
エリセ:1人で入れないコーナーがあるので付き添い
イリヤ:エリセさんも中学生でしょ
エリセ:私は秋葉原を守る夜警だから
じゃ、本題に入る
シミュレーションスタート

出撃はエリセ、ジャンヌオルタ、北斎(剣)、イリヤのみ。

大食海魔(弓)
オオヤドカリ(剣)
ドクヤドカリ(剣)

巌窟王(讐)

巌窟王はQuickアップ3ターン&クリ率アップ3ターンを使う。

エリセたちはくはははと笑ってた。
エリセ:アヴェンジャーと言えばけったいな笑い声。
ジャンヌオルタ:は?
一部でしょ、ごく一部の!
エリセ:私は形から入るタイプだから……
イリヤ:怒られますよご本人から、きつめに!
ジャンヌオルタ:あいつをバカにしてる自覚無いんでしょ
心の底から英霊らしいって思ってるのよ
イリヤ:つまり心得が知りたいんですか?
エリセ:召喚されたからにはマスターの期待に応えたい
ジャンヌオルタ:図書館常連、特殊ジャンル同好の士のよしみで手伝ってあげる
北斎:なる、なれる、じゃねえ、なりたい、だ。
エリセ:なるほど!……なるほど?

出撃はエリセ、ジャンヌオルタ、北斎(剣)、イリヤのみ。

バゼット(別)
ジークフリート(剣)

バゼットは回避1ターン&弱体無効1ターンを使う。

ジャンヌオルタ:なんでバーサーカーの私に声をかけたの?
エリセ:マンガ描きつつ他のマンガ読んだり、
居眠りしたりヒマそうで相談しやすかったから?
ジャンヌオルタ:よしぶっ飛ばす
エリセ:みんなに集まってもらったのは、
自分のことは自分でわからないから。
距離を置いて見られる機会は幸運なことと思う。
ジャンヌオルタ:前向きなのかネガティブなのか、よくわかんないやつね。
エリセ:……っていうのを今思いついた。
ジャンヌオルタ:やっぱり火刑ぶちこみかしら
北斎:じゃんぬサンよ、絵仕事ならおれが手伝おうかい
ジャンヌオルタ:締切五秒前で?!助けて!
トーンの範囲分けとか頼める?
ってムリかー、デジタルだもの
北斎:おっきーから教わってだいたい覚えたさ
エリセ:自慢じゃないけど私は鑑賞専門
描く才能はヤバえりち(壊滅的)と言われた
イリヤ:私は同人マンガのお手伝いは早いかな~って!
クラスメイトをそばで見てたらそう思えて
ジャンヌオルタ:じゃあほとんど経験者ね
地獄へジェットゴー!

みんながいなくなってエリセは密かにお礼を言ってた。
望んでアヴェンジャーになるものはいない
復讐を果たそうと誓ったから復讐者となった
本来はそういうもの
でもイレギュラーはある
ジルドレが作ったジャンヌオルタ
サリエリのように民衆の妄想で生まれた復讐者もいる
私に近いのは巌窟王でなくサリエリだ。
私はそうならない理由を欲してた。
邪霊たちが見逃してくれるはずもない
この力を振るうのを楽しんでしまっている。

ボイジャー:さがしものみつけたかい
エリセ:うん、もういいよ
納得できる理由はあった
ボイジャー:じゃあじぶんさがしみっしょん、かんりょうだね
エリセ:そうまとめられると、私が空回りしてたみたいだ
やれやれって雰囲気も出さないで欲しいな
ボイジャー:それはむり

第3節 U is for HOKKYOKU

甲板でエリセと燕青が模擬戦やってた。
エリセの全戦全敗。
燕青がエルケーニッヒを褒めると、
エリセは長文で語り始めた。

FGOアークティックサマーワールド エルケーニッヒを語るエリセ

そこにガレスが来た。
燕青:いやあ、ちょうどいいとこに来た
でも悪いな、店じまいだ
延々付き合わされそうだし
もうじき出発の時間だろ?
ガレス:そんなぁ
マーリンは2人を見て微笑んでた。
曰わく輝く魂が懸命に頑張る姿は醜くない。

ゴッフがむむむと唸ってた。
次のエリア担当は源頼光。
しかも水着の方。
藤丸:影の風紀委員長……。
ゴッフ:足を踏み入れたが最後、過酷な訓練を強いられる
そんな源氏ディストピアだってありうるぞ
ガレス:わあ楽しみですね!
一夏のアバンチュール=猛特訓って感じです
藤丸:ここは飛ばして迂回も検討する?
ダメに決まってると三姉妹は藤丸にツッコんだ。
スルーズ:水着霊基サバでも有数の難関
三姉妹も不測の事態に備えたいですが
カルデアとの通信がつながりづらくなっているのです

朝方……甲板に氷の魚が現われたらしい。
直後に通信不調になった。
なのでこの船の警護は手薄にできない
フォウも残る様子だった。
ヒルド:フォウくんも残念だよね
頼光さんのエリア、一緒に行きたかったよね
フォウ:……
エリセ:(突然のフォウさんの無言……)
道満は頼光のエリアと聞いて白熊モードになってた。
道満:この霊衣は未完成ゆえ戦闘には応じられませぬ。
燕青:術の援護くらいはかけられるだろ?
道満:戦力外は連れて行かぬとはならないので?
LA:キミ源氏が苦手かい
道満:源氏如きが何するものぞ
我が陰陽道で、どうということもなし
ですが頼光殿も夏休みを欲しておられる
今回はお休みでいかがですかなマスター
藤丸:確保して
ガレス&燕青がわっしょ式で道満を運んでった。

藤丸達は温泉にいた。
燕青:華清宮って知ってる?
昔の皇帝が湯治の為につくらせた
かの楊貴妃も湯浴みしたんだってよ
道満:このえりあ全体から漂うあげぽよ感
拙僧、やはりお休みすべきでしたかな
頼光:マスターではありませんか
りらっくす温泉りぞおとGENJIの湯
どうぞごゆるりと楽しんで下さいね

頼光:……なるほど、委細承知いたしました
LA:私とエリセのエリアは終わってる
エリセ:私は売上達成まで、ちょっぴり手こずりましたけど
アスクレピオス:ちょっぴりという認識に齟齬がある
燕青:聞いてた話と違うくね?
頼光:このえりあでは客足も増えてきております
間もなく第3封印は解かれるでしょう
余計な邪魔が入らなければですが
いかがですか道満法師殿
道満:笑みを浮かべながら殺気をちらつかせるのはおやめくだされ
拙僧はあくまで良き道満
言わば良い満にて
ガレス:このエリアは過酷な訓練を受けられると聞いたのですが?
頼光:そのような構想はあったのです
えりあ構築で待ったがかかりまして……

謎の平安女子=紫式部が癒しの湯治を用意するよう勧めたらしい。
ガレスはがっかりしてた。

LA:綱紀粛正を旨とする、肌の露出なんてどんでもない
カルデアのデータにはそうあったよ
アスクレ:いつの間にデータ参照したんだ
LA;夜の間にね
頼光:別の方からの提案がありまして

謎の平安女子=なぎこが温水プールなら男女入れると勧めたらしい。
曰わく本来裸になるべき温泉で水着を着けるのは、ノットご禁制!イェーイ!

頼光:お陰様で毎日大盛況
LA:この子、意外と乗せられやすいタイプだね
道満:ンンソンン、これは結構
あの方ともすっかり打ち解けられた様子
燕青:ソ入ってんぞ
頼光:すっかり法師殿も大人しくなられて
すっかり心を入れ替えられましたか?
道満:はて?何の話でしょう
とんと心当たりがありませんな
拙僧、大の湯浴み好きにて
一足先に堪能して参ります
燕青:逃げたねえ
エリセ:見てるとこう……ぞわぞわするというか……
なんだろう、私の邪霊達が騒ぎ出して……
燕青:こいつは地震か
大した揺れじゃなさそうだが
LA:ここではよくあるのかい
頼光:え、ええ……ごくまれにですが
近海の水底には火の山があると聞きます
こうした地震も珍しいものではないでしょう
エリセ:(うちのエリアで地震なんてあったかな)

LAが水着になってた。
LA;頼光の様子は何かに気付いて知らんぷりという風に見えた
燕青:気にはなる
周りの客は平然としてる
地震自体はよくあるんじゃないのか
アスクレ:トラブルはない、売上も気にならない、病人がいない
僕は船に戻る、次の城に備えておきたい
ガレス:先生も湯浴みしませんか
温泉の効能すごいですよ
エリセ:打ち身に切傷、リウマチ
体力上昇、魔力上昇、身体機能上昇、異常耐性に無敵にスター獲得……?
藤丸:盛りすぎでは?
LA:担当者は無制限の魔力使用が認められてる
魔力を使った温泉なら多くの恩恵があって不思議じゃない
……美肌効果もあるのか、是非とも入っておかなきゃだ
アスクレ:なんだと……!
たかが湯に浸かるだけで、多くの効能が得られるだと!
なんとしても成分を調査しなければ!
ガレス:源泉の場所、ご存じなんでしょうか
燕青:知るわけないよなー
藤丸:追いかけよう
燕青:迷子になってあげく、暴れられても困るもんな
エリセ:暴れるんだ……
ガレス:仕事熱心すぎてトラブルを起こすことも……
ちょっとですよ?!
燕青:(歩く死体とか集めてた気がするが、空気読んで言わない)

ヒロインXオルタが温泉にエスプレッソ入れてコーヒー風呂作ってた。
Xオルタ:ミルクとキャラメルソースも加え、
全身で甘味を堪能できる夢のコーヒー風呂
いかがです、入っていきますか?
エリセ:体がべとべとになりそうでパス
ガレス:向こうに電気風呂があります
直流風呂と交流風呂、蒸気風呂でテスラとエジソンとバベッジが争ってた
エリセ:それはサウナでは
燕青:ジェットバスってのは?

のっぶ&沖田Jソウジが上空からジェットバスに特攻してた。

燕青:ははーん、新手の拷問だな
LA:あちこち散策してたらアスクレを見失ってしまったよ、あっはっは
ガレス:アネト号、先生の匂いを追って!
アネト号:(くんくん)
ガレス:(くんくん)
なんだかふんわりした美味しそうな香りが……
道満:(マスター聞こえますか
拙僧は姿を消しつつ、囁きかけておりますぞ
今すぐ道を変えるがよろしいでしょう)
なぎこ:ちゃんます、あぶない!

なぎこは道満にほかほかした物体をぶつけた。

なぎこ:マンボちゃんじゃん
悪霊でも取り憑いてるのかと思ったぜ
こうも正確に目を狙うとは
何らかの術ですかな
紫式部:マスター、それに皆様もようこそお越し下さいました
なぎこ:うちらはエリア内を名物北極温泉まんじゅうを売りまくってるわけ

藤丸たちはまんじゅう食ってた。
エリセ:食べるとぽかぽかしてくる
LA:微量だけど魔力を感じる
紫式部:源泉から汲んだ湯を生地に練り込んで……
失礼ですがあなたは?
LA:花の魔術師、みんなの妹でもある
なぎこ:あたしちゃんがなきごさんだ
よろしくな、ればのん
ればのん:初対面でぐいぐい来るね
勝手に呼び名を付けるのはNGかな
マンボちゃん:そうでしょうそうでしょう
痛いほどわかりますぞ
ガレぴっぴ:最初は面食らいますよね
エリっさ:(昔の知り合いを思い出すんだよな)
シンシンさん:こいつは意外と悪くない、でもなんで温泉まんじゅう?
新三姉妹:人は42度のお湯に10分浸かると、
ウォーキング10分のカロリーを失う
だから温泉に入る前にお菓子で血糖値を上げるといいんだって
藤丸:……な、何してるの?
新三姉妹:エリアの視察だよ
今回は本気、ひどいとペナルティとしてエリア閉鎖もある
LA:やけに詳しいじゃないか
どこで仕入れてきたんだい?
イルス:通りかかったサバがすごい早口で教えてくれた
エリセ:アスクレピオス先生、ここを通ったんだ

なぎこ:今日の温泉ってば、やけに湯気が濃い
紫式部:言われてみれば……
これほど湯気が立つのは初めて
藤丸:これは明らかにおかしい
新三姉妹:あっつーい!
燕青:源泉で何かあったな
LA:まさかアスクレピオス
太陽の子とは聞いてたが、浴場全体を沸騰させてくるとはね
紫式部:源泉で何が起きてるか調査をお願いできませんか?
道満:拙僧も源泉へと……
なぎこ:マンボちゃんはこっちね
うちらの仕事手伝ってよ
道満:この期に乗じて拙僧が悪事を企てるとでも?
なぎこ:企みとかは知らんけど
どうせ失敗するんだからやめとけー
道満:ブフ!
やれやれ、今日は大人しく従いましょう
この地区で拙僧の出る幕はありませんとも
世の中よからぬことは、おのずと起きてしまうもの

お湯ですらない!
藤丸達は溶岩地帯にいた。
岩陰にアスクレピオスが倒れてた。
誰かに手刀を受けたらしい。
犯人は伊吹童子。

FGOアークティックサマーワールド 伊吹童子

平安京クリア済みだけど、生格違いすぎw
はっちゃけ陽キャになってる。
パリピ童子でしょ。

伊吹は酔ってた。
伊吹が魔力で源泉を溶岩に変えた。
伊吹:温泉に入りに来たら温すぎなんだもの
だから、あたし好みの湯加減に、ちょちょいとね
こういうのなんだっけ、差し湯?
頼光:温度を上げるのはご禁制です
伊吹:風紀委員長がいじめるう
助けてダーリン=マスター
ガレス:槍を片手で払ってました
あれは頼光さんの宝具のはず!
エリセ:あんなので当て身されたら英霊だって気絶する
アスクレ:油断しただけだぞ……ほんとだぞ
頼光:近頃の地震もあなたですか
伊吹:それよりもあなた、エリア担当さんに心当たりがあるんじゃない?
頼光:……う、マスター実は
アスクレ:外の様子がおかしい
ガレス:この地響きは足音?
伊吹:皆は魔獣の相手、頑張ってね
マシュ:先輩、ようやくつながりました
緊急事態です、エリア中央へ戻って下さい
LA:なるほどそこにいるんだね

道満:随分と拙僧の間近に顕れたもの
顕光殿、ここはお休みのところ申し訳ないがお目覚めを
なぎこ:すぐにちゃんますが来てくれるから大人しくしとけー?
道満:この程度の怪異、顕光殿と共にエリアごと暗黒の……

顕光は溶岩風呂で湯治中で応答しなかった。
道満は怪異に丸呑みされた。

燕青:道満の旦那、安らかに眠ってくれ
弔い合戦がてら、宝具でも叩き込んでやろうぜ
紫式部:きっと体内で元気ですので、救出を試みてはいかがでしょうか
燕青:……仕方ないか
なぎこ:ハサミなんて持ってきてないぞ
道満:などど丸呑みになりつつ、これこの通り
なぎこ:1人で脱出できたえらい!
アスクレ:口の中から爆発しようが、どこ吹く風か
あの生命力、興味深い
LA:女将、そろそろ聞かせてくれていいだろう
あれは何なんだい?
頼光:このエリアに別の計画があったことはお話しました
アスレチックの山頂には難敵を用意した方が盛り上がるのではないかと!
あれを用意することから始めました
燕青:たまにいるよね、美味しいとこだけやっちゃう人
頼光:その後、りぞおと計画が立ち上がり、難敵も不要となってしまったのです
スカディ様に相談したところ
魔獣を氷漬けにして特異点深くに埋められた
ガレス:埋められた魔獣が温泉の熱で温められて、
身じろぎして地震が起きていたんでしょうか
LA:スカディの措置は悪くなかった
そこに伊吹童子が来た
溶岩風呂で氷の封印が解け、魔獣は目を覚した
私は溶岩風呂を沈静化させる
氷の封印が機能を取り戻すかもだ
だからここは任せてもいいかな!
あ、いいね!ありがとう!

サポートはフレンドのモルガンにした。

らすぼす(狂)

宝具耐性2回&クリ率アップがかかってる
紫ゲージブレイクしても何もない

LAが溶岩風呂を調整した。
沈黙した魔獣は凍結された。
LA:これを埋め直せば元通りになるのかな
藤丸:北極の特異点がなくなるまでは
LA:そんな顔しない
特異点の本質は一期一会だからさ
なぎこ:元通りならいいけど、嫌な予感するよねー?

翌日、温泉がただのプールになってた。
LAが温水機能まで切ってた。
頼光:此度のことは心に留め置きます
ガレス:魔獣は強敵でした!
最後の試練として納得です
アスクレ:騒ぎになったが、怪我人など出てない
(……チッ)
燕青:いやチッではなく
なぎこ:次はメカ怪獣でも作ってここの新名物にしちゃうか
紫式部:温泉でなくなっても悪いことばかりではないかもしれません
エリセ:シロクマたちが水浴びしてる
燕青:北極にしちゃ温度高いからな
冷たい水を浴びたくもなるだろうさ
エリセ:もしかして最初からプールで良かった?
頼光:ならば納涼りぞおとハワイアンGENJIとして営業再開します
なぎこ:こんなこともあろうかと新作スイーツを開発済み
北極大怪獣宇治金時削り氷じゃーい
事前のリサーチも高評価!

新型三姉妹が宇治金時をスカディ様に是非オススメしなくてはと相談してた。

伊吹:せっかくあたし好みに仕上がってたのに
次はどこ行こうかしら
はっ……くちゅん

ガレスと燕青が甲板で稽古してた。
LA:美形が苦悶に歪む様は見てるだけで健康にいいよね
フォウ:(前と言ってることが違う)

なぎこたちがゴッフのキングサーモンのソテーを食ってた。
なぎこ:ゴッフくんシェフを呼んでくれたまえ
ゴッフ:私だよ!私が作ったのだよ、司令官なのにね
というか、なぜ君達がいるのかね
なぎこ:言わせんなよ……あんたの手料理が恋しくなったのさ
ゴッフ:騙されんぞ、心にもないこといいおって!
このマッカラはサービスだ
藤丸:(ちょろい……)
頼光:聞けば明日の朝に発たれるとか
せめて最後にご挨拶をと
なぎこ:りこぴんもかおるっちも、豪華クルーザーに興味あるんだってさ
中を探検させてもらっても構わないっしょ?
紫式部:図書室まで設置されてると聞きました
品揃えなど見せて頂ければ

三姉妹が船内を案内して頼光&紫式部を連れてった。
なぎこは花火を持ってきてた。
なぎこ:これはなぎこさんからのご褒美、みたいな?
北極で花火打ち上げる機会なんて、そう滅多にあるものじゃないしなー
エリセ:自分がやりたいだけでは?
なぎこ:さあ宴の始まりだぜい
今夜は寝られると思うなよ
エリセ:さっき羽目を外すなと頼光さんに言われませんでした?!
この人やっぱりカリンと同じタイプ……!
スカディ:どうだマスター、我が特異点は気に入ってもらえたかな?
まだまだこんなものではないのだぞ
道満:用もないのに揺さぶりをかけるとは、堂に入った悪役ぶり
これは御身(マスター)も気が気ではありますまい
藤丸:なぎこさーん、道満みつけたよ
なぎこ:ちゃんマスでかした
道満:拙僧は花火など……
拙僧の呪符と花火との一夏のまりあーじゅなぞをねだるのはやめなされ

太陽のようなキミたちへ

ハワイアンGENJIレベル5で開放。

ガレスがプールで迷ってた。
モルガン、バーヴァンシーと遭遇してた。
ガレスは思わずお母様と呼んでしまい、逃げた。
ガレス:あの方は異聞帯のモルガン様なのに……
なんという失礼を
伊吹:だ~いじょうぶ
お姉さんなんてマスターに召喚された後にカルデアの旅を終わらせようとした
それでもしょげない
むしろ元気爆発まである!
……なんてね、本当はあなたたちのことよくわからないんだ
わざわざ人理を取り戻すなんて、
どこもあんなに真っ白なのに
道満くんが言うにはあたし、精神構造が違うんだって
そもそも精神があるのか、心は神にあるのかとかさ
ガレス:あなたには心があると思います
マスターに楽しんでほしかったんですよね
スカディの願いも叶えたかった
好きな人に楽しんで欲しいのは、あなたの心ではないでしょうか
あなたは人の形をしています
人を想うから人の形を取るんじゃないかなって
伊吹:そっか、あたし人を想ってこうしてるんだね
ガレス:そうだと思います!
伊吹:眩しい-!
アネト号:(いいでしょううちのガレスは!)
伊吹:素敵で眩しくて強いガレスちゃん、
あなたにとっておきの呪いをかけてあげる
ガレス:魔術による賦活効果ですよね?!
それじゃあ意味がないんです
母でない人を母と呼んでしまったんです
それはとっても失礼な事で
なので私は反省しなくてはならず
魔術で元気になっては卑怯というものです
伊吹:まあまあいいから、それは体を元気にする術で心に干渉しない
その元気になった体でお姉さんと一緒に汗を流してみましょうか

出撃はNPCガレス(剣)のみ。

伊吹童子(狂)
夏の使徒(馬)2体

夏の使徒は攻撃アップ&クリ率アップがかかってる。

ガレスは攻撃アップ&攻撃時HP回復&NP獲得量アップ&Artsアップがかかってる
オーバーチャージ1回がかかってる。

伊吹はArtsアップ2ターン&Busterアップ2ターンを使う。

ガレス:気持ちが晴れてきたような
これも魔術の効果ですか
伊吹:NO
あなたは英霊、命は終わっても魂は眩しい
その魂の本質は眩しさ一杯の少女と見ました
アネト号:(ワカルー)
伊吹:マスターから聞いた話なんだけどね
女性の先生をママやお母さんと呼んでしまうこと、
たくさんの子が経験済みですって
あなたがやったのはそれとほぼ同じ、皆やってる大丈夫!
ガレス:でも恥ずかしいんです
思い出すと後悔が湧いてくるのです
伊吹:恥ずかしいの結構!後悔結構!
あなたの魂が躍動している証拠
あなたの生き様と名前は異聞の世に伝わるくらい輝いている
ガレス:なんだか心の底から元気出てきました!
あれれ?元気が出たら魔剣が反応した?

FGOアークティックサマーワールド ガレス霊基再臨

ガウェイン:霊基再臨とは
ランスロット:誰かを応援したいというので、ガレスの応援を頼んでみたが……
まさかここまでとは!

ガレス:私あの方に謝ってこようと思います
伊吹:あなたがそうしたいのなら、思うままにしなさいな

この霊基になったのはほんの気まぐれ。
しばらくはこの子達を言祝ごう。
この輝きをもうちょっと見ていたい。
この世の魂は全て輝いている。
どうにも喜ばれない失敗をしたわたしは
この霊基でいるうちは応援を続けてみようと思う
輝く魂たちが挫けぬように
どんなに昏く険しい道程を選んでいたとしても

第4節 レット・イット・オール・アウト

藤丸たちは魔氷城に着いた。
妨害はなかった。

アスクレピオス:妨害するなら船を寄こすまい。
なのに氷の魚の襲撃はする。
矛盾と言えば矛盾だが、聖杯でテンション上がった英霊はそんなもんか?
聖杯で米を炊く例がある。
計り知れない深淵が聖杯にはある。
ガレス:そういえばお腹が空いてきたような
ゴッフ:今朝もフルブレックファストではなかったかね?
追加で何枚かトーストを焼こう。
体を動かす若者はたくさん食べる
それは摂理のようなもの
パーシヴァル:その通り!
ゆえに可能な限り盛らねばだ
藤丸:パーシヴァルの幻が見えたような……
エリセ:私も見えた、たくさん盛らなきゃって言ってた
ゴッフ:若いのは全員腹ぺこか
次からは食事中に申請するように
LA:あれれ私は?
私だってみんなの妹だよ!
ゴッフ:楽園から来たマーリンの妹だったか
であれば英国の財産も同じ
バターマシマシでもてなそう
LA:(お腹減ってないけど、否定するとややこしくなりそう)
ゴッフ:そういえばマシュキリエライト!
シオン君のように怪しげな栄養パックで済ませてないだろうな?
マシュ:職員指定メニューAをいただきました
道満:なぜ焼きたてのパンが湯気を上げてるので?
燕青:道満の旦那もトーストとか食べるか?
道満:ではまあ馳走になりつつ
こおひいなぞ頂きましょう
それはそうと、例によって船と所長殿をお守りせねばなりますまい
此度も拙僧にお任せあれ
LA:じゃあ私が道満くん見張っておこうかな
要注意人物なんだよね、先生
アスクレ:そうだ
道満:はっきり言い過ぎですぞ
フォウ:フォウフォウフォウ
LA:キミが一緒に留守番する必要はないよ?
スルーズ:今回はぜひ同行させて下さい
新三姉妹は近衛の役目のはず
戦乙女の戦い方は最も理解しています
ゴッフ:今回は私も出よう
本特異点の元凶はカルデアが召喚したサバ
ならば私も無関係ではない
監督責任というやつだ
LA:それで所長さんは何をするんだい?
ゴッフ:調査と交渉、それと叱咤だ

城門前でスカディが現われた。

スカディ:もっとじっくり夏を楽しめばよいものを
エリア1つにつき一ヶ月くらい
だがこれを予想しなかった訳ではない
ゆえに封印を施した
エリアを巡った感想はどうだ
存分に楽しめたか、藤丸
藤丸:ここは自然には消えない特異点ですよね
スカディ:永遠の夏だ
そう決められたのだ
燕青:(妙に引っかかる言い方だな)
スカディ:お前達の出方次第だが、私としては荒事を望まんよ
できるなら我が魔力を費やしてでも、もてなしてやりたいのだが
アスクレ:もしかして魔力が足りないのか?
ガレス:スカディさんは聖杯を持っていますよね?
スカディ:私は忙しい、忙しいのだ
藤丸:まだちゃんと話せてない
スカディ:あまりそのように見つめるな
むううう、来いワルキューレたちよ
新三姉妹:戦闘同期開始
アスクレ:敵対意志はないと言ったのは嘘か?
リンド:スカディ様が第1段階霊基でいるのは負担だからね
現代風水着は着てみたい
でもどうにも恥ずかしい
そんな二律背反で詰問までされて、スカディ様はいっぱいいっぱいです
スカディ:余計なことは言わずともよい!
燕青:(マジ話なのか)
藤丸:水着霊基ちゃんと似合ってるよ!
スカディ:そう、か。そうか……
何と返答すればいいかわからぬな
そのう……
アスクレ:何だその反応は
数千年を生きた神ともあろうものが
まるで幼子のようだな
スカディ:極北女王が命じる
ただしに城の前から叩き出せ
ゴッフ:貴様はまだ藤丸の質問に答えてないぞ
ほっといても消えん特異点とか、洒落になるまい
なぜこんなことをする
よもや、何となく涼しげなプールに入りたいと思ったところに、
聖杯が転がってきてつい、とか!
そういうあれなのかね?
聖杯ごはん系列だったりするのかね?
ガレス:スカディさん何だか……
藤丸:顔色が悪い?
スカディ:私は極北女王だ
そのように定められたのだ
ワルキューレたち!
オルトリンデ:はい!
スカディ:いや、お前達ではなくて
イルス:僕たちだよ僕たち
スカディ:うむ、侵入者を撃退せよ
カイニス:てめえ、北欧の女王さまって話じゃなかったか
観光ついでに助太刀してやるよ
なあルーン使い
クーフーリン:誰がルーン使いだ

サポートはフレンドのモルガンにした。

リンド(殺)
エルン(殺)
イルス(殺)

スカサハ=スカディ(秤)
アークティックフィッシュ(馬)2体

三姉妹はQuickアップがかかってる。

こちらは毎ターンスター獲得

フィッシュは防御アップ&Artsダメージ減少&NP発生量減少&スター率減少。

スカディは攻撃ダウン&宝具不可&スキル不可。

燕青:妙だ、スカディあんたなんでそんなに弱い?
アスクレ:おまえは極度の体調不良を抱えているな?
クーフーリン:無理して命を失うのもあんたの自由だ
俺としちゃそろそろ白状するのを勧めるぜ
どっかの隻眼の神さんもそういうだろうよ
ゴッフ:まて命を失うと言ったのか?
完全な退去ということか?
藤丸:スカディ説明して欲しい

スカディは霊体化して消えた。

イルス:ギリシャの医神は正しいし、
お父様の匂いのする男の言葉もそうだ
スカディ様はどうしようもないほどに魔力を失って死にかけている

藤丸達、船に戻ってた。

藤丸:魔力を失っているのはいつから?
エルン:ほぼ最初からです
スカディ様はエリア担当の裁量を最大限にした
使用魔力に制限を付けなかったんだ
アスクレ:聖杯ならば補えると思ってたが、
補えていなかったというわけが
エルン:複数エリアで常時、魔力が大量消費されます
聖杯だけじゃもう
アスクレ:すぐに代わりの魔力源が必要になった、だな?
藤丸:スカディ自身だね
ゴッフ:この広さの特異点だぞ?!
流石は神と言うべきかスケールがでかい
しかしなぜそんなことをする?
イルス:訪れた人が楽しめる場所にする
あの人は毎日言ってた
なんとしてもそうするのだって
リンド:ルーンで各エリアと自身の魔緑接続を永続化しちゃった
だから無駄な魔力使用を控えるよう視察に回ったけど
エルン:どんどん弱っていって
お土産の宇治金時も召し上がっていません
アスクレ:僕に言える事は、このままでは死ぬと言う事だ
クーフーリン:魔力が尽きて霊基どころか霊核が消滅する
カルデアの霊基グラフから完全退去だ
藤丸:対処する手立てはないとは言ってないよね
アスクレ:そうだ、対処は可能だとも
現在のスカディは他人に輸血し続けているようなもの
ならばまずは輸血を止める
カイニス:はーなるほど
アスクレ:わかりやすいだろう、バカにもわかるように言ってる
カイニス:てめえわざわざ喧嘩売ってるのか?!
アスクレ:単なる事実だが……
各エリアと接続したスカディの魔力経路を断てばいい
原初のルーンで魔力経路は厳重に保護されているだろう
ゆえに必要なのは
藤丸:聖杯?
クーフーリン:聖杯を回収しちまえば特異点はおのずと収束する
まあ最大の面倒ごとが聖杯なんだが
藤丸:聖杯、あの城になかったりする?
巌窟王:漸く辿り着いたか、些かばかりまたされたな
藤丸:もしかして聖杯の場所知ってる?
巌窟王:女王の手に聖杯なし
城ではない、塔だ
舞台の裏で嗤う影、かの塔こそが奴の根城
まずは異聞の女王より話を聞け

巌窟王は消えた。

ガレス:つまりどういうことでしょう
クーフーリン:あの城に聖杯はない
他に黒幕がいる……とさ
アスクレ:スカディの口ぶりが気になってた
自分で作り出したにしては、はっきりとした言葉になってなかった
決まった、決められた、そのように言ってた
新しい方の戦乙女たち!
ヒルド:言い方!
アスクレ:スカディは自分で永遠の特異点を望んでいたか?
エルン:ちょっと違う気がします
永遠の夏と見まがうものにしたい、
その時の顔は楽しそうで夢見るようでもありました
でも決まったとか、決められたとか言うときは
オルトリンデ:楽しそうな感じではなかったんですね?
カイニス:誰かの入れ知恵かもしれねえってことか
ゴッフ:そこの女王に縁のあるキャスターはどう見る?
クーフーリン:あんたと大差ねえさ
何らかの強い意思が働いているが
姫さんとはどうにも気配が違う
ゴッフ:正真正銘の神なのに魔術師の知る神とはかけ離れた情け深さ
今までの言動を整理すると
聖杯を得た黒幕から特異点運営を任された
説明下手か、スカディ!
なんで悪人風を気取っていたのかな
クーフーリン:その方が盛り上がると入れ知恵されたんじゃねえか
ゴッフ:ぼんやりした言葉によるすれ違いはシェイクスピアの昔
いや神話時代からのお決まりだが、女神が実践せずともよかろうに

カルデアのシェイクスピア:唐突に批難されかけた気がしましたが、
無事に回避できた気もしますな
カルデアのアンデルセン:創作者は常に批難されてるとも
気にするだけ時間の無駄だぞ

アスクレ:アヴェンジャーの情報では聖杯はあの塔に格納されている
イルス:あの塔に侵入するには魔氷城を含めて
3つのエリアの封印を解放しなくてはならない
このエリアの封印は城の門と連動しています
アスクレ:スカディは要治療者。
僕の診るべき患者だ
さっさと封印解除して、城門をこじ開けねば
カイニス:俺達は塔の様子見てくっか?
北極圏なんざ元は海みてえなもんだろ
クーフーリン:こっちも多少は応用できる
塔内部に潜入できる確率は高くないが
周囲の下見くらいはやれそうだ
道満:では引き続き、船で留守を預かるといたしましょう
LA:そんなキミを見張っているよ
フォウ:フォウゥゥ

第5節 銀河の流星、北極サマーワールドに現る

ゴッフも船を下りていた。
三姉妹の話に驚いてた。

リンド:この城はランドマーク。
売上を得るよう設計されたエリアじゃない。ブリュンヒルデ:諦めるのは早い、違いますか妹達

新旧三姉妹は喜んでた。

シグルド:我が愛のあるところ、当方あり
藤丸:北欧最強カップルが来てくれた
ゴッフ:その言い方だと、最強カップルは複数いるのかね

クリームヒルトがくしゃみをした。
ジークフリート:おっと祝福を
クリームヒルト:ああ、魔除けのおまじないだったかしらね
ジークフリート:東洋では噂されるとくしゃみをするそうだ
クリームヒルト:噂をする人は多いでしょうね
多くの英雄がそろうカルデアでも、私目立つから

リンド:各員、戦闘同期開始
マシュ:これは敵性反応です
アスクレ:ブリュンヒルデを敬愛する戦乙女にとって、
シグルドは不倶戴天の敵
カルデアのスルーズたちもかつてはシグルドに殺意を向けたと聞く
藤丸:峰打ちで行こう!
シグルド:おまえはあちらにつくがいい
我が肉体をもって想いを受け止めるのみ
当方におまえがいては妹達は存分に想いをぶつけられまい

NPCシグルドは強制出撃。
サポートはNPCアスクレピオスを入れた。

リンド(殺)
エルン(殺)
イルス(殺)
ブリュンヒルデ(狂)

シグルドはガッツ3回&タゲ集中。

三姉妹は竜特性3ターン付与。

ガレス:愛すごいです
エリセ:愛、こわいな……
シグルド:落ち着いたか妹達
リンド:一通り戦闘して落ち着いた
エルン:大英雄は伊達じゃありませんでした
イルス:ボクたちには殺せない
アスクレ:当方に策あり、そう言ってたな?
シグルド:まずは見るがいい、この城門前を
広場と言っても過言ではない
我ら英霊ならばすぐにできる催し
つまりヒーローショーである!
売上は露店を出して来客に金を落としてもらう
アスクレ:ヒーローショーとはどんな出し物だ
エリセ:演劇?
子どもに人気のヒーローが出てくるアクション多めの
ゴッフ:いかに人理が漂白されているとはいえ、版権関係は避けておくべきだろう
シグルド:当方の役柄は決まってる
藤丸:赤い瞳の方のシグルド!
ブリュンヒルデ:わたしもそれなりに自信があります
エリセ:怖い怖い怖い
新三姉妹:(お姉様かっこよすぎない?)
旧三姉妹:(お姉様は何してもかっこいい)
ゴッフ:やられ役はワルキューレでいいな?
オルトリンデ:そうですね
ヒルド:やられ役ってなに?
スルーズ:その情報、同期してませんね
オルトリンデ:先週カルデアのライブラリで録画データを見て……
ゴッフ:ヒーロー役はどうしたものか
藤丸:ここは本職に頼んでみましょう
燕青:露店なら最初のエリアにあったな
交渉してくるか!
ガレス:体力が必要な仕事ですね、私が参ります
燕青:先に頼光さんのエリアに寄ろう
ガレス:あ、紫式部さん!
燕青:ライダー霊基だったろ
宝具借りれば露店の移動がスムースに進む
それに温泉まんじゅうも販売してもらうかね

ヒロインXXが露店に釣られて現われた。

燕青:ここで会ったのも何かの縁ってね
イカ焼き食べます?
2つ買っちゃったし、1人じゃ食べきれないし、冷めちゃうし
ヒロインXX:冷めてしまうのはもったいないですね
宇宙空間のイカにはろくなのがいませんが
地球のおいしいイカは最高です
藤丸:じゃちょっとアルバイトしていきましょう
ヒロインXX:な、何ですかそれ
もしやわなですか?!
燕青:ちょっくら付き合ってくれよ
イカ焼きおごるからさ!
ヒロインXX:詳しい話を聞きましょう

シグルド:俺はデスソードファイア
ダークラウンズ残党にしてスペース神陰流残党
封印されし闇の魔人の封印を解く事に成功した
来い!魔人チェーンソーガール
ブリュンヒルデ:チェーンソー
シグルド:さらに来い!悪キューレ軍団
エリセ:ちびっこのみんな、ヒーローを呼ぶよ
ちびっこサバ:謎のヒロインXX~
太歳星君:なぞなぞのヒロインXX~
ラムダ:見た目通りに子どもっぽいのね
たまには分かり易い勧善懲悪もいいでしょう
その情緒、ドッカドカに育ててあげるわ
ヒロインXX:乗着!アーヴァロン
おまえたちには処刑法を選ぶ権利がある

ヒロインXX、エリセ、燕青のみ出撃。

ワルキューレ(殺)4体
チェーンソーガール(狂)ブリュンヒルデ
デスソードファイア(剣)シグルド

シグルドは宝具威力アップ1回3ターンがかかる
ブリュンは攻撃時、防御ダウンがかかる。
ワルキューレがいる間は全体にダメージアップがかかる。
ワルキューレは自身にQuickアップ2ターン&Artsアップ2ターンを使う。

こちらは攻撃アップ5ターン&毎ターンNP獲得5ターンがかかる。

エリセはタゲ集中1ターン&被ダメージで相手の防御ダウン3ターンがかかる。

マシュ:ショーは大盛況、露店の目標額も間もなく到達。
ゴッフ:特殊効果のレベルも高いからな
LA:今回は休憩もとい見張り役だったのに。
幻で演出するくらいなら、まあ私もできるけど
アルトリア属っていうの?
私も我が王に貢献できたみたいで楽しかった
ゴッフ:城門が開き次第、スカディの身柄を確保せよ

城に入ると私服スカディが待ってた。
燕青:あんた、その霊基の方が魔力消費が少ないな?
スルーズ:このままでは貴方は退去してしまいます
残るは魔力バランスを崩して破綻した特異点だけです
スカディ:私がここで意地を張っても意味はないので
しかし私は二度と世界を……

藤丸が倒れた。
スカディに誰かが聖杯を渡す過去視が見えた。
「あの方」の使者=道満っぽい口調。
世界が消えるなら新たに作ればいい。
人を愛する者を探せ。
1年の時がかかりましたぞ。
スカディ:そうとも、看過できぬ。

藤丸:聖杯は預かったものなんだね?
アスクレ:白昼夢を見たか
契約中の英霊とマスターならではだな
道満:聖杯の真の所有者など些末
スカディ殿は確かに望まれたのです
それでよいではありませんか
燕青:気配を感じなかったなー
道満の旦那、何かしこんでた?
藤丸:道満が聖杯を渡した?
道満:誰1人として驚いておられないのでは?

アスクレ:(驚いてない)
燕青:(驚いてないが気配殺しは驚いた)
ゴッフ&マシュ:(驚いているが予想はしてた)
エリセ:(驚いてる)
ガレス&アネト号&旧三姉妹:(驚いていない)
新三姉妹:(わからない)

道満:この道満、この刹那を楽しみにしておりましたのに
アスクレ:夏だけ取っても二度目
懲りるという事を知らないのか?
道満:だからこそでございます
なぜなら前回は夏服ではありませんなんだ
その無念がこうして我が身を奮い立たせたのです
アスクレ:対策くらいはしているとも
キルケーとメディアから預かったものだ
道満:拙僧といえども逃れられるものではありますまいな

道満は弾けて消えた。

ガレス:中からキャンディが出て
アネト号、食べちゃダメですよ
アスクレ:変わり身か!
燕青:裏の読み合いとなると専門術者が上手かね
ゴッフ:あの悪びれないテンション、引っかかるものがあるな
藤丸:道満は「あの方」と言ってた
それに道満、楽しそうに見えなかった
ガレス:乗り切れてない感じというか
ンンンンンでなく、ンンソンンなんですよ
ゴッフ:ソ?ソなのかね?
ガレス:ソです!
スカディ:ふふふふふふ
おかしいな、お前達は、何とも大したものだ
あの者の背後にいる者に私は一度は呑まれた
神さえ呑む相手を前に、そうかソか!
ふふふふふ
大した度胸を身に着けたものだ藤丸
それとも持ち前の気性かな
私の負けだ、私も特異点も好きなようにせよ
ナイチンゲール:クーフーリンから緊急連絡を受けました
要搬送患者を発見
ドクター!
パラケルスス:どうも
アスクレ:看護師と共に特異点の医療担当をしてたのだな?
パラケルスス:そしてたった今からあなたもその一員となります
ナイチン:ドクターアスクレピオス協力願います
ただちにこの場を臨時診療施設とします
スカディ:いや私は魔力が消耗してるだけで……
アスクレ:霊基維持で精一杯だろう
ただちに魔力補給を行う
スルーズ:リンド、オルトリンデ、マスターに同行して事態解決に尽力しなさい
ゴッフ:我々は朝になり次第出航
残る封印2つを解除してタワーへ向かう

第6節 鬼屋へようこそ

船の留守番をくじで決めてた。
エリセが留守番になった。
燕青:誰か来たらマスターに連絡する事
ゴッフ:あと私の護衛もね

藤丸達は中華風お化け屋敷にいた。
燕青:俺的には懐かしい雰囲気だな
武則天:よくぞ来た
ここは皇帝たる妾が支配する遊び場である

FGOアークティックサマーワールド武則天

ガレス:武則天さん、大きくなってないですか
武則天:此度は水着霊基、肉体年齢が成長した感じになっているのである
今までの妾がぱーふぇくと美少女なら、
今回の妾はぱーふぇくと美女
燕青:俺的にはこっちがいいねえ
いつもの姿だと歴史に残る女帝とは思えなくてな
突っ張ろうにも突っ張れなかった

この屋敷では酷吏たちがキョンシーをやってた。
LA:聞いたことはある
死体を埋葬せず放置すると発生しちゃうタイプと、
出稼ぎ先で死んだ者を故郷に届けるため、
道士の術で半自律行動するタイプ
武則天:恐怖こそが我が支配域のキーワード
お化け屋敷の要素を主としたエリアなのじゃ
藤丸:幽霊系苦手だったんじゃ?
武則天:元々苦手などではなかった!
妾はこのように道術の心得もあったのじゃ
それを用いれば幽霊とか恐るるに足らず
水着になった衝撃で思い出せたからよかった
リンド:(あれ?でもなんだか……)
燕青:最初から予告されると恐がれる自信はないな
武則天:事情があって妾が来てしまった、許せ
せっかくのぱーふぇくとぼでぃ、
マスターに見せたい、
否見たがるであろうから
それに応えるのも女帝の努めじゃな
(酷吏が耳打ちした)……なに、ズレてしまったか、仕方あるまい
来客100組目でぱれーどをする予定じゃった
貴様らは99組目の様子
しかし、にあぴん賞として特別な栄誉を与えよう
女帝自らの納涼キョンシー体験かの

サポートはフレンドのモルガンにした。

酷吏殭屍(剣)2体
武則天(術)

殭屍は攻撃時に呪い3ターン付与。

リンド:恐れを知らないのはいいよね、勇士っぽい
燕青:死後硬直のある硬い体の効果的な殴り方とか練習できねえもんな
ガレス:気を抜けば血を吸われる緊張感
なかなかの納涼体験でした
LA:1つきになることがある
どうして客がいないんだい?
もしかして客足が遠のいてる?
武則天:妾の予想では繁盛しておるはずであったが
入場者でーたをもてい!
……思ったより高評価がでておらんではないか
妾の国に問題が起こっているのであろうか
藤丸:一緒に見て回ろうよ
武則天:よかろう、御簾の向こうでふんぞり返るのが女帝ゆえ
表を出歩かぬようにしていたが
こうなれば黙っておれぬ

憎い憎い憎い
死ね死ね死ね
刑部姫:ぎゃああああ
これダメだって!
私妖怪だけで無理だって
ガチすぎるから!

遊ぼう遊ぼう、ね?
約束今度はオマエが人形ダ
イリヤ&クロエ:きゃあああたすけてー

藤丸:恐怖レベル上げすぎでは?
武則天:はて?妾としてはぬるめと感じるが、
自分を基準とする愚は犯しておらん
こうまでする予定であったであろうか
責任者を呼ぼう
酒呑童子:よばはった?

FGOアークティックサマーワールド酒呑童子

藤丸:ここで何してるの?
酒呑:お仕事やお仕事
人怖がらせるんは得意やし?
武則天:妾の言うとおりにやっておるのであろうな?
酒呑:当然や、こんな符を貼られてしもたし
道士の姫さんに逆らえへんわ
藤丸:(嘘の気配)
酒呑:ここはわざわざ恐がりにくるところやろ
できるだけ怖いのがええ
ぎりぎりのとこを攻めるのがええわ
やりすぎ?そんなことあらへんわ
ぎりぎりでええ感じやろ?
燕青:さっき見たのはトラウマレベルの恐怖体験!
って感じの悲鳴を上げる客だった気がする……
酒呑:それでええんよお
さまあわーるどに噂が広まって、どんどん盛況になるかもわからへんねえ
LA:噂は私のエリアには届いてなかったな
他のエリアでもそういう話は聞かなかった気がする
酒呑:じゃあ旦那はんも噂聞いて来てくれたんと違うん?
藤丸:塔を目指している最中だからね
酒呑:せっかく久しぶりに鬼らしゅう、人怖がらせて回っとるのにな
牛女は別として誰も彼も鬼退治をおろそかにしすぎちゃう?
せっかくのキョンシー童子やのに
藤丸:(さては全部わかっててやってる)
武則天:とにかくベストを尽くしておるということじゃな?
酒呑:せやな(断言)
武則天:ならば出し物の方向性に問題はない
むしろ足りぬと
恐怖を増やした方が客足は伸びるはずということじゃな
ガレス:あれ以上の刺激を与えるのは危険では!
燕青:さすがに考え直した方が……
藤丸:この音は!
武則天:100組目入場の合図!
LA:何やら大きめの術式が動き始めたね
武則天:用意しておったぱれーどの仕掛けじゃ
あふれ出る霊が踊り狂い、キョンシーたちも跳ねまくる!
酒呑:御坊もええ仕事するやないの
LA:それなりの数の死霊悪霊が蠢いてる感じだよ
ガレス:100組目のお客さんを探しましょう
襲われているかもしれません

藤丸達はゲートに向かった。

燕青:何もしてない?
オルトリンデ:霊の群が怯えているような、遠慮してるような
伊吹童子:あっ!
やっほーマスター、元気してる-?
武則天:貴様確か……
伊吹:ここはあたしとあなたで担当するエリアでしょ?
武則天:そうじゃな話は聞いておった
ナントカ童子と共同担当の予定であると
しかし皇帝たる妾が立場が上なのは確か
ならばもう1人は実務的な主任扱いであろうと認識しておった
で、近くにおったナントカ童子を主任としたわけであるが
藤丸:つまりやってはいけない童子間違いを……
酒呑:そこに誰かいてはるん?
誰かと間違われたのなら、業腹やなあ
伊吹:またいつもの靄いるのー?
酒呑:よう聞こえへんけど何か言うてへん?
伊吹:この靄いると温度上がらない?
武則天:待て待て、妾は妾の目を信じる
ミスもしとらんのに解雇などはせぬぞ
今まできちんと働いてくれたしな
妾は今までの主任を優先する
貴様はただの客として楽しむがよい
伊吹:あらそうなんだ
酒呑:へえ?うち他人の評価なんて気にしいひんけど
この靄と比べてうちを取るゆうんなら悪い気はしいひんねえ
さっそくやけど、ここらの霊はどないするん?
武則天:こやつらも利用すれば良い
脅かし要員として組み込むのじゃ
酒呑:やるだけやってみるわあ
あの御坊、ばっくやあどで微調整できるようしとったさかい
武則天:妾は忙しい、案内はここまでである

ガレス:この状況を利用すると言ってましたね
燕青:そのうち人っ子ひとりいなくなりそうだ
リンド:対霊戦闘に自信ある勇士が集まるんじゃ?
燕青:そういう奴が来る可能性はあるが、
封印解く儲けには繋がらんだろうな
伊吹:お姉さん決めちゃった
あっちがその気なら、こっちはマスターに付くしかないわよね
お姉さん応援モードになっちゃう!
ガレス:この感じ行ける気がします
大暴れしている悪霊を片付けましょう

伊吹童子は出撃固定。
サポートはフレンドのマーリンにした。

ゴースト(殺)6体
テラーゴースト(殺)3体

こちらに攻撃アップ5ターン&防御アップ5ターンがかかる。

ガレス:この悪霊、私の剣を見てる?
この感じ……イロンシッド卿?
燕青:もしかして因縁の相手か?
藤丸:もし知ってる相手なら鎮めてあげよう
ガレス:これがいわゆる縁というもの
連鎖召喚という事象があると聞いてましたが
まさか私が遭遇するとは
この魔剣こそは貴公の魔剣
貴公を斃した私が継いだ私の宝具です
我が魔剣イロンシッドにて鎮めてみせる

ガレスは霊衣が変わった。

ガレスのみ出撃。

悪霊剣士イロンシッド(剣)

イロンシッドはBuster攻撃減少&NP発生量減少&スター率減少&攻撃アップがかかる

ガレスはオーバーチャージ1回とオーバーチャージ永続がかかる。

ガレスはイロンシッドを消滅させた。
フォウのテンションが高かった。
燕青:神代の魔力とか好物だったりするのかね
ガレス:このままバックヤードへ流れ込みましょう

酒呑:呼び出した霊、減っとるんちゃう?
武則天:ならば追加で呼べばよい
藤丸:そこまで!
ガレス:怖すぎるお化け屋敷は体に毒!
これ以上はいけません
燕青:経営改善どうこう以前の問題だ
伊吹:こっちに付いてよかったわあ、なんだか楽しい!
酒呑:靄がふざけた感じで揺れとる気がするわあ
武則天:例え悪い流れが見えていようとも
運営を止めるわけにはいかぬのが国というもの
手持ちの材料で誤魔化しながら、理想を信じてやりくりする
それが支配者の腕の見せ所じゃ

サポートはNPC伊吹童子にした

武則天(術)
酒呑童子(殺)
ぱれえどごおすと(殺)

敵全体に毎ターンHP回復&弱体付与率アップ。
ぱれえどごおすとは攻撃時に恐怖1回3ターンを付与。
酒呑は毎ターンチャージプラス。
酒呑は防御無視を使う。

こちらは開幕でNP30%上昇。

酒呑:なんやろ、腹立つけど力抜けるわあ
武則天:労働力になりうる霊がいなくなってしまったではないか
止めろというなら対案を出せ
燕青:お化け屋敷って仕組み自体が難しくないか?
サバの他に動物が来るんだろ?
ルーンの影響下の動物は何を恐怖と感じ、驚きと感じるのか、常人とは違うだろ
武則天:皇帝いんすぴれーしょん!来たぞわかった
ならば1人1人の客に合せた恐怖を与えてやればよい
すなわちおーだーめいどである
LA:あの使い魔のような彼女たち、とても優秀だね
武則天:当然である
国を運営する手足、優秀な官僚じゃ
告密羅織経というハウツー本を完璧に理解し実践したエリートである
酷吏:マニュアルを読み込み、その通りに動くのが得意です
LA:だったら、新しいマニュアルを作るのはどうだろう
無数のパターンに対応できる性能だもの
お客さんの恐怖受容レベルに対応して、
ちょうど心地よい恐怖を演出できるマニュアルさ
まず入口に恐怖受容レベルを感知する仕掛けを作る
キャストはレベル別にマニュアル化された演出を行う
精神を読み取る礼装くらいはできるとも
武則天:その方式に対応したマニュアルを作ろう
それが完成した暁には、すーぱー黒字大回復時代の幕開けである
とはいえじゃ、一時の安寧に胡座をかいておっては、国は傾くやもしれぬ
妾はさらなるぱーふぇくとな妾となるべく、
貴様らに付いて行く事にしたぞ
藤丸:このエリアはほっといて大丈夫?
燕青:いずれ消える特異点など、どうでもいい
なんてドライに考えないんだよなマスター
マシュ:それが先輩です!
燕青:眩しいねえ、そういうの好きだぜ
武則天:妾がいなくても問題ない
頼りになる主任がおる
妾の代理に格上げじゃ
酒呑:えー?うちやる気なくなってきたわあ
腹立つ靄にええようにされて
なんや意味がのうなったみたいやし
藤丸:そろそろ金時もこのエリアに来るかも?
酒呑:そうなん?
せやったらもうちょい、ここで遊んどってもええやろか
でも儲けられるかはしらへんよ?
武則天:マニュアルに沿ってやればよい
その為の酷吏達じゃ
酒呑:そんなわけやから靄はどっか行ってくれへんやろか
伊吹:何を言ってるかわからんないけど、
あたしもよそのエリアに行こうかな
せっかくだしマスターに同行しようかな
LA:私はシステムの調子をチェックして戻るよ

刑部姫:ぎゃー!
びっくりした
うへへへ、なんか笑っちゃう
ガネーシャ:そのぎゃーって悲鳴はいいんすか、姫さん的に
刑部姫:いいの!今の時代はこういう親しみやすさが求められてるの
にしても、ほんとにちょうどいい感じになってよかったね

イリヤ&クロエ:きゃー
イリヤ:あー怖かった
クロエ:前の怖さは何だったのかしら
今回はバリア役にミユも引っ張ってきたけど、必要なかったかも
美遊:(悲鳴を上げるイリヤが私に抱き付いてくるなんて、
他では味わえない……ふふ)

アーサー:おや?
見知った気配があったような気がしたけど
LA:はーびっくりした!
ただのマーリンお兄ちゃんの妹である私には関係ない相手だけどね、うんうん
面倒な事態は避けたいものだけど、
それをギリギリで回避する行為はスリリングで心地がよい
あ、なるほど
こういう気持ちなのかな、お化け屋敷

水着奶奶

ほーんてっど鬼屋レベル5で開放。

楊貴妃が怒ってた。
ふーやー姐姐の水着霊基を決めたかったと。
それに幽霊が苦手だったのに霊とか屍体をぶいぶい言わせる。
ぜったいおかしいと。
カーミラ:同意しかないtrue question
そこに潜むsceret sign
秘密や謎があれば知りたくなるのが怪盗
楊貴妃:ふーやー姐姐の身内(義理)としては見過ごせない

武則天は幽冥娘娘=エレシュキガルをもてなしてた。
武則天:冥界的にはこうした方がぞくりとするとか、
霊はこの角度でぶら下がらせるとよいとか、
そういう意見があればどんどん頼みたい
妾も冥界運営の相談があれば受け付けてやらんでもないぞ
エレキ:ええー?(ガルラ霊がへんな拷問とか覚えたら困る……)
楊貴妃:いままで霊さんたちにビビって、
見切れるくらい距離取ってたのに!
ダレイオス三世:イスカンダルううう
武則天:興奮のあまり不死の軍団が漏れておる
エリアの賑やかしとして丁度よい
ガイコツが普通に歩いてナンボじゃ!
楊貴妃:あんなガイコツ軍団でも全然怯えてない?!
心の底から平気っぽいですね……
藤丸:苦手を克服したんだからよかったとも言える?
楊貴妃:せめて理由を知りたい気持ちは変わらず……
弱点のないふーやー姐姐なんて、
甘くなくなったライチみたいなものじゃないですか
夜中に姐姐のベッドに忍び寄って霊のフリして脅かせる遊び……
いや親睦の深め方もできなく……
カーミラ:貴方じゃなかったら腕の2、3本はなくなってるわよ
楊貴妃:これでダメだったら新しいふーやー姐姐を受け入れましょう!
藤丸:何、そのツボ?
楊貴妃:これは通りすがりの法師さまからいただいたアイテム
ふーやー姐姐を霊ガタ(霊にガタガタ)にする……
かもしれない、するといいな、する可能性が、
なきにしもあらず、なモノが入ってるのだとか
カーミラ:嫌な予感しかしないわね
楊貴妃:というわけで封印っぽいお札をぺり!
武則天:超巨大ゴースト?!
さては商売敵からのカチコミとみた
であえ、酷吏キョンシーズ
藤丸:止めるのを手伝おう
カーミラ:自作自演のようなものだけど、
支配人から謝礼を恩をサクッと盗んでしまおうじゃないの!

サポートはNPC武則天にした。

霊ガタ必至な怨霊(殺)

怨霊は攻撃時低確率で恐怖1回3ターンを付与。

武則天:こら楊玉環、貴様が元凶じゃな?
楊貴妃:ふーやー姐姐がびくびくしてるのが可愛かったのにー
あれが見れないのはユウユウには拷問なのです
武則天:一から十まで自分都合してびっくりする
さすがは国を傾かせた女よ
つまるところ、妾がより完璧により皇帝らしくなったことで、
妾が手の届かぬ高みに行ってしまった気がして寂しくなった
……ということじゃな?
あの天下の楊貴妃すらも憧れと羨望、嫉妬の眼差しを向ける
それが今の妾というわけじゃ
カーミラ:(自分が優れている証明になるなら、逆におっけーな気分かしら)
武則天:血の繋がりはないが貴様は身内じゃ
孫の嫁と飲茶してやるくらいの優しさは持ち合わせておるぞ
楊貴妃:じゃあ前みたいに私が夜中におばけのふりして脅かした後、
私の胸に顔を埋めて可愛く殴りながらも
泣き疲れてそのまま眠っちゃうイベントも
また期待できるんですね?!
武則天:そ、そんなことしとらんし!
無理じゃ無理、二度とそんな可能性はない
楊貴妃:わーん!
カーミラ:どうして水着になっただけで霊が大序部になったのかしら
武則天:元々苦手ではなかったぞ、ほんとじゃぞ
それはもちろん、妾がこの道術を思い出したからであるぞ
藤丸:(何か変だよね)
シグルド:すまない通りがかりである
我が愛の為に飲み物を買いに行く途上だった
足を止めたのは武則天にルーンの気配がしたから
種類としては忘却のルーンに類する
それも原初のルーン
術者はスカディだろう
マスターとのパスを利用して顕在化させてみよう

武則天の回想だった。
武則天は水着になれなかった。
スカディ:クラスを変えればルーンが効く。
キャスターなぞどうだ?
武則天:素養はあろう、道術を学んでおったからな
しかし……効かんかったのじゃ!
宮廷に霊が出る噂が立ったとき
様々な呪いや術を試した
あれだけ勉強し、身に着けたものは何の効果もなかった
妾が毒を盛った女の霊、謀殺した政敵の霊、消す事は能わず……
自らの術を信じておらぬ者がキャスターなぞになれるわけがない
現実には楊玉環にせがまれてらいぶらりで見た映画のように
道術で屍体をばったばったと薙ぎ倒すとはいかんかったのじゃ
スカディ:そこまで原因がはっきりしてるなら対処のしようもありそうなものだ
リンド、これこれこのようにしてみるとよい
武則天:水着霊基になっておるではないか
そういえば妾、道術が使えるのであったな

藤丸:……みたいなことがあったんじゃないかと
楊貴妃:つまり道術が効かなくて捨てたことを忘れてる?
カーミラ:心を盗むのは一流の怪盗の条件よ
あれは水着霊基になる必須だった
楊貴妃:水着じゃなくなれば?
シグルド:紐付けられたルーンの効果は失われる
忘れてたものは思い出される
楊貴妃:季節限定ならいいかな?
藤丸:いつもどおりがいいかもね
楊貴妃:ふーやー姐姐は努力の人
どんな苦手でも人にぽんと消してもらって
はいおっけーなんて納得するはずありません
武則天:妾の美から目が離せんのはわかるが
いくらなんでも長すぎはせんか?
楊貴妃:最後に確認したいので、もう少しだけ前向いてもらっていいですか?
……見つけてきました!
フォウ:フォウ?
楊貴妃:別の苦手に関してはどうかなって
武則天:ぎゃー、ねこおお?!
楊貴妃:ふむふむ水着でも猫は別と
普段より成長した体での姐姐の新鮮な猫反応が見られるかもですね
武則天:玉環、きーさーまー
楊貴妃:酷吏キョンシーを盾にして私をロックオン?!
今のはちょっとした悪戯というか、基盤に猫とか狆をダイブさせた的な
そう、愛のなせる技で……
武則天:ちょうどよい、ここは恐怖を与えるエリアじゃからな
そこを動くな、玉環
楊貴妃:いやー逃げます!

第7節 修練場・ラ・グロンドメント・デュ・ヘインランド

ラ・グロンドメント・デュ・ヘイン=ジャンヌオルタの宝具「吠え立てよ、我が憤怒」

また留守番くじ引きしてた。
オルトリンデが当番となった。
オルトリンデ:リンド、いつでも情報同期してくれて構いませんからね
リンド:はいはい、オルトリンデは英霊になっても変わらないね
オルトリンデ:ワルキューレは本質的に同一で、
変わったりする事は基本的には……
リンド:んふふ、それだよそれ
伊吹:仲良しの姉妹さんなの?
武則天:北欧の大神の娘達、ワルキューレであったか
自動機械とか勇士の魂を集めるとか
伊吹:あーはいはい、人にしては無垢な感じがすると思ったら……
武則天:普通知ってるものではないか?
変な英霊、いや神霊じゃのう
伊吹:そっかな、あはは
燕青:(神話にも歴史にも興味ないって感じかね
星は見ても足下の虫は見ない
視座が高すぎる奴)
伊吹:ん?なに?
燕青:何でも?
(怖えよ、予備動作なく視線合せるか普通
蛇に睨まれた蛙ってやつ、しかも蛇に殺す自覚がねえんでやんの)

第6エリアはミニサバフェスやってた。
ジャンヌオルタが案内してた。
ジャンヌオルタ:絶賛修羅場なのよ!
あんたたちが自分で売上を獲得するしかないエリアなの
燕青:あんたの瞳、濁ってない?
武則天:ドス黒く見える
伊吹:クマできちゃってない?
ジャンヌオルタ:これは修羅場作家が漂わせるアレな感じのアレだから
これから1日5ページで間に合うはずなのよ
藤丸:ダメそうだ……
燕青:何かマンガ描いて売ればいいってことかい?
ジャンヌオルタ:端的に言えばそうよ
マンガじゃなくても小説とか写真集とか
スカディ:なるほどマンガを描くのか
藤丸:あれ?なんでいるの?!
ジャンヌオルタ:もう1人の大人しい、清純派な方?
燕青:スカサハが聞いたら朱槍が飛んできそうだな
ガレス:絶対安静というお話だったかと!
スカディ:私はもう大丈夫
藤丸:ん?いま……あれ……?
スカディ:船に顔を出すだけだったが、船を下りてたからな
ジャンヌオルタ:マンガ描いた経験ある?
スカディ:マンガの技術は……ルーンでなんとかしよう
燕青:ん?伊吹童子どこいった?
ガレス:辺りを見てくると仰ってました
スカディ:まずはネームだな、さらさらさら~
ジャンヌオルタ:できてるー?!
ガレス:スカディさんマンガ家の才能あったんですか?
いえ、この場合はルーン魔術でマンガが描けるようになる才能
LA:どんな物語を描くつもりなんだい
スカディ:ひとつ思いついたものがある

むかしエンクロミアという世界があった。
巨人族と人間族が1000年戦い続けていた。
長きに渡る因縁を払拭すべく和解の道を選んだ。
その証として、2組の夫婦を。
巨人族の花嫁は人間族の花婿を。
人間族の花嫁は巨人族の花婿を。
選ばれた2組の生け贄。
彼ら彼女らは立ちはだかる壁を乗り越え、平和を取り戻せるのか。

スカディ:どうだろうか
ガレス:マンガ読みたいです、なるはやで
ジャンヌオルタ:前々から考えてたんじゃないの?
スカディ:どうだろうな、かもしれん
ジャンヌオルタ:サバの創作は自由
次のサバフェスはそろそろ
まずはここで前哨戦ってわけよ
シールダー、あんたはカルデアなのね
マシュ:残念ながらオペレーターです

藤丸達はマンガを描く為、ホテルへ向かった。

ジャンヌオルタ:……にしてもさっきの話、割と良さそうだけど物凄く危険ね

藤丸:ルルハワと同じ部屋って……
スカディ:ぴんと来たぞ、おまえ絵が得意ではないか?
燕青:ジャンル次第だな
背景の手伝いくらいならいけるぞ
ガレス:私は一応の制作経験があるほぼ素人です
エリセ:私は作画と仕上げとプロットとネーム以外なら……買い出しとか?
LA:私はみんなを24時間元気にさせるしかできないので、頑張ってくれたまえ
リンド:オルトリンデと同期したらわかった
アシスタント回りならちょっと手伝いできるかも
武則天:妾は何もせぬぞ
皇帝として誰かの下働きはできぬ
が、背景によい調度品を描きたかったら呼ぶがいい
こう見えて目利きなのだぞ
スカディ:異なる世界の調度品を描くなら
私の知らぬものを参考にした方がよさそうだ
中原の女帝、せひ力を貸してくれ
武則天:力を貸すならよし、くるしゅうない
藤丸:雑用含め全般!
スカディ:堂々とした物言いから重要な役目とみた
ではマンガとやらを描いてみよう

サポートはフレンドのコヤンスカヤにした。

ネーム完成(狂)
ペン入れ完成(狂)
背景その他完成(馬)

思わぬ落とし穴?(狂)

ガレス:これは……これは……これは、すごいですよ
マシュ:私達はいま、すごいものを読んでいると確信できます
燕青:正直、たまげたね
リンド:これはいいものだと思う
スカディ:物語を紡ぐとは、思いのほか心が高ぶるものだな
LA:ラブストーリーとファンタジーが融合され
深刻な社会問題にも目を向けつつ
大きなテーマと感情の導線が巧みだ
マシュ:私は巨人の花嫁と人間の花婿が、背を向けて語り合うシーンが好きです
わかり合おうとする優しさと、
言葉に出来ない苦しさが詰まっているようで
エリセ:私のその場面には震えた
花嫁がぎこちないけど、愛想笑いじゃない笑顔を見せるようになって……
ガレス:私は人間の花嫁が巨人の花婿を守るように前に出るシーンがたまりません
燕青:冒頭の爺さん婆さんが生け贄決めるとこかな
権力者の横暴は嫌だよねって思わせるけど、
その根底に流れる平和を求める心だけは認めなきゃいけねえなと
無頼漢にして侠客たる俺がそう言っちまうくらいにな
アネト号:ばうばう
燕青:アネト号もそう思うか!
フォウ:フォーウ
燕青:こっちはどう考えてるかわからんな
スカディ:この原稿に問題はなさそうか?
藤丸:全然ない!

ガレスはジャンヌオルタに本にする話をしに行った。

伊吹:ジャンヌオルタちゃん修羅場中で、代わりの子が確認してくれるみたい
ジャンヌ:おや、みなさん大挙してどうなさいました?
スカディ:この原稿を本にしようと思う
ジャンヌ:タイトルはエンクロミアの暗涙
……素晴らしい
これはとんでもないものを作ってしまいましたね
こんな物語をこのエリアで迎えられるのを誇りに思います
あとは私にお任せ下さい、万事進めます
……と、どうしましたオルタ?
ジャンヌオルタ:こっちも何とか脱稿
ジャンヌ:スカディさんのマンガ見ますか?
ジャンヌオルタ:……止めとくわ
概要ざっくり聞かされたし
それを読むには心と体の準備が必要
死ぬ程痛いから普段は活用しない、書文のマッサージ受けてくるわ
藤丸:オルタ、どうして?
ジャンヌオルタ:あんたたちの為よ
すぐに自分が何を作ったのか理解するわ

スカディ:私のマンガ、よくないところがあったのだろうか
武則天:あやつは隔意を持ってるわけでもなし、気のせいだと思うがのう
エリセ:気難しいですからね
リンド:これは面白いよ、自信持って
LA:私としても早く続きが読みたい

伊吹:え?スカディが不安がってる?
燕青:そ、いいできなんだがねえ
伊吹:あれは面白いんじゃないかしら
あたしが読んで、なるほどってなるもの
燕青:(言い方が怖いんだよな、神さん)

エンクロミアの暗涙、すごく売れた。
ジャンヌ:即再販です
武則天:再販とはなんぞ?
ガレス:同人作家の到達点のひとつかと
スカディ:みながあの物語を楽しんでくれたなら……うん良いな
ジャンヌ:こちらファンレターです
エリセ:眩暈がするほど多い……

くろひー:何ちゅう大作を作り出してもうたんや
互いの粗を見つけようとした花嫁と花婿が
互いの長所を見出す瞬間……
泣きました
拙者、脳内アニメ化してもよろしくて?
続きまだですか?
刑部姫:よ、よ、よ、良かった~
お気に入りシーンは人間の花嫁が
君が死んだら私は君を忘れる
忘れて新たな恋をする
と泣きながら言い放って、死に際の花嫁に嘘と看破されるところ
一巻でも相当な分厚さだけど伏線回収しきってないから
続きいつ出るのかな?
アビゲイル:素敵な話だったわ
花嫁さんがなかなか不幸にならなくてハラハラしたけど
今のとこは大丈夫のようね
後半に出てきた爆弾は不穏で、迫る暗雲のようで興味深いな
ブラヴァツキー:とってもマハトマな話だったわ
世界創造に花婿と花嫁が関わってるのは伏線かしら
第1話タイトルも意味深よね
人間の花嫁と花婿、元は恋人同士?
そうなると少しおかしいとこがある
あの2組の夫婦、時代がずれていると考えているの
時計やカレンダー、ニュースからも窺える

燕青:白熊や海鳥からも来てるぞ、足跡なんで読めないが
ジャンヌ:続きがいつになりそうか、お伺いしてもよろしいでしょうか?
スカディ:皆さえ良ければすぐに着手しよう

スカディ:お前達は自由にしてほしい
次はネームに時間がかかる
しばらくは1人で物語を作りたいのだ
武則天:妾は自分の本でも作ってみるかのう
前から考えておった皇帝せれくしょん拷問百選じゃ
カーミラあたりにもゲストページの声をかけておくか
LA:私は興味ある分野があってね
それを出せたら出そうと思う
エリセ:売れてる本に興味あるし、しばらく見て回る
リンド:エリセと同じかな
藤丸:(ちょっと不安)

伊吹:え?自由時間?
ありがとマスター、教えに来てくれて~
本作りさぼったあたしとしては、散歩してよっかな
藤丸:作りたい本があれば作ってもいいんだよ
伊吹:物語を編むのはぴんと来ないな
そうだ写真集とかやっちゃおうかな
キャメラマンよろしくねマスター

伊吹:あ、バイザー取った方がいいかしら
藤丸:どっちも似合ってるね
伊吹:そんなこと言われたらとっときの衣装だしちゃうぞ
藤丸:酒呑が普段着てる紐状の……
伊吹:これはね……

茨木童子が最高の衣装を紙に書く回想が入ってた。

伊吹:本当はデザインをもらうはずだったけど
結局あの子、何も描かずに怒って行っちゃうものだから
あたしがオリジナルで考えました
藤丸:まさかの偶然の一致
伊吹:じゃあ生着替えしちゃうぞ
藤丸:生着替えは流石にご禁制ですよ!
伊吹:仕方ないなあ、あっちで着替えてきまーす……ひっく
藤丸:また呑んでたか……

ガレス:エンクロミアの暗涙、二次創作本でーす
くろひー:とりま関連同人は全部買う
同じページに存在しただけで、同じ場所に存在してたわけじゃないけど
このカップリングありえるの?
ガレス:無限の可能性を信じましょう
くろひー:信じる
刑部姫:公式供給がまだなので、とりあえずこれで……
本家の更新まだー?
エリセ:エンクロミアの考察本出てたから買っておいた
こういうのスカディに渡していいのかな
刑部姫:伏線を見抜かれて嬉しい人と嬉しくない人、それぞれだからねえ
エリセ:とりあえず自分で確保するだけにしときます
武則天:妾の拷問百選、発禁とな?!
巴御前(運営):むしろなぜ発禁にならないと思ったのです
刑部姫:妾のお気に入り、これあまり効果ないのじゃ、すぐ死ぬから気をつけよう……
あまりに闇深案件すぎない?
そして発禁も順当な緻密にして精細なイラストの数々
一周回ってアングラ芸術味はあるけどさ~

武則天:しょうがない、身内に配るとするかの
ほれマスター初回限定版じゃぞ
むぅ顔が引きつっておる、でも配布する
伊吹:え~あたしのも発禁?
巴:伊吹様の酒呑童子コスプレはあまりに刺激が!
伊吹:オリジナルで考えた衣装なのにい
LA:私もダメかな、耳かきしつつ囁くだけの音声作品なんだけど
巴:試作品体験者から、幻術にかかった、QPが知らないうちにガメられてた
悪夢のような癒しだったと怒涛のクレームが……
スカディの通信:たす……けて
リンド:体調が悪くなったんじゃ?

スカディ:終わらぬ
描いても描いてもネームが終わらぬ
伏線、裏設定を消化しようとしただけなのに

スカディは倒れた。

マシュ:医療系英霊に緊急連絡を入れます!
ナイチンゲール:彼女は重病人です
過度の消耗状態にあるのです
武則天:テンション高いのうと思っておったが、よもや死にかけとは
ガレス:まったく気付きませんでした
エリセ:私も全然……
燕青:(流石に不自然だよな。そこまで注意力が落ちるか?)
LA:みんな気付かなかったよね、私もそうさ
なぜなら全員が暗示をかけられていたから
スカディはもう大丈夫ってね
藤丸:そういえばこのエリアで会ってすぐ違和感が……
LA:私も騙されたのに気付いたのがたった今
暗示は一斉に解けた
彼女が倒れたからね
ナイチン:彼女は診療所から逃げた
そしてこのエリアで過労状態に
個人の努力と報酬に伴う責任感で過労に陥りました
エリセ:マンガを描くプレッシャーで魔力不足に加えて過労になった?
燕青:どうすんだこれ、ネームは100話できてるが
武則天:全部マンガにすると2年ほどかかる
伊吹:もしかしてここで2年、お酒飲んでマスターと過ごせる……
みなで頑張ってダラダラしましょ!
マシュ:つまりこれをまとめあげないといけないのですね
ジャンヌオルタ:話は聞いてないけど聞かせてもらったわ!
私に言うべき事があるわよね?
藤丸:助けて!
ジャンヌダルク:もうちょと褒めてくれてもいいのよ?
藤丸:救世主!
燕青:で、どうすんだ?
ジャンヌオルタ:この世でもっとも辛い作業を、女王様にやってもらうのよ
……削る
ナイチン:彼女には休息が必要です
ジャンヌオルタ:そんなことわかってるわよ!
でもあの女はやるわ、絶対に
たとえ命を削ってでもやり遂げる
それがマンガを描くってことなのよ!
スカディ:ふぁああ……よく寝た
む……皆の様子がおかしいのだが……
ジャンヌオルタ:エンクロミアの暗涙だけど、削るわ
具体的には12話一冊分くらいに収める、そこがギリギリなのよ
……また倒れたんだけど

ナイチン:彼女はシェイクスピアやアンデルセン、紫式部と同じです
どうか最後まで描かせて欲しい
でなければ死んでも死にきれない
そう言って聞きません
アスクレ:そう来たか、それは無理だ、完全に無理だ
我らの患者は作家になってしまったぞ!

スカディ:薄々勘付いてはいたのだ
あまりにネームが多すぎる、エピソードが多すぎる
ジャンヌオルタ:あるあるなのよ
サブキャラが思わぬ活躍して
あげくにソイツのエピソードを一巻分描かないと収まりつかなくなったり
スカディ:あるのか!
ジャンヌオルタ:あるのよ!
ガレス:49話に登場したマスコット的なポジションの
エイト君(犬とも猫ともつかない不思議生物)がお気に入りなのですが
ジャンヌオルタ:削るわ、ガンガン削るわ
そのエピソードだけで10話分喰ってるのよ
燕青:泣けるんだけどな
ジャンヌオルタ:本筋とは無関係でしょ
エリセ:じゃあ番外の宇宙エピソード、
月を見上げるクドリャフカも……
ジャンヌオルタ:はい没
宇宙関連エピソードを削れば、完結にぐっと近づけるのよ
エンクロミアの暗涙で一番残したいものって何?
スカディ:描きたいのはあの4人、4人の幸福な人生だ
ジャンヌオルタ:それで半分以上のエピソード削れるわね
ガレス、リンド、アンター
マスターとアンタが被ったわ
私達4人とスカディは死ぬ気でネームを削るわよ

サポートはNPCリンドにした。

開幕で攻撃ダウンがかかる。

不要なキャラ(馬)
不要なシーン(狂)
不要なコマ(狂)

惜しいキャラ(馬)
惜しいシーン(狂)
惜しいコマ(狂)

未練(狂)

未練は防御アップがついてる。
自身にガッツ3回を使う。

こちらに恐怖1回3ターンを使う。

ジャンヌオルタ:辛いでしょ?
スカディ:そんなことは……あるな
不要であることを理由に断ち切るのは特にな
ジャンヌオルタ:何言ってんの
エリア封印を解いてから、のんびり描けばいいじゃない
スカディ:そうか、後で描けばいいのか
藤丸:続きも手伝うよ
燕青:張角の爺さんの漢方薬と符水、全部ぶち込んだぞ
藤丸:スカディ、パス!
スカディ:私が飲むのか?!ええいままよ!
ガレス:物凄く密度の高い物語になりましたね
ジャンヌオルタ:お陰で1コマたりとも欠落できないわ
これで何か落とし穴があったらどうする?
やばくてやばくて笑ってしまうわ
リンド;腕の感覚がない……
たすけてオルトリンデ……
オルトリンデ:30分前に救難信号が届いたので良からぬ事が起きていると……
スカディ:さっそくだが液タブはいけるか!
オルトリンデ:液晶タブレット、はい、いけます!
スカディ:では背景を頼む
過去回想の戦争シーンもあるので、その部分の効果も頼む
武則天:しょうがないのう、この皇帝にも情はある
他国の女王の救援であれば恩を売ることにもなろう

伊吹:サボってる間に、あっちは修羅場の気配
全員頑張ってるみたいだし、ここから応援しちゃおう
フォウ:(それ部活系女子だよ)

ジャンヌ:どうやら修羅場と伺い、お手伝いに……
ジャンヌオルタ:ようやっと来たわねバカ聖女、
馬車馬のように働いて脳をフル回転させよ
ジャンヌ:我が献身が役立つのなら、喜んでこの身を捧げましょう
とりあえずネームチェックからのペン入れやりますね

ジャンヌ:ここまで削りましたか……
スカディ:もう削るところはない
ジャンヌ:むしろ増やさないといけないかも
オルタ何ページいけます?
ジャンヌオルタ:増やせて2ページ
ジャンヌ:とっときの銀の弾丸=切札です
それにしても凝縮されたネームも凄まじいですね
凝縮されたスピード感に溢れてる
それでいて叙情的な部分は残されていて……
ジャンヌオルタ:じゃあ作者さん、やりなさい
号令よ号令
決定権はあんたにあるの
スカディ:ここに集まったみな、
スカディが伏して頼む
どうかエンクロミアの暗涙、完成させて欲しい

ジャンヌ(弓)、ジャンヌオルタは出撃固定。

開幕でダメージカット5ターン&NP獲得量アップ5ターンがかかる。

未完成(狂)

完成(狂)

その先(狂)

未完成はQuickダウン5ターン&スター率ダウン5ターンを使う。

完成は攻撃ダウン5ターンを使う。

その先は宝具ダウン&Artsダウン5ターンを使う。
自身に宝具アップ1回を使う。
紫ゲージブレイクでこちらの弱体解除をする。

創作のアプローチはそれぞれ。
時代に沿った作品を提供するものもいれば
自分が面白いものは人にも面白いと信じて己をさらけ出す者もいる。
ジャンヌオルタには、スカディはどちらでもなく、彼女にとって必要な儀式に思えた。
どれほど凄惨でも辛くても過酷でも
やるせなさに涙を流しても
人は世界を、生を強制する。
せざるを得ない。
胸を裂く哀しみを堪えて、立ち上がろうとする
誰もが胸に秘めている純粋で大切な心と共に
それは蛮勇ではなく、愛と呼ばれるもの
かくして物語は閉じる
2組の夫婦は幸福の道を歩む事を示唆され、終わるのだ。

スカディ:終わった……
ジャンヌオルタ:2人で話さない?

ジャンヌオルタ:あるでしょ、不満
スカディ:そうだな
もう少し、何か……
描けたというか、何かができたやも……
ジャンヌオルタ:その未練がなくなることはないわ
最高傑作と思っても、後から振り返ると穴が見えてきたりするものよ
悪いデキとは思ってないんでしょう
スカディ:無論だ
ジャンヌオルタ:よくできたからこそ、まだ何かできるはずと思ってしまうのよ
でもどこかで終わりにしないとね
スカディ:そうだな、うんそうする
ジャンヌオルタ:続きはのんびり描きなさいよ
何年かかっても待ってるわよ
私もマスターも

無事に二巻で完結させたスカディは、安堵の余りまた倒れた。

売上達成でエリアの封印は解かれた。
ジャンヌ:完成品を拝読させていただきました
先々に希望が持てるラストでしたね
夫婦の問題も取り除かれ、文句なしのハッピーエンドです
もう少し読みたかったですが
ジャンヌオルタ:続きを描くつもりはあるらしいわよ
アークティックタワーはすぐそこ
聖杯を回収するならしてきなさい
ジャンヌ:私達はエリアの片付けがあるので同行できませんが

藤丸:太陽、塔の真上に浮いてる?!
マシュ:タワー上空には確かに何かが浮いています
ガレス:私、太陽が好きです
金色の陽は兄様の髪のよう、
優しく包む暖かさは我が王のよう
なのに、胸がざわつくんです
藤丸:この太陽は私達の知ってる太陽とは違う
ゴッフ:少なくとも害ある反応はない
聖杯確保を優先するのだ
LA:これは相当の魔力が渦巻いてるね
きっと頂上部かな
太陽のような何かの真下
エリセ:スカディさんに使わせて、黒幕がここに隠したってことになるね
道満:ンンソソソ
見事に氷の塔まで踏破なされた
藤丸:ソが増えてる
道満:ここまでといたしましょう
あの御方は聖杯回収を望まれぬ
武則天:ぽっと出の黒幕の意向なんぞ気にせぬわ
伊吹:ずっとはいなかったけど、ぽっと出は違くない?
最初は温泉、お化け屋敷からは一緒にいるでしょ

道満が平伏した。
黒幕はここにいると全員が理解した。
燕青が奇襲した。
伊吹は弾いた。
ガレス:(私が食らえば退去必至の一撃!)
マシュ:強力な敵性反応です
聖杯と繋がった神霊級サーヴァントです
藤丸:まさかというか、納得というか
伊吹:黙っててごめんね
道満君にいってスカディに聖杯をあげたのはあたしでした

伊吹は霊衣が変わった。

道満:遂に降臨されたか
その荒ぶる御魂のままに供犠と参りますかな
伊吹:牙を剥くがごとき笑みを控えよ
図り、蹴落とし、嘲り笑う、我にはさして面白くもなし
牙を剥くようでは犬としては役立たず
狂おしく天然自然に帰すことになろうぞ
此度の夏は、否、此度の夏もか、
我が御魂を荒々しく震えさせてみよ
この脆き夏、お前の思うままにしてやるぞ

第8節 夏以外をあきらめて

一年巡前。
(一年巡の意味は調べてもわからなかった)
伊吹が白紙化大地を見てた。
オープニングの誰か=伊吹だった。
愛深きものを探せと道満に命じた。
慟哭の代わりに愛を求めし者こと、これは相応しかろう。
この地で聖杯を得てより後は、御魂は荒ぶるばかり。
荒ぶる御魂はあらゆるものを顧みぬ。

藤丸が気付いた。
藤丸:何秒だった?
ガレス:噂のレムレム状態ですね
3.2秒ほどです
伊吹:永遠の夏の楽園、気に入らぬか
夏を拒みはすまい
我が楽園を楽しめなんだか
いいや、お前達は永遠にこそ罪を見る
真の永遠はない
だとしても永遠と嘯く意気さえなくて何とする
藤丸:特異点は閉じなくちゃいけない、
人理を取り戻した後の世界の為に

氷の魚が現われた。

LA:伊吹の使い魔、いや使徒か
パッと見、スカディの使い魔に寄せてる
バレたくないけどマスターとは絡みたいとか?

伊吹と道満は塔へ入った。

サポートはフレンドのコヤンスカヤにした。

アークティックフィッシュ(馬)3体

フィッシュは防御アップ&Arts被ダメージダウン&NP被発生量ダウン&被スター率ダウン。
紫ゲージブレイクで攻撃アップ&クリ率アップに変化する。
自身に攻撃アップ2ターンを付与する。

エリセ:氷の魚ではなく、氷の膜に覆われた肉食魚だった
武則天:伊吹め、お化け屋敷はつまり自分で自分を担当に選んだのじゃろ
あやうく引っかかるとこじゃったわ
燕青:自分でも働くいい経営者だったりしない?
武則天:上に立つ者は上に立ってすることがある
現場にちょいちょい口を出すのは悪手だと思うがのう
燕青:そういや温泉も伊吹のせいだった
ありゃ完全に邪魔してたが
オルトリンデ:氷の魚もそうですね、妨害する一方で……
リンド:手伝いをしてた
武則天:どうあれ、楽しませたいのは本音であろう

藤丸達もタワーへ入った。

マシュ:伊吹さんと道満さんの反応、タワー頂上部の聖杯と同じ場所です
多数の敵性反応、前方です

サポートはフレンドのモルガンにした。

アークティックフィッシュ(馬)3体
夏の記憶(槍)カルナ
夏の記憶(槍)ヴラド三世
夏の記憶(槍)ディルムッド
夏の記憶(槍)クーフーリン
夏の記憶(槍)バゼット

フィッシュは防御アップがついて。
紫ゲージブレイクで攻撃アップ2ターン&クリ率アップ2ターンがかかる。

こちらは必中&Busterアップがかかる。

フィッシュ残り2体で全滅してしまった。
令呪コンティニュー後、宝具ぶっぱで終わり。

次のサポートはフレンドの宮本武蔵(狂)にした。

アークティックフィッシュ(馬)95体
夏の記憶(殺)酒呑童子
夏の記憶(剣)シグルド
夏の記憶(狂)水着ブリュンヒルデ
夏の記憶(降)ヒロインXX

フィッシュは攻撃アップ&クリ率アップがかかってる。

こちらは毎ターンNP獲得&宝具ダメージアップ。

夏の記憶を全て倒すと終わる。

LA;シャドウサーヴァントはこれまで出会った子達の模倣だね
同じ個体が二度はでないから無限にはわかなさそうだ
武則天:魚はどうじゃ?!
ガレス:大漁ですね!
エリセ:大漁ってこういう言葉だったかな
巌窟王:頭を下げろ
藤丸:毒の黒炎、長いこと出て来ないと思ったら!
巌窟王:俺では塔への干渉は叶わなかった
せめてもの手向けだ

特異点中のサバが集まった。

ジャンヌオルタ:連れて来られたのよ
別れたばっかだったのに
そこの妖怪クハクハ男は説明しないし!
巌窟王:したぞ
ジャンヌオルタ:あんたのは説明じゃないでしょ
紫式部:御坊が悪さをなさったのですね?
なぎこ:悪巧みは失敗するからやめとけって言ったのに
何で失敗するかと言えば、うちらが全力で邪魔するからだけどな!
LA:各エリアからサーヴァントを……一体どうやって?
カイニス:二度とやらねーからな!
クーフーリン:全部ってわけにはいかないが、
そいつの無茶と俺のルーンで、さらに多少無茶した
ここらの魚と影をやりゃいいのか?
カイニス:ここは俺達に任せて先に行きやがれ

藤丸達は頂上部にいた。

道満:思ったより、お早いお着きですな
ンンン、拙僧もマスターのサーヴァントでございます
命令とあらば従いましょう
しかし本気で神と対峙するつもりですか
普段のぽやんとした伊吹殿を超える、ド怪物サーヴァントにございます
永遠の夏ですか?
結構なことではありませぬか
藤丸:人理を取り戻した後を考えなきゃ
道満:初志貫徹ですな
拙僧は見守らせていただきましょう
おいでませい、真夏の大明神、新たなる極北の太陽
荒御魂大焔炎伊吹童子!

伊吹:いわく世界は白く消えるという
ならば新たに始めるとしよう
永遠の夏だ
藤丸:どうして夏にこだわるの?
伊吹:お前だ
随分と楽しげであった
南の島の夏、古き命とお前が出会い別れた夏
ちょうど一年巡ほど前か
藤丸:それは嬉しいけど受け入れられない
伊吹:ではこれは止めにしよう
ならば神代からやり直してみるか
星見台に集まった英霊たちよ
次はここにこそ集え
新たなる神代、常夏の世界を創るのだ
永遠の白より、永遠の夏でよかろう?
藤丸:それじゃ漂白と変わらない
私達は消えてしまった人理を取り戻す
伊吹:赦す!すべて赦す
抗い、戦い、生き残り、勝ち取ってみせよ

サポートはフレンドのコヤンスカヤにした。
荒御魂大焔炎伊吹童子(狂)
夏の使徒(馬)98体

伊吹は攻撃アップ&最大HPアップがかかってる
青ゲージブレイクでチャージMAX法具ぶっぱ。
こちらも控えも含めてNP100%になる。
使徒にBusterアップを使うようになる
紫ゲージブレイクで自身とこちらにBusterアップとArtsアップをかける

夏の使徒は攻撃アップ&クリ率アップがかかってる
攻撃アップ&最大HPアップがかかってる
攻撃ダウン&クリ率ダウンもかかる

こちらも攻撃アップ&最大HPアップがかかってる

伊吹赤ゲージHP15万で全滅した。
聖晶石コンティニューして法具で終わり。

伊吹はもう戦闘できる力がなかった。
と思いきや、魔力急上昇した。
燕青:やっぱりそうかよ!
藤丸:みんないける?
LA:その前にお客さんが来たみたいだ
スカディ:私の迷いがこの特異点を導いた
ならば私こそ、この場に立たねばなるまい
ナイチンもアスクレもパラケルも加減を知らぬ
あの厳重看護からは私とて不可能
ゆえにこれは幻にすぎぬ
スカサハと私のルーンで分身を作った
戦う力はない、対話用端末だ
久しぶりと言うべきか、マンガの時は応援してくれていたようだが
伊吹:世界は白く消えるならば、永遠の夏を
それこそ余とお前が抱いた聖杯への望み
望みの言の葉を乗せてみよ
余は応えてやろう
スカディ:いいや、もうよい
私の想い、すでにマンガに叩きつけた
特異点なぞで為し遂げるものではない
そのように私は思い知った
荒ぶりながらも優しき異郷の神よ
もういい、ここまでにしよう
ありがとう
伊吹:そう……あなたはもういんだ
マスターは?
藤丸:今年の夏もしっかり楽しませてもらった
伊吹:その事の葉に偽りなし
その願いに曇りなし
今や力は示された
ならば、あたしは応えましょう

聖杯が現われた。

伊吹:望まれてないのはわかった
だからもうおしまい
前回の夏でテンションあがっちゃったのかな
なんか、ごめんね!
武則天:軽いわ!
燕青:テンション上がってやらかしなんてあるだろ俺達
武則天:まー思い当たる節がなくもないのう
アスクレ:火が点くと神は止まらなくなる
女神と言えばアフロディーテ、アテナ、ヘラ
この三柱が暴走したのがトロイア戦争
スカディ:気が高ぶったのは私も打
冬に続けて夏も……私はぽんこつ女王だったのだ
武則天:やらかしの1つや2つが何じゃ
真の支配者のやることにまちがいはない
少なくとも妾はそうじゃ、ふふん!
ガレス:我が王はそうは言わないと思いますが
ギルガメッシュ王やイスカンダル王なら……
燕青:(あのマンガ、どう見たって自分自身へのあれこれだ
世界が終わるのは二度は見たくないだろうし
永遠を口にされたらついて行っちまうよな)
藤丸:燕青の言うとおりだと思う
道満:反省しておられるようで
ならば許して差し上げるのがよろしいかと
フォウ:ブフォウ!
燕青:アンタ-?!
なぎこ:ふはははは、おまえがいうな!
全部ぶっ倒しておいたぜ
こんだけ英霊がいたら宝具が花火大会だわ
本当懲りないよなマンボちゃんは
道満:はて?拙僧海よりも深く反省しておりますれば
この澄んだ瞳をご覧なされ
なぎこ:あ、これ絶対またやるやつ
かおるっちさ、あのイケメン陰陽師、もっとお仕置きの術とか残してないの?
紫式部:以前カーマ様にもお伝えしましたが
それ以外のものですか?
3つほどあります!
なぎこ:あるんかい!
燕青:旦那~?
藤丸:伊吹もスカディも悪気があったわけじゃないし、これで作戦終了!
道満:おや?拙僧は?

マシュ:もしかして今回は、皆さん誰かの為にと考えたのではないでしょうか
藤丸:きっとそうだね
ゴッフ:我々はすぐにノウムカルデアに戻るべきだが
特異点消滅までは自由時間とする
私と入れ替わりにあの娘も呼んでやりなさい
マシュ:水着を用意してただちに向かいます!
LA:いいねいいね青春だ
フォウ:フォーウ
LA:マシュと藤丸の邪魔しちゃダメだよ
いずれ夏は終わるし、あらゆる楽しいモノは終わる
でも少なくともこの夏が終わるまで時間はある
楽しめ!若人たちよ!
できればずっと楽しんでおくれ
フォウ:(伊吹と同じこと言ってない?)
LA:だって楽しい事は終わって欲しくない
エンディングなんて大っ嫌いだからね

エピローグI 宴の後始末

マーリン:花の魔術師を自称する女性型夢魔
そういう世界もあるだろう
でも妹だけはない
悪戯好きで他人の心の痛みを、それはそれで味があると考える
そんな肉親、御免被る

道満:悪意はなかった、誰もが誰かのことを考えておりました
それはめでたしめでたしですなあ
楽園?
そう呼ぶにはどの地区も随分と個性的で騒がしく……
鬼一法眼:そりゃそうさ、人の世はいつも騒がしくてとりとめもない
でもだからこそ慈しむ価値がある
なんて考えもしないのだろう?
あいつに代わって僕がこってり絞ってあげよう
燕青:俺が必要なさそうな天狗が来たな
道満:お断りですぞ
アスクレ:僕もいるぞ
お前が望むなら小太郎と段蔵を呼んでもいいが
連中は本気で殺しにかかるだろうから
鬼一:僕等3騎で愛の鞭を食らわしてやろう
道満:拙僧は仕方なく、そう仕方なく。
聖杯付きの神霊なぞ、逆らえるとでも?
鬼一:神も精霊も餌くらいにしか思ってなかろう道満
アスクレ:意図を持って配下に付いた
つまり裏がある

ここで回想。
パラケル:スカディの魔力減少が止まりません
封印を解くごとに減少ペースが上昇しています
人為的なものを感じます
封印解除に焦って魔力を吸ってるような
アスクレ:各エリア、好き放題に魔力を使っている話、本当なのか?
パラケル:普段の夏の特異点と大差ないでしょう
アスクレ:なら聖杯1つで足りるはずだ
パラケル:人為的に魔力を吸う者がいる?

道満:ンンンンン
燕青:あんた、ソが消えてンに戻ってるぜ
道満:ばれたとあっては致し方なし
アスクレ:語るに落ちたな、マスター!
藤丸:あとで鬼一師匠のお説教だから

サポートはフレンドのレディアヴァロンにした。

蘆屋道満(別)
極北大呪黒卵(別)

道満の紫ゲージブレイクで敵全体に抗弱体状態がかかる。

黒卵はクリ威力ダウンを使う。
自身に防御アップ3ターン2回を使う。
紫ゲージブレイクでこちらが強化無効になる。

鬼一:サバフェスでもらった本を読んだ
タイトルは拷問百選だったかな
道満:それははあとうぉーみんぐな題で……
鬼一:あっはっは冗談!
じっくりたっぷりお説教といこうか
アスクレ:おまえはマシュのとこへ戻ってやれ
ハメを外しても構わないぞ
面白いケガであれば僕が治してやる
燕青:俺も付いて行く、邪魔しないようにするけどな

エピローグII さよならとよろしく

リンドが藤丸を甲板に呼んだ。
エルン、イルスが待ってた。
ちょうど3人の退去が始まった。
リンド:みんなで話して何も言わずに消えようという話も出た
3騎ともそれは嫌だった
スルーズたちやお姉様ならわかるのかな、この感じ
イルス:スルーズたちと同期したせい
それであなたのことを……
今のナシ、何でもない
リンド:本気でスカディ様を助けようとしたあなたの姿に
勇士らしさを感じたのかも?
……なーんて、本当はやっぱりわからない
スカディ:いたな新三姉妹
ここは私が……
藤丸:原初のルーンはやめておこう

LAが背後からスカディをくすぐった。

スカディ:はわ!
LA:マスターの言うとおり無茶は禁物
だからここは裏ワザを使っとこう

三姉妹の退去が止まった。

LA:戦闘対応は表裏2騎というか、そこから先はマスター次第
キャビンに録画データ残したから見といてね

LAの退去が始まった。

LA:私はそもそも喚ばれた訳じゃない
面白そうだからやって来た花の魔術師さ
藤丸:さっきのを自分には……
LA:それは無理
あれはワルキューレだからこそ、霊基が同質だからこその裏ワザ
縁があったら召喚されるさ
キミたちに興味が湧いたし、スカディのマンガの続きも読みたいしね
藤丸:わかった、いつかきっとまたね
LA:ボクはアヴァロンの塔に賭けて願おう
キミたちの歩く道の全て、輝く青空といっぱいの花で溢れますように

LAの録画は新しいワルキューレ1騎をカルデアの同時期個体の霊衣登録する話。
他のワルキューレは宝具として登録される。
以下のワルキューレの組合わせをどれか1つだけ選べる。

スルーズ→リンド
ヒルド→エルン
オルトリンデ→イルス

録画の最後、フォウが優しくLAに飛びかかってた。

聖杯

やっと書き終わった……。
会話文を載せるの、手間かかりすぎ……
止めりゃよかったw
いま平安京終盤までやってるけど、
伊吹があんなはっちゃけキャラになっててウケた。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)