アニメのあらすじや感想、考察日記がメインです。僻地住まいなのでアニメ視聴はたいていニコニコ動画とかのネット配信です。ラノベやマンガの感想も。あらすじや感想はネタバレへの配慮は無いので注意してください。人名や団体名などは敬称略です。いちいち複数のブログを管理するのが手間になってきたので、別の複数のブログで書いていた過去の記事を統合しました。折を見て元のブログは全て削除しました。

アニメ視聴記 あらすじと感想

FGO奏章II不可逆廃棄孔イド

投稿日:

2024年5月末に奏章Iをクリアしたので、
続いて奏章II不可逆廃棄孔イドをやろうとすると、
オルガマリークエ1のクリア後の物語という警告が出た。
ネタバレはどうかと思ったけど、
手持ちサバではまだクリアできる気がしないので開始した。

第1節 血の旅路

誰かが(藤丸?)東京の住宅街の光景を見てた。
学園も見えた。

奏章II不可逆廃棄孔イド 学園

学生服のジャンヌ?アナスタシア?
スーツのサリエリ?
私服のロリンチ?
の姿が脳裏をよぎった。
路地裏に巌窟王が現われ、命じた。
礼装を身に着けろ。
恩讐の炎を乗り越えて今は進め。

奏章II不可逆廃棄孔イド

第1節はこれで終わり。
巌窟王ってことはアヴェンジャーがテーマ?

第2節 東京/責務の呼び声 case II

藤丸たちが食堂で会議してた。
伯爵の正体が誰か。
マリーアントワネット、ジャンヌ、ジャンヌオルタもいた。
フランス組=第1特異点組らしい。
マリーは伯爵の音声に懐かしさを感じた。
英霊になりそうな伯爵は3人いるとマシュはアピールしてた。
ドラキュラ伯爵、モンテクリスト伯爵、カリオストロ伯爵。
フェルセン伯爵も候補だった。
マリーはマシュの口に指を当てて黙らせた。
マリーの愛人らしい。
カリオストロはマリーの名を騙って首飾りを売ろうとした。
当時の市民はマリーを非難した。
カリオストロは罪に問われなかった。
それでもパリから追いやられた。
とても丁寧な方だったとマリーは覚えてた。
作り物のような笑顔も。
藤丸とマシュは伯爵の印象と一致してると気づいた。
巌窟王が藤丸の影から現われた。
女の死体を使ったのは奴らしいと評した。
史実では1795年にカリオストロは獄死している。
巌窟王は1838年に出会ったと主張した。
尋常ならざる長命、または不老を得ていると。

ダヴィンチ:西暦以降の魔術師の多くは
歴史に名を残すような立場を避けるんだけど……
ジャンヌオルタ:アンタがいうかそれ
いやまあアンタはちょっと違うか
マシュ:!
ジャンヌ:ダメよオルタ
そのツッコミ、マシュさんが言おうとしていたのに……

ダヴィンチは万能の天才で、
学校に通えばすべて満点とドヤった。

ジャンヌオルタ:そういやマスター
カルデアに来る前は学生だったのよね
こういう天才児っていた?
藤丸:流石にダヴィンチちゃん級はいないね
うちは普通の学校だったから

巌窟王がカルデアの廊下を歩いてた。
吐血した血が床に落ちた。
我が炎の行き先は決まった。
俺の流儀でそれを務めてみせよう。

カドックは巌窟王に注意するよう助言してた。
アラートが鳴った。
藤丸は管制室に向かった。
召喚陣が勝手に起動して英霊が召喚された。
召喚陣には電子式、物理式、魔術式防護がある。
ロック解除にはゴッフとダヴィンチの承認と
藤丸のシステム起動が必要。
……なのに勝手に起動した。
ネモにも理由がわからなかった。
管制室にその英霊が入ってきた。
また会ったなと耀星のハサンは藤丸に挨拶した。
藤丸にその記憶はなかった。

ダヴィンチ:英霊の座には基底現実における
時間経過の概念が通用しなという説があるよね
耀星のハサン:なるほど
オレの召喚が前のめりにズレてるのか
カドック:未来の特異点でコイツと会ったってことか!
巌窟王:おまえは既に俺と出会っている……そうだな?

ハサンと巌窟王は臨戦態勢になった。
藤丸は急にめまいが起きた。

マシュ:レムレムの前兆です
バイタル維持、準備お願いします!

意識を失う藤丸の脳裏に巌窟王の声が響いた。
総じて3つ。
残る歪みすべての解除。
歪みとは人類史の特異点ではない。
危惧すべきは遺分軆=エレメンツのみ。
レイシフトが起きた。
藤丸が気づくと東京の通学路だった。

第3節 其処は、見知った街に似て

藤丸は見覚えあるような繁華街にいた。
懐かしさがあったけど、記憶は朧気だった。
通信用礼装は起動しなかった。
路地裏から声が聞こえた。
誰もいなかった。
暗がりを見つめると青い炎が形になった。

藤丸:敵性存在?!
簡易召喚!


サポートはフレンドのアルクェイドにした

燃え盛る昏き炎(狂)

全耐性?がかかってる

こちらに攻撃ダウン5Tがかかる


藤丸の影から巌窟王のような影が現われた。
影は何も喋らなかった。

藤丸:話せないなら頷いて
キミは巌窟王だよね?
影:違う
俺はお前の影だ

影は消えた。
学生服のジャンヌオルタ?が現われた。

???:……藤丸?
こんなトコに1人でいると危ないわよ
……ってか、アンタ何してるの?

藤丸たちは表通りに移動した。

藤丸:ジャンヌオルタだよね?
折田:ジャンヌってどっから出てきたのよ
……折田は合ってるけど
リカルドと姫子が捜してたわよ
暇なら行ってあげれば?

リカルドも姫子も制服着てた。
リカルド=安藤リカルド
姫子=刑部姫子
姫子は藤丸を見て記憶喪失と直感した。
今年は2015年と教えてた。
キリエさんが藤丸を捜してるらしい。
キリエちゃんとは隣家の幼なじみらしい。
藤丸は自宅を知ってるか聞いた。

リカルド:……へ?
姫子:……や、やっぱり!
ガチで記憶喪失なのでは?!
リカルド:姫子がそーいうから
ウケ取りに来てスベったんでは
姫子:それは……そう……かも……?

藤丸は自宅方面に向かった。
一つの民家を見て直感した。
玄関の前に制服の少女がいた。

キリエ:よかった、時間間に合いましたね
おかえりなさい

第4節 きみは、見知った人に似て

パラケルススと巌窟王が小宇宙の話をしてた。
人はさまざまな幻影を己の裡に抱く。
人と出会うたび、別れるたび、それらの幻影は増えていく。
時には自我=エゴやアルターエゴと交わることも。
人の心は数多の人格が生きる一世界と言える。
その内的世界を碩学、顕学は小宇宙と呼んでいた。
最後の星見、いつか少女であった者よ。
恩讐の炎、その旅路を歩む資格を持つ者よ。
お前にとって……世界の危機とは?

キリエは甘口のルゥを買っていた。
今日はカレーの日らしい。
キリエはおばさまの手伝いをするつもりだった。
玄関でロリンチが藤丸をお姉ちゃん呼びして迎えた。
藤丸を呼び止めた。
パパの書斎は入っちゃだめだよ、と。
ママ=私服の大人ダヴィンチだった。
藤丸の脳裏に手刀で胸を貫かれるダヴィンチの姿がよぎった。
藤丸は自室に入った。
こういった異常事態でマスターの対応は……と思いだそうとした。
キリエが自室に来た。
世界が真っ白になる夢を見たと訴えた。

翌日、妹&キリエと手繋ぎ登校してた。
途中で刑部とリカルドと会った。
カレーの日の話を聞いて刑部は羨ましがった。
幼なじみの手料理があるとないとじゃ青春のクオリティが違うと。

キリエ:今度はみなさんでいかがですか?
作りますよ、カレー
リカルド:い、いいの?!
いや俺は嬉しいけど
姫子:キリエちゃんの愛情手作りカレーかぁ……
推し2人の間に割り込むのはさぁ
いくらなんでも、いくらなんでもぉ……

校門にサリエリ先生がいた。
藤丸は吹き出すのを我慢した。
天塚先輩が通りかかった。
天塚=モーツァルト?
サリエリは天塚には厳しいらしい。
BL的な話?

姫子:これって、これって
でへへへぇ、これって……これってぇ……
キリエ:刑部先輩ステイ、ステイです

廊下で折田と再会した。
繁華街の路地裏に入るのはやめなさいと忠告を受けてた。
フーカ先生がホームルーム始まると呼びかけた。
勝津女という名前があるけど、折田がフーカと呼んでた。
ホームルームでフーカは転校生を紹介した。
ハサン・ハッサーバ=耀星のハサンだった。

藤丸はハサンの学校案内を頼まれたらしい。
姫子、リカルド、キリエが協力を申し出てた。
キリエは昼食の弁当も持ってきてた。
おばさまから監視するよう言われてるから、と。
監視ってマジなヤツでは?
大人ダヴィンチはこの特異点の事情を知ってそう。
ハサンは学校案内に乗り気じゃなかった。
「週番」という腕章を着けてた。

キリエ:以前の学校のものですか!
ハサン:……かもな
姫子:どうあってもテンション低い

体育館にマリー生徒会長がいた。
体育館は生徒会が借りているらしい。
藤丸たちをバスケ部と勘違いしてた。
キリエから聞いてる先輩と、藤丸に気づいて挨拶してた。

キリエが地理の先生に呼ばれた。
明日使うプロジェクターを用意してほしいと。
姫子、リカルドも手伝うことにした。
藤丸は案内は1人でも大丈夫と答えた。
ハサンは何かの気配を感じた。
青い炎が犬のような形になって現われた。


サポートはNPC耀星のハサンにした

燃え盛る昏き炎(狂)
野良犬?(馬)10体

全敵に全耐性?がかかってる

野良犬?は全体に攻撃アップ2Tを使う

昏き炎を倒すと終わり


ハサンは藤丸に炎をどう思うか聞いた。
まだわからないと藤丸は答えた。
断言できる情報がないから。
そういう態度か、そっちのやり方に付き合うとハサンは納得した。
案内はもういい、次は気をつけろと去った。
藤丸は1人で帰宅した。
見覚えのある景色。
でも故郷にあの後輩の少女、あの母、あの妹はいなかった。
終わりを告げる第1の喇叭が聞こえた。

第5節 慟哭城塞(前編)

巌窟王が現われた。
曰わく喇叭が鳴るごとに試練が訪れる。

ひび割れた男が書斎で呟いてた。
現界するは怨の騎士、慟哭城塞。
初代ブリトマート。
今のままでは2秒と保つまい。
揺らめく影が反論した。
あれは戦うことを知っている。
偽りの故郷に迎え入れようと
偽りの愛で埋め尽くそうと、
歩み続けるとも。
あれは既に……監獄にて七罪を踏破した。
ひび割れた男曰わく、ゆえにこそ来たるは7つの恩讐。
我らが魂の欠片たち、と。
※巌窟王のイベント?

ボーダーで特異点反応を計測した。
座標は医務室の藤丸のベッド。
藤丸が特異点になってる可能性があるとシオンは驚いてた。

藤丸が気づくと東京駅にいた。
ブリトマートオルタがいた。

ブリトマート:復讐者、オルタなりしブリトマートである
おまえが明日を求めるならば、抗え


サポートはフレンドのBBにした
見た目が決戦用カルデア制服に固定される

ブリトマートが宝具を撃つ?と終わり

ブリトマートオルタ(讐)
死霊騎士(剣)
妖精槍兵(槍)

全敵に全耐性がついてる

ブリトマートは防御アップ&弱体を受けない
自身に無敵2回3Tを使う
弱体無効3Tを使う
チャージプラスを使う


硬すぎて攻撃が通ってなかった。
逃げようとするとキリエが現われた。
キリエは東京駅の書店でミステリ研の資料を買ってた。
喇叭が聞こえて周りから誰もいなくなったらしい。
藤丸と裏路地に逃げ込んだ。
折田、サリエリ先生も現われた。
サリエリは銀座の楽器店にいたらしい。
折田は何をしてたか言わなかった。
サリエリが教えた。
東京駅地下のキャラクターショップで可愛いものを買おうとしてたと。
イメージというものがあると折田は赤くなってた。
2人とも喇叭の音が聞こえて、周りから人が消えるという同じ現象に遭ってた。
青い炎が現われた。
配下の騎士も喚んだ。

騎士:目標1名、非武装民間人3枚、殺戮対象と認定
折田:コイツら今、殺すとか言ったわよ!
キリエ:ひっ……


サポートはフレンドのギルガメッシュにした

燃え盛る昏き炎(狂)
死霊騎士(剣)4体

全敵に全耐性がついてる


次のサポートもフレンドのギルガメッシュにした

死霊騎士(剣)6体

全敵に全耐性がついてる


藤丸は囮になってキリエたちを逃そうとした。
サリエリには藤丸影を操って騎士を撃退したように見えた。
常識的には藤丸を置いて先生が逃げるのはありえない。
スマホの時刻は17時26分で、
懐中時計も、該当時計も17時26分で止まってた。
そういう非常事態で藤丸には対処法があるとサリエリは信じた。
キリエ、折田を連れてサリエリは逃げた。
藤丸は路地から出て騎士たちを引きつけた。
折田が急に駆け付けてきた。
折田を追ってサリエリも来た。
巌窟王が黒い炎を折田に放ったように見えた。
折田はジャンヌオルタになってた。
追いついたサリエリも、サーヴァントのサリエリになってた。
同一個体に憑依した感じらしい。
元の人物の記憶も共有してた。
……ので事態を把握した。
ジャンヌオルタは騎士を一掃した。
サリエリも慟哭外装を起動した。

サリエリ:やるぞマスター
ここまでは防戦に徹していたようだが……
藤丸:反撃開始だ!

第6節 慟哭城塞(後編)

サポートはNPCジャンヌかサリエリのみ。
このバトルでは讐にダメージアップがつく。
NPCにはさらにダメージアップがつく。

死霊騎士(剣)6体

全敵、讐以外に耐性
全耐性もついてる


サポートはNPCジャンヌオルタにした
昏き炎は讐以外に耐性がある

死霊騎士(剣)5体
燃え盛る昏き炎(狂)

全敵に全耐性がついてる
昏き炎を倒すと昏き炎が現われる
5ターン経過で?終わり


死霊騎士は数が多すぎた。
路地裏にはキリエがいる。
なので藤丸たちは動けなかった。
親玉の硬さは気になる。
でも押し通ると決めた。


サポートはNPCジャンヌオルタにした

死霊騎士(剣)2体
妖精槍兵(槍)

死霊騎士(剣)3体

ブリトマートオルタ(讐)

全敵、全耐性&讐以外に耐性

ブリトマートは防御アップ&弱体無効
Quickアップ2T&Busterアップ2T&チャージアップを使う
無敵2回3T&被スター率減少3T&チャージアップを使う


ジャンヌは伝承防御だと気づいた。
伝承どおりの特殊攻撃じゃないとほとんどダメージがない。
藤丸たちは騎士に背後を取られた。
マシュを連れて上に逃げた。
ジャンヌがマシュを、サリエリが藤丸を抱えて飛んだ。
数ブロック離れたビルの屋上にいた。
藤丸はいつの間にか魔術礼装を制服の下に着てたと気づいた。
敵の狙いは藤丸。
7つの試練という巌窟王の言葉を思い出した。
影が現われて警告した。
来るぞ。
サリエリもジャンヌも高速で飛ぶサーヴァントの魔力を感じた。
高高度からの落下……吶喊。
サリエリとジャンヌはブリトマートを受け止めて投げた。

ブリトマートオルタ:裡の怒りを炎と変えよ
あるいはお前が明日を求めるならば……

藤丸は影に呼びかけた。

影:あるいはお前が奥底より求めるならば、その手を……

藤丸は令呪を掲げて命じた。
影の向こうの何かを掴んだ。
二刀痣丸が現われた。
平景清だった。

景清:ははははは!景清が鏖殺してしんぜよう
ジャンヌ:あいつには伝承防御がある
普通に攻撃しただけじゃダメージは殆ど通らない!

景清は炎でブリトマートをはじき飛ばした。
ジャンヌも重ねて炎ではじき、ブリトマートは地上へ落ちた。
藤丸は追撃を命じた。
キリエは藤丸を止めた。

キリエ:折田先輩とサリエリ先生が特別なのは……
見ていてわかりました、でも……先輩は……
藤丸:慣れているというか、そのうん……
でも行かないと
キリエ:……わかり、ました
でも、どうかお気をつけて
無事に戻ってください!


NPCジャンヌオルタを選んだ
景清は固定出撃
ブリトマートを倒すと終わり

ブリトマートオルタ(讐)
死霊騎士(剣)
妖精槍兵(槍)

景清はExtraAttackで崩し状態1T&スタンを付与
クリ攻撃で崩し状態1Tを付与する
ガッツ1回がかかる
源氏特攻2T&クリ威力アップ2Tもかかる
1T、5T、9Tでコマンドカード不可を自分以外にかける

こちらにダメージアップ(永続)がかかる

全敵、讐以外に耐性
全敵、崩し状態で効果が消える全耐性

ブリトマートは防御アップ(永続)
弱体無効3T&クリ率アップ2T&クリ威力アップ2Tを使う
無敵2T&被スター率ダウン3Tを使う
紫ゲージブレイクで攻撃超アップ&行動回数ダウン(永続)と
攻撃時に防御強化解除がかかる
景清に復讐の怨念=怨念の数で宝具アップがかかる


サリエリ:空中で炎を受けたあれは……
ジャンヌ:あっさり吹っ飛んでたけど……ってああ、そうか!
大地の加護ってそういうこと……マスター!
藤丸:あのサーヴァントを空中へ打ち上げて!

景清がブリトマートを空中に吹っ飛ばした。
さらに宝具で鎧にヒビを入れた。
ジャンヌはヒビに宝具を放った。
ゼロ距離、ラ・グロンドメント・デュ・ヘイン。
鎧は内側から爆裂した。
霊基霊核は跡形も残らなかった。
止まってた時計が動いてた。
東京駅に人が戻り始めた。
景清は霧であたりを覆った。
余人の目に、藤丸たちは見えない。

サリエリ:(7つの試練、そうマスターは言った
ならば、あと6つ
令呪を一画消費した状態で、我々はマスターを無事に帰還させられるのか……?)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ショートリンク

-FateStayNightシリーズの感想, FGO原作ゲームの感想と攻略

Copyright© アニメ視聴記 あらすじと感想 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.