FGO聖杯怪盗天草四郎

天草四郎とボイジャー、サンソン、荊軻が
微小特異点の美術館の聖杯を盗むイベント。
2021年3月3日から15日まで。

メジェぐるみ、時計塔キーホルダー、ボイジャーマグを報酬と交換できる。
イベント期間中、天草四郎の霊衣開放権を入手できる。

プロローグ殻と空とカラ

男が金庫破りしてた。
開けても空っぽ。
こんな日もあるさ。
と男はどこかへ去った。

カルデアでパリスが不和のリンゴを持ち込んで
マシュと藤丸が天草に相談してた。
破壊か封印、または誰かに預ける。
メディアならこの手の宝具の扱いに慣れてる。
ジャンヌやマルタ、ゲオルギウスなら克己心で不和を抑えられる。
しかし彼ならうまく取り扱える。
それはボイジャーらしい。
天草曰わくボイジャーには不和のリンゴが効かないと。
理由を聞かせて。
とボイジャーに聞かれたとこで、
微小特異点が発生した。

今回は初めから聖杯が形になってた。
しかも厳重に守られてた。
司令室に来てた荊軻、サンソンも藤丸に特異点修正に同行を申し出てた。

第1節暴力行為反対

藤丸達はレイシフト後に美術館にいた。
どこかで見たものが陳列されてた。
たぶん聖遺物?
ボイジャーは何かを気にしてた。
荊軻はボイジャーを肩車してた。
つまり見えないのを気にしてた?
分れて聖杯を探す。
1時間後に合流する。
藤丸と天草は聖杯展示室を見つけた。
館長は聖杯を守るのに殺人も厭わないらしい。
天草は藤丸にサーヴァントが2騎潜んでると教えた。
出てくる気はありませんか。
お名前だけでも。
話す事など何もない。
仕方ありません、また会いましょう。
あんた殺気出過ぎ。
これで2騎とわかってくれたかな。
あれは頭の良い爆薬だ。
興味本位で弄ると爆発する。
例の事ならとっくにバレてる。
天草曰く、サーヴァントは3騎。
1騎は隠れている。
聖杯を守る2騎の位置は隙間がある。
2騎だと穴がある。
その穴へ突っ込めば聖杯を取れた。
声のトーンに慌て方がなかった。
戦う以外にはない。
お客がいない閉館後。
荊軻が気配遮断でチェックする。

荊軻曰わく、閉館後に魔力探知が発動。
ガラスケースは八連双晶のようなものを透明化してる。
本気で攻撃しないと破壊できない。
気配遮断したまま盗むのは不可。
警備員はソウルイーターを連れてる。
エルメロイII世曰わく、聖杯の金庫は朝までの限定術式で守られてる。
術式は翌朝には消える。
閉館後にまた術式を構築する。
毎日、魔術工房の扉を作り直すようなもの。
扉と部屋の術式要素について後日、課題を出しておく。
藤丸、エルメロイII世に魔術を習ってたの?
これは面白い。
どれも隙だらけ。
隙を突破すれば聖杯に届く。
……と天草は軽口叩いてた。
5回連続で大当たりを引けば黒字になると言ってるのと同じ。
……とサンソンは反対してた。
私は大当たりを引ける。
1人で侵入し、返り討ちに遭ってきます。
……と天草は急にいなくなった。
マシュは追って合流すべきでしょうかと慌ててた。
荊軻曰わく、あいつはわざと捕まるつもりなんだよ。

天草四郎のみ出撃。

警備員(弓)2体
警報装置(弓)

1ターンで強制敗北する負けイベント。

どうせ聖杯展示室は開けられない。
開くでしょう。
彼らは知りたがっている。
出てきたのはスーツ斉藤一。
曰わく、ただのサラリーサーヴァントと。
真名すら名乗らないとは。
(知ってるけど……)
日本の剣客とわかれば十分。
斉藤がカルデアに来てない時期?
このイベントが初召喚設定?

再び天草四郎のみ出撃。

ソウルイーター(殺)
サラリーマン(剣)※斉藤一

これも1ターンで敗北する負けイベント。

館長曰わく、殺すなと斉藤を制してた。
キャスター、聖杯で力を奪え。
ただ戦えなくなるだけだ。
力を集めて何をするつもり。
美術館に蒐集以外の何があると?
始末しといた方がいいんじゃないかな……。
と斉藤は天草を館外に放り出してた。
荊軻曰わく、藤丸は囮になったのをかなり怒ってる。
まあ取りなしてはやろう。
4人で行ったらまとめて消滅してた。
1人なら舐めた扱いをされる。
聖杯は味方への援護と敵に重圧をかけてる。
聖杯を手に入れるための戦いを聖杯は拒絶する。
戦わなければいい。
盗みましょう。
ここでOPが流れてた。
FGO聖杯怪盗天草四郎

第2節スナッチ・スティール・ストレート

天草は天草四郎時貞怪盗モードになってた。
FGO天草四郎時貞聖杯怪盗モード
まあ若いからな……。
と荊軻は憐れんでたw
宝具・双腕零次集束は封じられた。
右腕悪逆捕食と左腕天恵基盤は使える。
天草は本来キャスター。
非戦闘行動なら不可能はない。
つまりバフ系?
暗示魔術で戦闘行動しなければただの人間に見える。
荊軻は引き続き気配遮断で偵察。
サンソンは医者に化けて情報を聞き出す。
ただ自分は医者だと思い込まないとバレる。
ボイジャーと藤丸は姉弟になる。
観光客として毎日美術館に行く。
英雄マニアの弟に付合ってる姉になる。
しばらくは役割に徹する。
長丁場になる。

次のサポートはNPC天草四郎を入れた。

計画初期段階(殺)

このバトルの意味がわからない……。

サンソンは美術館で熱中症にかかった女性を診てた。
医務室は混雑しているのでベンチで。
では救急車を呼びます。
甘く見てると大事になる。
館長の責任問題になる。
僕も同行します。
予算不足で常駐する医者は足りなくて。
では僕は美術館に入り浸ります。
緊急時にお手伝いします。
報酬は不要ですがチケット代くらいは予算で落として。
……と善意の医者をやってた。

聖杯展示室の幽霊の噂を知ってるか。
時々声が聞こえる。
それは館長が雇った護衛だろ。
そいつらが幽霊なんだよ。
……と警備員がダベってた。
館長は無駄話する暇があるのかと怒ってた。
荊軻もいて、館長は勘で気配を感じてた。

ボイジャーはアキレウスの盾は偽物と鑑定してた。
堂々と発言されちゃ困る。
イリアスの詩と異なる。
盾の町は対比されているはず。
平和と戦争。
これはどちらも平和になってる。
なのに軍神アレスとアテネがいる。
盾を作った人はわざとやった。
……と語り出して藤丸はボイジャーと一緒に逃げ出してた。

第3節前菜・食前酒、あるいはお通し

荊軻曰わく館長は魔術師ではない。
天草曰くマスターでもない。
サラリーサーヴァントとのラインが感じ取れなかった。
マスターでなければサバが従う義務がない。
聖杯にサバを従えられるよう願えばいい。
サバを御せる自信があるのか全てを捨ててる。
館長は美術館繁栄に命を賭けてる。
その意味でボイジャーがアキレウスの盾を贋作と指摘したのは、とてもいい。
館長が知れば躍起になる。
館長は英雄なら何でもいい。
であれば、どんな胡散臭い遺物にも館長が目を通す。
荊軻の短刀を持ち込めば館長と会える。
これからボイジャーは天才鑑定士になる。
身分証明、新聞記事、ネットの評判も作る。

サポートはNPC天草四郎を入れた。

偽装工作(槍)

天草はボイジャーに不和のリンゴが効かない理由を語ってた。
不和のリンゴは善良さや秩序に効くらしい。
ボイジャーは未来への希望だけを託されたサバ。
宇宙への敵対ではなくメッセージを届けようとしている。

天草はモリアーティと諸葛孔明を呼んでた。
騙すことにかけては最高の人材。
2人には短刀の来歴を考えて欲しい。
毒を焼き入れた伝説があるが、本当なら毒は消える。
焼き入れ後に塗り直すのが自然。
毒の種類はボツリヌスかトリカブト。
2000年以上経って毒が残っているのか。
逆だよ、荊軻の短刀なら毒が残ってなくてはならない。
我々は人が夢見る真作を作る。
始皇帝は勇気を称えて短刀を宝物庫へ入れた。
後漢は秦の宝物庫の短刀を公開せず、一部の重臣が知り伝えてた。
長安は何度も略奪を受けている。
秦の遺物が残っているのか。
そういうときは思い切って飛躍させる。
1つアイディアを思いついた。
それならもう1人送り込まないといけない。
孔明は人種が違うので信用されにくい。
天草くん、君もなかなか悪党だねえ。
盗むなかれは基本だろう。
時と場合によります。
あははは。
と天草とモリアーティは意気投合してた。
仲良いの?
いや全く。
カルデアでなかったら初手で宝具撃ってます。
わかり合えないなら殺し合う。
彼が適任だが芝居できるかは不明。
本人のまま役割を果たせばいい。
もう1つ、彼にお願いしたいことが……。

第4節怪盗は軽やかに予告する

怪盗には予告がつきもの。
しかし天草は怪盗ではない。
海外で有名な名前で予告状を出せばいい。
予告を出して並行作戦を潜ませる。
1人有名な名前を思いついた。

荊軻は気配遮断で館長のポケットに予告状を忍ばせてた。
聖杯をいただきに参ります。
モリアーティより。

人の名前勝手に使わないで。
いろいろ権利とかある。
そういや、ホームズ自体も著作権切れてるんだっけ。

荊軻は林梓雨(リンズーユー)を名乗って
始皇帝暗殺の短刀を持ち込んでた。
2000年以上前の代物なら腐食して判別つかないはず。
先祖代々伝わってる。
由来に詳しい祖父から手紙を預かっている。
英語に堪能な私が一族を代表して来た。

荊軻のみ出撃。

贋作ではないのか?(弓)

3ターンで攻撃力ダウンが消えてNPも一気に溜まる。
あとはスキルかけて宝具ぶっぱで10万くらい削れる。

この美術館に一時貸与できれば。
……ほほう。
と館長は疑いつつも食いついてた。

荊軻曰わく、疑い9割、信じたい1割。
信じたいが1割あれば上々。
疑念と信用は紙一重。
1つの楔でひっくり返る。
これからは毎日、館長にアポイントを取る。
会えなくても問題ない。
聖杯には関心を持たないようにスルーする。

次はボイジャーとマスター。
単に熱心に語ればいい。

第5節祈る者・視る者・喋る者

美術館スタッフはボイジャーを待ってた。
天才鑑定士、古代遺跡発掘、失われた技術の再現まで調べ上げてた。
盛りすぎでは。
と藤丸たちは密かにツッコんでた。
ボイジャーは無造作に刀を選んで、正宗じゃないと指摘してた。
それは館長がわざと置いたらしい。
荊軻が気配遮断で見てた。
これでスタッフはボイジャーを本物だと判断し、館長に会わせてた。

ボイジャーは初め、東洋の武器は詳しくないふりしてた。
あの刀を見抜いて何を仰ります。
おーけー。とてもくわしい。
と答えると、始皇帝暗殺未遂の短刀の話をし始めた。
ボイジャーはあるのかい?と食いついて見せた。
真作だったら買い取りたいと。
これだけで館長はどこかに本物が存在すると信じたぽい。
荊軻がまた持ち込んだら鑑定をお願いしたい。
来歴について調べてからならと、ボイジャーはOKした。
すいりがただしいなら、とんでもないとこに保管されてたはずだ。

天草はサバの警戒心が強まって、良い傾向と判断してた。
来るかどうかもわからない敵を警戒するのは精神的に疲弊する。
短刀を売る必要はない。
その場合は信用が問われ、その信用は皆無。
売らないのにアプローチするのは不自然。
なので荊軻の隠しごとを突き止める。
隠していることは真実と思い込む。
疑念が強いほど、納得してしまう。
となると彼の出番?
突貫工事ですが何とかなった。
それは渡辺綱。

サポートNPC渡辺綱のみ出撃。

???(秤)

1ターン経過で自動終了する。

シェイクスピアがデスマーチだと文句言ってた。
疲れたので寝る。
渡辺綱は書庫に雑に運んでシェイクスピアは抗議してた。

第6節Touchez pas au Saint Graal

副題はフランス語で「聖杯を手放す」らしい。

渡辺綱は「手加減できないから斬るだけ」と念押ししてた。
天草は「やっちゃってください」と軽い返事。

館長の下にサバが来てモリアーティの接近を感知したと報告してた。
迎撃して欲しい。
マスターでもないテメエの命令を聞く必要はない。
降りるならそう宣言してくれ。
私が戦わなくてはならない。
冗談だ、冗談。
……とそのサバ、モードレッドは軽口叩いてた。

ボイジャーは文献を一通り当たったので短刀の鑑定を申し出てた。
荊軻は控え室で焦った様子で館長を待ってた。
売りたいのにオークションする余裕はない。
と館長は見ていた。
ボイジャーは渡辺綱を連れてた。
日本の宮内庁を名乗ってた
林梓雨を探していると聞いてた。
館長は姿を見てないとシラを切ってた。
彼女は正倉院の秘宝を売買している疑惑がある。
しばらくは美術館に滞在する。

ボイジャーは短刀の来歴を語ってた。
随の煬帝皇帝は長安の一族から短刀を献上されたらしい。
同じ時代の日本から遣隋使が来た。
第2回遣隋使のとき、日出る処の天子と書き出す書状が煬帝の怒りに触れた。
しかし国交は断絶しなかった。
むしろ煬帝から何かを贈られた。
国宝だが不吉な来歴の短刀を押しつければ意趣返しになる
よくないものと悟った遣隋使も、贈呈品を無下にできない。
そして正倉院に安置された。
館長は荊軻に短刀の買い取りを提示してた。
宮内庁の男が探している。
不都合があるのでは?
安値は付けない。
こちらの美術館に売却します。
と荊軻は食いついたふりをしてた。
では寄贈を。
いや寄贈では……。
盗品と知ってて買うと問題。
そうと知らずに買っちゃったなら仕方ない
ボイジャーは顕微鏡や虫眼鏡で鑑定するふりしてた。
まぎれもなく、ほんもの。
錆の古さや毒の成分。
決め手は風格。
館長は風格という言葉に頷いてた。
鑑定料多くない?
黙っておいてほしいのです。
ぼくがかんていしたのは「アキレウスの盾」。
あれについても感謝します。
館長、にせものってきづいてた?
……いえ、まさか。
つまり図星ぽい。
短刀をすぐ陳列する。
第3展示室=聖杯の展示室にする。
私と警備員で運ぶ。
渡邊がいたら時間を稼いでくれ。
せっかくだから、さいごまでけんがくしていい?

ガキがこんなとこいてどうすんだ。
短刀の関係者だ。
調子狂うな……とモードレッドは軽口叩いてた。
渡辺が強引に入室してた。
荊軻が白状した。
返却してもらいたい。
確かに荊軻の短刀という触れ込みで寄贈していただいた。
しかし日本にそんな短刀があったとはしらない。
どうしてそれが喧伝されてないのですか。
正倉院にあったと証明されてないなら、あまたの妄言にすぎない。
そこまでだ、来たぞ。
とモードレッドが警告すると、天草も乱入してた。
渡辺は天草を斬った
どっちだ?敵か味方か?
とモードレッドすら渡辺の行動の意味がわからず動揺してた。
館長も混乱してた。
ひとまず渡辺も……。
と館長が言いかけると、
医者を連れて来ました。
と藤丸はサンソンを呼んだ。
何だその恰好は、医者か?
と館長もすぐに気付いてた。
もう暗示魔術は切ってます。
あんたもサーヴァントか。
どうして見た目でわかんねーかな。
と斉藤は文句言ってたけど、おまゆうでしょ。
斉藤、サラリーマンにしか見えないじゃん。
FGO聖杯怪盗天草四郎 サラリーサーヴァント
荊軻も真名を名乗ってた。
ではあの短刀は?
完全な本物だ。
現役の殺し道具という訳だ。
ではボイジャーも?
ほんとはさあばんとなんだ。
……やられた。
聖杯がなくなってた。
ガラスケースを割ったのは渡辺。
シェイクスピアは生命は斬れず非生物は斬れるエンチャントをかけたらしい。
渡辺の斬撃は殺意がこもってた。
だから意識から外れた。
あの一撃を食らえば死ぬか消える。
その隙にやりやがった。
とモードレッドは自己分析してた。
どうやらここまでのようだ。
と館長は諦めた。
キャスターが追いかけてる。
まだチャンスはある。
よし行こう。
と館長は気を取り直した。
荊軻たちも一緒に行こう。
手伝うのは私だけ。
と藤丸が交渉してた。
館長は好きにするがいいと認めた。

天草を追ってたのはメフィストフェレス。
天草は聖杯の力で奪われた力を取り戻してた。
参考までに、館長の動機は?
と聞いてたけど、描かれてない。
私の願いはつまらないもの。
世界を救う。
そこに我欲はなし?
と聞かれて藤丸は
あると思うけど。
と答えてた。
だって私、何とかしたいからしてるだけだしと。

サポートNPC天草のみ出撃。

メフィストフェレス(術)

攻撃力アップ、ダメージプラス、宝具威力アップ
防御力アップ、ダメージカット
クリティカル発生率アップ、クリティカル威力アップ、ガッツがかかってる。
でも3ターンで倒せた。

最終節かくして怪盗は会心の笑いを浮かべる

館長は聖杯が盗まれたと認めた
モードレッドと斉藤は2人がかりなら行けるとやる気。
かつて聖杯を盗んだ者として認めねばならない
それゆえ、盗まれたら受け入れると決めていた。
聖杯をどう使う?
魔力でできることなら何でも
世界救済には遠い。
退屈な使い方だな。
あなたは次の英雄を育てるために遺物を展示していた
と天草はメフィから聞いたことを指摘してた。
英雄は英雄というだけでは人を救うに足りない。
英雄が実在のものと知る必要がある。
そうでなくては憧れで終わる。
あなたは人間ではありませんね。
美術館の館長の概念が具現化した
私が集めた遺物は次の英雄を産むかもしれない。
それがこの美術館の本質だった。
それもここまで。
と亡霊の姿になってた。
聖杯がなければ芸術は散逸する。
私も消える。
憐憫はないか?
ありません。
あなたの願望は正しいかもしれない。
それを踏みにじる必要性がある。
双方の正しさは戦って決めるしかない。
藤丸も「ごめんなさい」と答えてた。
人理定礎修復のインターミッションだもんね。
館長、きちんと観るがいい。
と荊軻は短刀を見せた。
この刃は生きている。
現役では……展示してはいけないな。
展示すべきは過去のもの。
聖杯も、まだ終わっていないもの。
と館長の亡霊は聖杯を諦めた。
またのご来館を……。
と言い残して館長は消えた。
モードレッドは物足りなさげに消えた。
斉藤は結構楽しかったと消えた。
小芝居は生きていた頃以来と荊軻は語ってた。
サンソンは医者として人を救えて得したと。
渡辺綱は味方を切るのが怖かったらしい。
悪かったよ。
マスターが謝ることではない。
悪いの大体、天草四郎
あの一撃が貢献できたらそれでいい。
みなさん、ここでお別れです。
何を言っている?
怪盗なので怪盗らしく退去したい。
聖杯はいただいていきます。
と言って、天草は空へ飛んだ。
その場の全員「聖杯持ったままばっくれないだろうな」と思った

カルデアではモリアーティたちが聖杯を盗む方法を話し合ってた。
今回のように心理戦が有効。
それがモリアーティの結論。
ボイジャーを悪の道に誘うな。
と坂田はツッコんでた。

天草と藤丸はどこか燃えてる荒野にいた。
天草はここは誰もいないので落ち着くらしい。
天草の記憶?
藤丸が寝てる間に天草と意識がつながった?
この地獄に慣れると命の価値を尊いと思えなくなるかもしれません。
いずれ戻る日常にひび割れがあってはいけない。
全てを取り戻さないとあなたの労苦に見合わない
世界の未来から因果と応報を盗む。
この世の悪を盗み、善を分かつ。
それが快なる盗み。
と天草は思ってたらしい。

これで聖杯を入手。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)