一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

FGO Lostbelt No2 無間氷焔世紀ゲッテルデメルング

いまの期間限定ミッションが1部と2部のみ対象で、1.5部は対象外だった。
5.5章まで進めると報酬がもらえるのもある。
さすがに5.5章までを期限の30日で進めるのは無理だけど、
2部を1つでも進めれば聖晶石貰えるんで、
アガルタを進めるのは中断して、ゲッテルデメルングを進めた。
ただ、限定ミッションをクリアできたらゲッテルデメルングは中断します。
アガルタの方を進めたいからね
ちなみにゲッテルデメルングとはドイツ語で神々の黄昏という意味。

プロローグ

1章ラストの彷徨海バルトアンデスルの通信から。

彷徨海は3つに分かれた魔術協会の1つ。
カルデアのデータベースでは
神代の魔術のみを魔術とする組織としかわからない。
ゴルドルフですらよく知らない。
年に1度だけ才能ある者を受け入れる。
彷徨海は常に移動している。
移動する海の中に魔術棟がある。
ダヴィンチはアトラス院の魔力波形に近いとみてた。
この座標(ノルウェー西)に何かがあるのは間違いない。
魔術工房があるなら、ボーダーをフレームから調整したい。
虚数潜航は座標がおおざっぱなので不可。
エネルギーも足りない。
出来るだけ真っ直ぐ行く必要がある。
スカンジナビア半島を横断するか
ポーランド、ドイツ経由で海に出るか。
でもスカンジナビア半島全域を嵐の壁が覆ってる。
ボーダーで海を渡るのは厳しい。
ブリテン島に近づくのは、反対。
イギリスの様子は観測できてない。

ゴルドルフはカドックの尋問にホームズを連れて行こうとしてた。
藤丸は適材適所で居残り。
ホームズはクリプターの目的はわかったらしい。
カドックが知りうる情報も推測できている。
空想樹と大令呪は不明。
ここでロシアから90kmで接近する何かが現われた。
それはRGPを放って、ボーダーに命中してしまった。
とはいえ、魔術装甲には通常の兵器は通じない。
……ところが装甲が剥がれていた。
てことは、魔術的な強化がされていますね。
ゴルドルフはコヤンスカヤの攻撃を思い出してた。
追っ手はマカリー司祭で、素足で走ってた。
サバなので90kmで走れる。

カドックは独房で目覚めてた。
魔術拘束は外れてた。
自力で外した覚えはないらしい。
ボーダーへの攻撃を、口封じと察してた。
ハッチが開いてる。
とダヴィンチが警告してた。
カドックが甲板に向かってた。
藤丸を見て曰わく、あのガヤにはやられた。
彼がいなければ勝ちだったと。
今なら国際条約に基づいた扱いをしてやる。
とゴルドルフは説得してた。
言われなくてもそうする。
脱出艇があると思ったらなかった。
完全に手詰まりだ。
今は約束がある。
無駄死にはできない。
尋問だろ。
話してやろうじゃないか。
万が一に備えてやって来た甲斐がある。
とマカリーがカドックを背後から殺してた。
マカリーはコヤンスカヤのように異聞帯に転移する力はない。
異星の神の許しが必要。
いつまでも偽名は困る。
私の真名はラスプーチン。
その霊基だけの死人。
となぜか真名を教えてた。
フェイクなんじゃ……?
その死人はどこで手に入れた。
言峰綺礼の遺体は消失している。
とホームズは問い詰めてた。
それは君の本質(探偵の仕事)。
誰がどのようにして行った犯罪なのか。
それが組み上がったらまた会おう。
誰に咎があったのかを貴方自身から聞き出す。
てことは、自分の真名を教えるのもホームズに推理させる一環?
ラスプーチンは異星の神に素直に従ってるようには見えない。
何か裏の意図があって、それにはホームズの推理が必要?
本当は教えたいけど、教えられない事情がある?
つまり、ラスプーチンは実は味方?
そこまでは無いかw

カドックは生きてた。
てか、死んでたのを蘇生させたらしい。
だからホームズは見逃した。
カドックが知ってる情報を推測してたのもあるでしょうね。
ホームズとしては、単に答え合わせをしたかったんでしょ。
ラスプーチンは、キリシュタリアからオリュンポスまで連れてこいと言われたらしい。
失敗したクリプターは見せしめに殺される。
とカドックは思ってた。
キリシュタリアがその程度なら仕事が楽なのだが。
君にはまだ大令呪がある。
それは我らが神の為のもの。
君の魂は最後まで利用される。
てことは、クリプターたちは魂だけの存在?
一度は死んだはずで、英霊のように魂が召喚され、現界してるんですかね。
令呪とは要するに魔力塊なので、大令呪も大魔力塊のはず。
世界を書き換える力らしいけど、
だったら独房で目覚めたときに
カドックに都合のいいように書き換えれば良かったんじゃ?
てことは、自由に使えるわけでもないらしい。
第1章で負けそうになると大令呪を使おうとしてた。
てことは、敗北を回避できる何かではある。
でも戦闘に直接役立つ力ではない。
そんな力なら、大令呪をアナスタシアにかけてたでしょ。

2日後、藤丸達は白い大地に降りてた。
旧フィンランド首都ヘルシンキ郊外らしい。
モノローグが誰視点?
マシュを彼女と呼んでた。
ダヴィンチを天使のような笑顔と評してた。
名前付きのキャラに当てはまるの、ムニエルくらいしかいない。
建物が白色化してた。
FGO Lostbelt No2 無間氷焔世紀ゲッテルデメルング
カルデアはこれを残留物と呼んだ。
誰かが生活してた痕跡があった。
ペットボトルや缶詰。
通信機器の修理の跡。
幼年向け人形も。
手帳には一昨日までの記録があった。
生存者は6名で徐々に減った。
手帳を書いた人も消えた。

北欧異聞帯は通りすぎるだけの予定。
彷徨海へ行くのが最優先。
北欧を攻略するなら彷徨海で戦力を整えてから。
嵐の壁は2kmの幅で、虚数潜航で移動する。
あの魂の抜ける感覚、気持ち悪いよね。
とゴルドルフは動揺してた。
ムニエルはレイシフトに比べれば大したことないと煽ってた。
レイシフトしたことないのに。
でもゴルドルフは私の体制下のゼロセイルの方が凄いと張り合ってた。
ホームズはナイスだMrムニエルと内心で讃えてた。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)