声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

ゴールデンカムイ3期第2話(26話)「スチェンカ」あんたは殺したくない

ゴールデンカムイ3期第2話(26話)「スチェンカ」も無料視聴した。

2期のときはFOD課金が必須だった。
今期は放送後1週間は無料で見れるニコ動方式らしい。

原作第15巻144話~147話まで。

八百長スチェンカ

アバンは杉村が謎の日本人と話してた。
岩息舞治というガタイのいい男で、
杉元は不敵に笑って握手してた。
何となく牛山との出会いを連想するシーン。
杉元、強い奴と戦いたいという、悟空的な性格なんだよねw

OP後、薄らハゲが八百長スチェンカをやれと取引してた。
八百長をやれば犬は返す。
……と聞いて、杉元はハゲを張ったおした。
原作だといきなり髪の毛引っこ抜いてる
アニメだとある程度殴って抜いた。
殴る描写はなく、音だけ。
作画の問題かな。

鯉登は刺青の男を殺して皮を剥ぐと宣言。
ハゲはキロランケの情報があると訴えた。
この辺、月島も薄らハゲもどちらの声優もロシア語上手い気がする。
竹本英史と前田弘喜いう声優だけど、
どちらもロシア語得意みたいな情報はなさげ。
てことは、役作りで練習したんでしょうね。
杉元以外、でまかせだと判断してた。
杉元はアシリパの情報なら無視できないと擁護。
でも本音は違うw

スチェンカに岩息が来てた。
インタビューパロディで牛山に勝って倒れてたのはオリ要素。
原作だとシルエットだけでわからない。
あと、原作のシーンは初めのスチェンカに挿入されてる。
岩息とのスチェンカに挿入されたのはオリ要素。
話の流れとしては、アニメの方が自然なんだよね。

妙案がある

杉元には「妙案」があるらしい。
スチェンカしつつ八百長も達成し犬も取り返せる。
とは言え、杉元はいきなり岩息にやられてた。
岩息はどうも杉元の反撃をわざと食らったように見える。
プロレスみたいに相手の技をあえて食らうみたいな。
杉元が他の奴を殴って
岩息が「見ろ見ろ見ろ」と
駄々っ子からのラッシュになるシーン、
台詞がずっと見ろ見ろと続くのはオリ要素。

いつの間にか岩息以外は負けてた
岩息は4人同時に来てくれと舐めプ。
脇を締めてガードしつつ、回転ラリアットで一斉にダウン。
マイクハガーかw
というか、マジで強いw
岩息の勝利……と思いきや、杉元は岩息に回し蹴り食らわせた。
更に谷垣、鯉登、月島をぶん殴った。
この辺、原作だとギャグっぽい描き方。
アニメはシリアスに殴られてたw
つまり反則負けが狙い。
……と思いきや、杉元は頭のネジが吹っ飛んだだけだったw
しかも観客も殴って、観客参加型バトルロワイヤルになってしまうw
この辺、たぶんジョジョ(承太郎のスタープラチナ)のパロディ。
ゴールデンカムイ3期第2話(26話)ジョジョパロディ

しかし杉元は鎌で鯉登を切りつけてた
これは妙案ではなく「殴られすぎ」だったw
岩息も切りつけてしまい「金塊」と口走って、岩息に警戒されてた。
当然、岩息は逃げた。

みんなでバーニャ

岩息はクズリに襲われた。
……ので、月島達はクズリを投げ飛ばして小屋に逃げ込んだ。
そこはロシア式サウナ風呂(バーニャ)だった。
裸の男4人がいて、外にはクズリ。
どうすればいい?
……というわけで、みんなでバーニャしたw

バーニャ中、岩息は私を殺して皮を剥ぐのだろうと静かに怒ってた。
そして水を焼け石にかけて蒸気を出し、
白樺の葉でみんなをぶっ叩いてた。
叩くことで血行促進になるらしい。
でも岩息の意図は怒りをぶつけること?
鯉登も月島も谷垣も同じように反撃してた。
岩息は「もっと」とSMかよとツッコまざるをえない反応をしてたw
月島「俺は何をやってんだ」と自問してたw

犬の奪還

一方、チカパシとエリリカは笑うロシア人から犬を奪還してた。
犬小屋の鍵は銃で撃っても銃声で気付かれる。
寝てるロシア人の机の鍵を取ろうと木の枝を使ってた。
しかし手元が狂ってロシア人の目を突いて起こしてた。
ロシア人は怒って家から出た。
と思いきや、それは罠でロシア人の頭に石が当たって気絶してた。
そして小屋の錠前を銃で破壊し、犬ぞりに繋いで逃げた。
そこに杉元が現れた。

チカシパは杉元の様子がおかしいと察してた。
……のでソリを止めないようエリリカに指示。
ソリを引いてた犬の前にクズリが来て、
チカシパはソリから落ちてしまった。
ここからチカシパVSクズリ。

チカシパは銃でクズリの牙をガードしてた。
そこに犬のリュウも加勢。
更に杉元も加わった。
チカシパはこの隙に銃を構えた。
クズリは弾を装填する音に気付いて、チカシパに向かった。
銃が何か学習してる。
焦るチカシパを谷垣が支えてた。
そして谷垣が狙いをつけてチカパシが撃った。
クズリは至近距離からのヘッドショットで死んだ
チカシパは「これが勃起」と学んだw
まだ杉元と岩息の件が残ってた。

役立たずへの怒り

杉元と岩息は氷の上でスチェンカの続きをしてた。
杉元は怒ってた。
それは自分が役立たずだという怒りだった。
今まで救えなかった人達が脳裏をよぎってた。
そんな自分を許せと岩息は答えた。
この辺、カウンセリングみたいになってる。
そして杉元はカウンターパンチで岩息を倒した。
谷垣達はもう2人を止めようとした。
5人の重みで氷が割れた。
杉本達は河の上で戦ってると気付いてなかった。

杉元は岩息の刺青の写しが欲しいと頼んでた。
あんたは殺したくないと。
杉元達の他にも刺青を追ってる奴がいる。
杉本達が金塊を見つければ刺青に価値はなくなる
月島はもっと西に逃げるよう勧めてた。
大陸の端まで追っかけはしないと。
まあ鶴見は執念で追っかけそうではある。

岩息はアシリパのことを思い出してた。
一緒に刺青の囚人白石がいたので覚えてた。
白石はもう杉元は死んでると思ってた。
アシリパは不死身の杉元だぞと答えた。
原作の白石は「あんな野郎が簡単に死ぬとは思えない」と逆のことを話してる。
この改変はなぜなのか……。

アザラシ捕獲

最後は緒方がアザラシ撃ってた。
それをアシリパが捕獲って引き。
Cパートはアザラシを捌いてた。
ヘッドショットしたのにアザラシは死ななかった。
それはヒグマと同じ、頭骨が分厚いから。
とアシリパは教えてた。

割と早いペースでアニメ化してますね。
でもカットとかは少ない。
ダイジェスト的でもない。
3話で1巻分なら、今期は18巻ラストまで進むかな。
ただ、その辺で終わると半端な引きになる。

One Response to “ゴールデンカムイ3期第2話(26話)「スチェンカ」あんたは殺したくない”

  1. ゴールデンカムイ 第26話 『スチェンカ』半裸祭かと思ったら全裸祭だった。

    脅しが通じる相手じゃないってば。 杉本のみならず、全員強いと分かったのに更に犬質を使って八百長を持ちかけるロシア人店主。殺して埋めようつもりマンマンの月島たち。そんな中…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)