グランクレスト戦記第19話「公子覚醒」アレクシス無双

グランクレスト戦記第19話「公子覚醒」は、ほとんどアレクシス無双回だった。
「(今後)テオの見せ場あるのか」と言われてた程w

アバンはドーソン候側のシーン。

初めはバルドリンドに救援を要請。
しかしマリーネはアルトゥーク条約と対峙中で増援は送れず、
また同盟の盟主となったドーソンに武勇を示せと拒否。
アレクシスへの恭順を示すも聖印を要求されて決裂。

ドーソンはぴょこぴょこした動きで配下の兵に褒賞を約束して士気を鼓舞。
動きがいかにもな小物でコメントではウケてた。
「小物界の大物」とか言われてたw

マリーネはアレクシスが戦いを指揮したと聞いて動揺していた。
「効いてる効いてる」「中古になった意味が……」とかツッコまれてた。
アレクシスの強さはわかってたらしい。
戦場に出てきたので将来的にマリーネとも戦わざるを得なくなった。

ドーソン候との戦いはアレクシスの圧勝。
アレクシスの采配はキャンバスに絵を描くイメージだったらしい。
「アニメ間違えた」とか「ふざけてるのかw」とかツッコまれてた。

アレクシスは敵兵を騎兵で取り囲んで包囲殲滅していた。
どうも鼓笛隊を利用して、音で素早く騎兵に指示を出していたらしい。
なのでドーソン側はあっという間に包囲されてしまったみたい。
アレクシ須川は元から数で圧倒していたし、ドーソンは少数で多数を破る何の采配もできなかった。
聖印発動の描写すらなかった。
ドーソンは生き残ったのか処刑されたのかは不明。
聖印はアレクシスの物になっただろうけど。
アレクシスなら降伏しているドーソンを殺さない気はする。

次はノルドとアレクシスの戦い。
アレクシスは敢えて海軍を差し向けていた。
ノルドの海洋王エーリクは挑発と受け取って出陣を命じた。
相手を怒らせるのも作戦の内でしょうね。

アレクシスの船団は互いに板を渡してどこからでも増兵できる円陣にしていた。
そこでノルドは円陣を包囲すべく散開。

海洋王は聖印で「戦時ベルセルク」を発動。
全員がバーサーカーになる聖印なのか
船の漕ぎ手すら狂人化してたのでコメントで「顔芸」とか言われてたw
「ウリィ」とかジョジョ第1部の吸血鬼みたいな奇声を上げてたし。

アレクシスは小舟でノルドの船団を迎撃。
小舟から弓を投射して船上の戦士を射殺していた。
ノルド側は弓を盛っておらずに応射すらできず、一方的に死んでた。
どうも船に接近して甲板に乗り込んで白兵戦しかできないみたい。
また散開してたので小舟での各個撃破を招いた様子。
しかもノルドの船は小舟を相手にせずにひたすら猪突猛進するだけだった。
どうにか主船の鉄鋼船に到達した船も銛で沈没。

海洋王は負けを認めず、残兵にヴァルハラの聖印のバフを与えて玉砕戦を命じた。
実際、死兵となったノルド兵は強かった。
小舟の弓兵をも次々に殺して進み、アレクシスのいる鉄鋼船まで到達。
白兵戦ではノルド側が圧勝。
とは言えノルドも兵を減らし、最後は王1人がアレクシスの元へ。
どんなに射られても切られても倒れずに王は不死身とも思われてた。

アレクシスの女魔法師は投げナイフを撃ち込んでた。
毒でも盛ってたのか、王の動きは鈍くなった。
更に目潰しも投げつけて王は怯んだ。
そこを配下の兵が斬首し、王はやっと死んだ。
王は聖印ではなく混沌核を残してたけど、魔物になりかけてたのかも。
異様な不死身っぷりだった。
出血量も尋常じゃなかったし。

混沌核を吸収するアレクシスは「汚い」とか「闇落ちしそう」とかツッコまれてたw

最後はシルーカがマリーネと同盟と連合の和解を提案。
ノルド王の死で3勢力の戦力が拮抗したらしい。
マリーネは和解を拒否。
シルーカはそれは本当の敵を利するだけと指摘。

シルーカは大講堂の惨劇の黒幕を魔法師協会と主張。
前から魔法師協会を怪しいとわかってたんですかね。
今までシルーカが魔法師協会を疑ったような描写ってあったっけ。
マリーネもどうも同じ考えだったらしい反応だった。
「この戦の決着でわかるだろう」と。
魔法師協会は大陸を統一する勢力を生みたくないので、
和解でも武力統一でも必ず干渉すると思うんだよね。
一方、皇帝聖印を手に入れれば混沌核から現れる悪魔を倒せるんでしょうね。
なので連合の聖印を持つマリーネと同盟の聖印を持つアレクシス、
条約の聖印を持つテオが隠密に聖印を統一すればいいような。

それとマリーネはアレクシスが立ち上がった理由がわかってなかった。
それにはシルーカは、武力で聖印を統合してもマリーネが傷つくと気付いたと返答。
マリーネは払った犠牲が重しとなり「今更立ち止まれるはずがない」と怒ってた。
じゃあ傷つくって指摘は合ってんだね。
アレクシスをも殺す事になるから?

そういや、マリーネとドーソンは例の魔法通信を使ってた。
前にミルザーのテリウスがマリーネと連絡がつかないと訴えてたのは嘘じゃないかな……。
ミルザーの戦死後にテリウスは服毒自殺したけど、
これもヴィラールの魔法師が仮死状態になる毒を飲んで生存してるのが伏線な気がする。
テリウスはまるでミルザーを敗北に誘導するように間違った進言をし続けていたんだよね。
テリウスは魔法師協会のスパイじゃないかな。

アンケートは「とても」が61.2%「まあまあ」が19.8%、計81.0%が「良かった」だった。
グランクレスト第19話アンケート
前3話は70%で安定だったのが、ここに来てまた下がった。
今まで60%が多かったので、全体的にはむしろ60%安定なんだよね。
「ここに来てギャグを入れても」とか言われてた。
ドーソンとかアレクシスのキャンバスとか
ノルドの奇声とか確かにギャグっぽい回だった。

“グランクレスト戦記第19話「公子覚醒」アレクシス無双” への1件のコメント

  1. グランクレスト戦記 BS11(5/18)#19

    第19話 公子覚醒アレクシスの軍勢に取り囲まれたドーソン侯。同盟のマリーネに援軍を頼むが辺境の地からの援軍は無理だと断られる。負けても裏切りの証拠隠滅にもなるので一石二鳥…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)