グランクレスト戦記第23話「城壁」ラシックとモレーノとサイクロプス

グランクレスト戦記第23話「城壁」はラシックが主役だった。

アバンは魔法師協会の皇帝がパンドラ様と遠隔通信していた。
パンドラ様は(銀河鉄道の)プロメシュームとツッコまれてた。
あと宇宙人とかカーラとか言われてた。
パンドラ様は混沌を望む人物で、結局ロードスと同じかとも言われてた。
皇帝はサイクロプスをエーラムに投じるよう命令。
パンドラの理念が絶対でエーラムが滅びても構わないらしい。
この世界のサイクロプスは魔法師達がやっと封印したという化け物。

テオ側はエーラムを攻めようと均衡まで来ていた。
そこに封印を解かれたサイクロプスが出現。
ラシックは自軍のみでサイクロプスと対峙。
それは皇帝テオの従者として名を残したいからだった。
モレーノは十分残ると呆れてたけど、ただ名を残すのではなく、一番の従者と呼ばれたいんだろうね。
テオはラシックを止められなかった。
それはラシックの信頼を裏切る事になるので。

魔法師のモレーノは光魔法でサイクロプスの網膜を焼く作戦を提示。
その目は硬く、あらゆる矢弾を弾いたと古い記録があるらしい。

灰色のダルシムみたいなハゲ(グラック)がサイクロプスの足をパンチしてた。
「久しぶり」ってコメントがあったけど、こんなキャラいたっけ?w
グラックはラシックを庇って代わりにサイクロプスに捕まり、アストロン的な技で体を硬化。
「アストロン」と言われてたw
それでもグラックはそのままサイクロプスに食われた。

モレーノが光魔法でサイクロプスの目を焼き、
怯んだ隙にラシックが馬で駆けてサイクロプスの足をよじ登ってた。
「すごい馬だな」とツッコまれてたけど同意w
「んなアホなw」って思って見てた。
そして聖印でバフをかけた槍でサイクロプスの心臓を突き刺した。
この辺のラシックは荒々しい作画だった。
ナルトみたいな作画と評されてた。
魚眼レンズみたいな描写になってた。

どうもラシックとモレーノが強敵と共闘する戦いっぷりは今回が初めてじゃないね。
今までにこの手の戦いを何回もやってきた感じだった。
グラックの援護も的確だったし。
モレーノが呆れつつもあっさりとラシックに同行したり、
(魔法師として)シルーカに負けたくないと勝つつもりでいたりってのも似たような経験がある感じ。

サイクロプスは死んで、その腹を裂くと硬化したグラックが……。
心臓も肺も動いてなかった。
と思いきや、グラックの硬化が解けて普通に生き返った。
硬化の技はそういう技らしいけど、
ラシックもモレーノも知らなかったらしい。
さすがに知らないのはおかしくない?w
昔からいる仲間っぽいのに。

最後はエーラムと皇帝軍との戦い。

エーラムはエドキアの攻城兵器を集中爆撃。
これは囮だったらしい。
その隙に弓騎士が爆撃隊を射撃。
またマリーナの騎士団が魔法弾を連射。

一方、エドキアの脳裏にはベッドでヨアヒムとピロートークしたシーンがよぎった。
ヨアヒムが「大砲は万能ではありません。無理な連射を続けると爆発してしまう」と言ってた。
「意味深w」ってツッコミ弾幕が出てたw
これはエーラム側の話で、皇帝軍の波状攻撃で大砲を酷使せざるを得なかった。。
大砲が使えなくなった頃合いでペトルが城壁をよじ登って侵入。

これでエーラムの城壁は攻略完了。

皇帝はテオが正門を突破するのは想定内と言い張ってた。
テオさえ殺せば皇帝側は分裂すると。
そしてパンドラの理念を受け継ぐ者が協会を再興すると。

最後はテオとシルーカなど側近達が突然常闇の森に転移。
幻覚かな。
吸血鬼ディミトリの仕業らしい。
だったら最初からこれをやればいいんじゃ?

アンケートは「とても」が74.4%「まあまあ」が14.3%、計88.7%が「良かった」だった。
グランクレスト戦記第23話アンケート
残り1話で80%を超えないのは意外。
「ダイジェスト戦記」とも評されてた。

最終話はディミトリエ戦なんだね。
今まで余り物語に関わってなかったキャラがラスボスってのは盛り上がらないよね。
だったらカーラみたいに要所勘所で何度も登場させればいいのに。

One Response to “グランクレスト戦記第23話「城壁」ラシックとモレーノとサイクロプス”

  1. グランクレスト戦記 BS11(6/15)#23

    第23話 城壁 パンドラは秩序の時代を望まない、混沌の継続を願う。番人を開放せよ。魔法師協会はエーラムの城壁の外に単眼巨人サイクロプスの封印を解く。ラシックが単騎掛けで…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)