一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

ヘルシング第10巻感想

ヘルシング第10巻も第9巻と同日に読了してたけど、
感想を書くのは時間がかかるので後回しにしてた。

アーカードは結果的には敗北していた。
戦いは少佐の勝ちだった。
しかしそれは勘違いでアーカードは最後に復活していた。

HELLSING(10) (ヤングキングコミックス)

第1話「WOLF FANG」①は、大佐とセラスとの戦いの結末。
大佐はわざと倉庫で戦うよう誘導してた。
そこにはナチスが奪った財宝の中に、金歯や銀歯があった。
大佐は人狼なので銀で傷つけないと死なないらしい。
大佐もまた戦って死ぬ為にセラスに戦いを挑んでいた。
セラスの中の団長と相談しつつ戦ってたけど、
これと同じ事をアーカードもやってたのですかねえ。
最後は銀歯を大佐の心臓へ打ち込んで勝利。

第2話「WOLF FANG」②は、インテグラルが少佐のいる艦橋に到達。
少佐は硬質ガラスのような壁で守られていたので、
インテグラルの銃撃や刺突は全て無効。
そこでモニターに映像が出て少佐は「アーカードが消える」と勝利宣言。
シュレディンガーが自分の首を切ってアーカードの影に埋没していた。

第3話「BLACK ONYX」①~第6話「BLACK ONYX」④は、
アーカードがシュレディンガーの死体を食ってしまうエピソード。
シュレディンガーの正体は
「自分を認識する限りどこにでもいて、どこにでもいない」という存在。
ウォルターはまだ戦いたがっていたので、
少佐に「やめろ」と訴えていた。
と言うことは、ウォルターは初めから少佐の計画を知ってたことになる。
アーカードはシュレディンガーを食った影響で自己認識が薄れてた。
インテグラルはアーカードに自己認識するよう命じてたけど、
アーカードはシュレディンガーの能力で自己認識をせず、
アーカードは手袋の魔方陣を残して、諦めて消えた。
最終話では、この魔方陣が落ちて地面の石を棺桶に保管してる。
アーカードはラストで復活してるんで、一時的に消えただけ。
少佐もウォルターもアーカードに勝ったと思い込んだままだった。
何か無敵に近い敵にウイルスを感染させ、
内部から自滅させるっていうSFのネタに似てますね。

第7話「SORCERIAN」①は、セラスとインテグラルが少佐を殺すエピソード。
アハトアハトと呼ばれる88mm対空砲の直撃で少佐の左半身は破壊。
少佐の体は機械化されていた。
ずっと吸血鬼かなと思ってたけど違った。
少佐が第二次世界大戦中にロシア兵に撃たれる回想があったけど、
なぜか少佐は生きていて、そこで起きたアーカードの影が広がる現象に抵抗していた。
たぶんこの時点で既に機械化されてた。
または最初から機械だった。
なのでアーカードの影に呑まれなかったんでしょうね。
最後は少佐VSインテグラルの短銃の撃ち合いだった。
少佐は銃撃が下手でまったく当たらなかったけど、
最後に1発だけインテグラルの頬に当たって喜んでいたw
インテグラルは少佐の眉間を打ち抜いていた。

第8話「SORCERIAN」②~第9話「OBVILION」は、ウォルターがドクを殺すエピソード。
ドクは研究を続けようと逃げる準備をしていた。
そこには「THE SHI」というラベルが貼られた白骨化死体があった。
これは「ミナ・ハーカー」という人物の死体らしい。
「彼女」はアーカードが血を吸って吸われた「全ての始まり」。
「ヘルシング」がアーカードを倒してアーカードは人に戻ったらしい。
しかし彼女の中にアーカードはいる。
彼女がどうなろうと奥底にアーカードはいる。
ミレニアムは彼女を研究し、アーカードを模倣しようとした。
しかし出来損ないしか生まれなかったと。
ミナ・ハーカーとはブラムストーカー作「ドラキュラ」のヒロイン。
ヘルシングではアーカードの血を吸ったという設定らしい。
もしセラスがアーカードの血を吸ってたら第2のミナ・ハーカーになってた。

ラストエピソードは30年後の話。
副題は無かった。

イスカリオテは未だにプロテスタント抹殺を密かに企んでいた。
新しいリーダーは今なら勝てると息巻く。
しかしハインケルは館全体がセラスの影で包まれていることを教える。
つまり勝ち目はないと。

あとペンウッドそっくりの孫が登場し、
インテグラルが金を請求していたw
インテグラルは自分が死んだらヘルシングは国家組織になると決めていた。

最後は復活したアーカードがインテグラルの血を吸おうとするシーンで終わり。
インテグラルは指を噛んで血を与えていた。
アーカードは「342万4867の命」を殺し尽くしていたらしい。
ただし1匹は残したと。
この1匹とはシュレディンガーかな。
シュレディンガーの能力で再び現世に登場したんじゃないかと。
「私はここにいる」と意味深な言い方してたし。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)