氷菓第11.5話「持つべきものは」感想

氷菓第11.5話「持つべきものは」を視聴。
元はTV放送時にネット配信していたらしい。
dアニメストアには配信されてなかったので、
コミックス第3巻BD付きを買った。
氷菓第11.5話BD

入須に乗せられて推理してるつもりで脚本を作ってしまった、
「愚者のエンドロール」の直後の閑話休題的なエピソード。
奉太郎は入須の件でショックを受けていたらしいけど、
いつもと変わらないやる気無い態度って感じでよくわからなかったw
でもマヤカ達は奉太郎の落ち込みに気づいていた様子。

奉太郎の姉がシリーズで一番映ってたんじゃないかなw
姉は南米旅行から帰ってきたばかりの様子だったけど、旅支度していた。
奉太郎に市民プールの監視のバイトを勧めていたけど、
奉太郎の落ち込みはマヤカ達にも気づいていたくらいなので、
姉も落ち込んでいる奉太郎の為にバイトを斡旋したんでしょうね。

えるは罰ゲームで奉太郎に水をぶっかけていたけど、
これも奉太郎を元気づける為じゃないかなと。
1人で昼食を摂っていた奉太郎の元にやって来て、一緒に昼食を食べたり。
ただ、奉太郎は3人の会話に混ざらず、終始生返事していた。

俺は一般人だと主張する元気の無い奉太郎にえるは、
私の主観では奉太郎は特別だと訴えていた。
この発言でえるはなぜか照れていたので、
「特別」とは友人としてではなく、
奉太郎が異性として特別=好きだったのかも。
あるいは言ってしまって、そういう含意に取れると気付いたのかな。

一方、マヤカは今の奉太郎が迷惑と嫌っていた。
前の奉太郎も迷惑だったけど、今よりはマシなので、
前の奉太郎に戻ってとツンデレのような事を言っていたw

推理要素は後半から。
女性のイヤリングが紛失したと、えるが言い出す。
奉太郎はえるのおっぱいを間近で見て、かなり照れていたw
本編でもえるのおっぱいにたじたじだったので、おっぱい星人なんでしょうねw

監視員達で分担して探すのだけど、
奉太郎はプールの底を探すハメに。
市民プールとは言え、狭くはない敷地からイヤリングを見つけるのは困難。
そこで奉太郎は耳に付いてたものを推理。
つまり、そもそも装飾品だったのかと。
奉太郎は女性の子どもが持ってるソフトクリームに着目。
子どもを抱っこした際に耳にクリームが付いたと。
それを遠くから見て、えるはイヤリングだと勘違いしたと推理。
この件でえるは奉太郎の推理をすごいと褒め、
奉太郎は元気を取り戻していた。
ただし奉太郎は元気になった事を自覚してない様子だった。

最後に奉太郎がなぜ白いものがソフトクリームだと気づいたか聞かれ、
白いものはこの辺にソフトクリームしかないからと答えていた。
しかし「もう1つあった」と、えるの水着を示唆し、
奉太郎の視線に気づいたえるが照れていた。
やっぱり、この時点で既に奉太郎を異性として意識してるように見える。


2016/10/19 10:00~2016/11/30 18:00までの期間限定で、
dアニメストアで11.5話を配信している。
氷菓 #11.5「持つべきものは」(全1話)

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)