氷菓第15話「十文字事件」感想

氷菓第15話「十文字事件」も見たので感想。

文化祭で次々に物を盗まれる事件の続きで、
今回は十文字を名乗る犯人の手がかりを追うだけ。

冒頭は奉太郎が姉手作りの弁当を食べていた。
これも伏線かもしれない。
奉太郎が言うには、姉がこういう事をするのは珍しいらしいので。
弁当がエスニック料理だったのも伏線の可能性がある。

奉太郎はえるが持ってきた「お料理研究会」の犯行声明から、
お料理研のおたまが盗まれていたと知るのだけど、
えるが飼い主に遊んで欲しい子犬のように、
無邪気な目で奉太郎を見てたので、
えるの期待に応えるのを面倒くさそうにしていたw
これはたぶん、前話で入須から言われたのを実戦してるw

古典分の面々は、今までに盗まれた物の情報を整理していた。

アカペラ部のアップルジュース、
囲碁部の碁石、
占い研の運命の輪のタロット、
園芸部のAK(水鉄砲)、
壁新聞部のカッター。

奉太郎は文集を売る方が大事だと請け合わないけど、
サトシは文集を売り込むネタとして、
奉太郎が犯人を捕まえるよう要求していた。

奉太郎は容疑者は生徒だけでも1000人、
客も入れるとそれ以上なので、
捕まえるのは無理だと拒否。

代わりに奉太郎は十文字という名前と、
盗まれた物と部活の頭文字から、
犯人は五十音順に物を盗んでいると推理。
そして最後は「こ」で始まる古典部だと推測。
つまり犯人は古典部を狙っていると主張し、
それをネタに古典部を売り込めば良いと言ってた。
この事はサトシもマヤカも自力ですぐに気づいていた。
えるだけ鈍くて気づいてなかった。

奉太郎は前話の小麦粉の代わりに何かくれとマヤカに訴えて、
マヤカはコスプレ用の小鏡をあげていた。
この時、マヤカが奉太郎にコスプレと言われて怒ってたけど、
なんでコスプレって言葉を嫌っているのか謎。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)