氷菓第21話「手作りチョコレート事件」感想

氷菓第21話「手作りチョコレート事件」は、
サトシとマヤカ中心の短編エピソード。
推理要素は部室から盗まれたチョコレートを探すパート。

前年、マヤカがチョコレートを渡そうとしたら、
サトシは「溶かして型に入れただけの手作りチョコレートは受け取れない」
と拒否ったららしい。
それでマヤカはカカオ豆から焙煎する段階からチョコを作ろうとしていたw

えるはマヤカに好きな人を聞かれ顔を真っ赤にしていた。
やっぱり既に奉太郎が好きなんでしょうね。
まあ、わかりやすい描写が続いていたけど。
奉太郎の方は第1話の時点でえるが天使に見えていたので、
最初っから一目惚れだった臭いけど。

一方、奉太郎はロボット型対戦ゲームをきっかけに、
サトシが中学とは変わったと認識していた。
以前のサトシは勝つ為にゲームをしていた。
今のサトシは楽しむ為にゲームをしていた。
サトシが奉太郎とゲームをやりたがったのは、
自分が本当に変わったのかを確かめる為だったのでしょうね。
後半でサトシの心変わりの理由が分るけど、
サトシは何かに拘るのを止めたらしい。
この心理がサトシのマヤカへの冷たい態度にもなってた。

バレンタイン当日、マヤカは部室にチョコを置いていたらしい。
これはマヤカと付き合う気があるなら、
チョコを受け取ってとサトシに言ってたから。
しかし、えるが少し目を離して鍵をかけずに部室を離れた際に盗まれてしまう。
それで奉太郎達は部室に向かうのだけど、
途中の階段の掲示板のポスターをサトシが見て、
「下げすぎた」と評したのが伏線。

あと、奉太郎がチョコ探しに真剣になってたのを見て、
サトシは「変わったね」と言ってた。
今までの描写から言って、前の奉太郎は物臭な性格だったらしい。

階段でポスター貼りをしてた生徒に聞くと、
盗まれた時間に階段を通った者はいなかった。
そこで最上階の古典部と同じ階にいる、部活でまだ残っていた天文部に行方を聞いていた。
しかし誰も知らなかったし、チョコを盗む動機もなさすぎる。
これで犯人は古典部の誰かと絞られた。
しかし奉太郎はそれを言わず「そろそろ蹴りをつけたい」と言ってただけ。

そこにマヤカが現れてチョコの盗難を知る。
チョコが盗まれたと聞いて、マヤカはショックを受けていた。
しかしそれは、盗まれたのではなくサトシがやったと察していた。

えるは責任を感じてチョコを探そうとしていたけど、
奉太郎は真相を察してたので、えるを止めようとしていた。
えるを帰す為、天文部の女の子が犯人だと言ってた。
この時点で「あれ?」と、自分の推測が外れたかと思ったけど、やはり合ってた。

奉太郎は、サトシが犯人と知りつつ庇ったのを、借りを返したと言ってた。
借りとは、女郎蜘蛛の回(氷菓第1話)で千反田から逃げる際に嘘をついたこと。

実はマヤカはサトシが盗んだと勘づいていて、
マヤカが「キツい」と答えたのは、サトシに拒否られたと察したから。
今年のチョコを受け取るかどうかで、
マヤカの告白を受け入れるかを決めると約束してたらしい。
サトシが盗んだのは、マヤカを傷つけず、
かつ答えを出さないで済ませる為かと。
でもそれはあっさりマヤカにバレていたわけで。
マヤカとしては「自分はその程度で誤魔化せる女だと思われてた」のか、というのも「キツい」理由かと。

奉太郎が怒ってたのはたぶんマヤカの為ではなく、えるの為。
サトシもその理由を察していた様子。
サトシは自分が中学とは変わった理由を語ってたけど、
奉太郎も既に中学とは変わってる。
それはえるの影響が大きい、と。
OPアニメでも壁の外の奉太郎を、
えるが引っ張って部室に引き込むシーンがある。
これは奉太郎がえるの影響で変わるのを示唆していたんでしょうね。
毎回見てたけど、その意味は考えた事が無かったw

最後は奉太郎が姉から貰ったビターチョコを食べるシーン。
冒頭で蹴ってたのをわざわざ回収したことになる。
なぜ思い直して喰ったのかは説明がなかった。
マヤカとえるが半泣きだったのを見て、
姉の思いやりを素直に受け取る事にしたのですかねえ。
姉のメッセージは「哀を込めて」だったので、
これは姉には贈る相手がいないので、
奉太郎にという意味の「哀」じゃないかと。
その含意に気づいて思い直したのかなと。
人の好意を素直に受け取らないと、相手を泣かす事になると。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)