アニメのあらすじや感想、考察日記がメインです。僻地住まいなのでアニメ視聴はたいていニコニコ動画とかのネット配信です。ラノベやマンガの感想も。あらすじや感想はネタバレへの配慮は無いので注意してください。人名や団体名などは敬称略です。いちいち複数のブログを管理するのが手間になってきたので、別の複数のブログで書いていた過去の記事を統合しました。折を見て元のブログは全て削除しました。

アニメ視聴記 あらすじと感想

氷菓第7話「正体見たり」感想

投稿日:

氷菓第7話「正体見たり」は、
謎の首吊り幽霊の正体を推理するエピソード。

古典部の4人で「合宿」と称して温泉宿に泊まるのだけど、
その宿の休館7号室で首吊り幽霊を見たという怪談をきっかけに、
本当に幽霊を見たとマヤカとえるが主張する。

本題に入る前、温泉に入るシーンで、
奉太郎の股間を隠す方法がちょっと面白かった。
小さい男の子がその前を横切って見えなくしたり、
湯に浮かんだ洗面器が手前を横切るとか。

幽霊の正体をえるが知りたがり、
例によって奉太郎に馴れ馴れしく迫って、
面倒そうだった奉太郎とえるは正体を調べるのだけど、
マヤカが従姉妹の宿題を見る約束なので、
奉太郎とえるが2人きりで調べていた。
これはマヤカが2人に気を使ったようにも見えた。

手がかりは以下の通りで、
まず宿には2人の姉妹がいて、姉は自分の持ち物に名前を書きたがるタイプ。
また前日は雨が降っていた。
前日は夏祭りがあった。
夕べは妹の姿を誰も見ていない。
妹は幽霊の正体を調べている奉太郎達の事を気にしていた。
姉がお気に入りの浴衣を着て花火大会へ行く事をアピールしていた。

つまり幽霊の正体はハンガーで吊った浴衣だった。
妹は姉のお気に入りの浴衣を着たかったが、
自分の所有権をアピールする姉に気後れし、
浴衣を貸してくれと言えなかった。
妹は姉の浴衣を勝手に着て夏祭りに行き、雨に濡れてしまった。
浴衣を乾かす為に誰もいない7号室に浴衣を干した、と。
奉太郎はこの推理をえるにだけ話し、
真相を伏せるようにえるに言っていた。

初めは姉妹の悪戯かと思ってた。
前日にこの怪談をし始めたのは姉で、
悪戯の伏線として話したのかなと。
妹が「あの話をするなとお父さんに言われているのに」と姉を責めたのも、
怪談話に信憑性を持たせる芝居かと思ってたw

えるは浴衣の貸し借り出来ないのは仲が良くないと言ってたけど、
ラストシーンは姉が鼻緒が切れた妹を負ぶっているシーンだった。
仲が良くないならそんなことはしないので、
浴衣を貸してくれないとは妹の想像で、
実際に貸してくれと言ったら貸すのでしょうね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ショートリンク

-氷菓 感想

Copyright© アニメ視聴記 あらすじと感想 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.