ジョジョの奇妙な冒険第4部第31話「7月15日」その1の感想

ジョジョの奇妙な冒険第4部第31話「7月15日」その1は、
吉良の父が川尻に化けている吉良を発見するエピソードと、
鉄塔のスタンド使いのエピソード、
露伴が川尻の息子の写真に気づくのと、
背中を見られると死んでしまうスタンド使いの建築家の訪問、
人や物を折りたたんだ紙に収納できるスタンド使いが並行して描かれていた。

原作では別の日という扱いのはずだけど、
アニメでは同じ7月15日に起きた出来事に改変。
シーン毎に時刻表示があって、24みたいな演出だった。
あと仗助の母が冷蔵庫の食べかけの菓子パンを見つけるシーンもあったけど、
これは紙に収納するスタンド使い・エニグマの少年の一部。
ただしスタンド攻撃までは描かれてない。

鉄塔のシーンは仗助が迂闊に鉄塔内に入ってしまうけど、
ミキタカがワイヤーに化けてスーパーフライを鉄塔へ戻すまで。
そしてボルトで鉄塔内に固定されてしまって引き。
ミキタカの変身能力でボルトの部分を避けて何かに変身できそうだけどねえ……。

ここで仗助を救う為に鉄塔を攻撃するのだけど、
何で億泰はザハンドで鉄塔を削らなかったんだろうねえ。
もし削ってたら、その力が億泰に跳ね返ってただろうけど。
仗助もザハンドで削れと言わないし。

スーパーフライがワイヤーを伝って逃げようとするけど、
握力尽きるだろとコメントでツッコまれていた。
原作ではここで掌のタコに引っかけて移動していると説明があった。
アニメでは小型の刃物を出すシーンで説明があったけど、
そんな所に隠せるわけがないとツッコミコメントがw

最後は建築家が露伴邸にやって来るシーン、
康一のカバンらしき物が道ばたに落ちているシーン、
吉良が仕事中に伸びる爪と、ハヤトが何かを決意するシーンで引き。
残り6話なのでかなり詰め込んでいた印象。
まあエピソードをカットするよりは良かったかと。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)