ジョジョの奇妙な冒険5期第10話「暗殺者(ヒットマン)チーム」ナランチャVSホルマジオ

ジョジョの奇妙な冒険5期第10話「暗殺者(ヒットマン)チーム」は、ナランチャVSホルマジオの中編。
それと輪切り死体を現代美術と勘違いする有名なシーンも。

呼吸探知レーダー

アバンは前話ラストの続きで、ナランチャが徐々に小さくなってた。
俺のナイフじゃねえとか、靴も俺のじゃねえとか、
車のシートもハンドルも大きいので「俺の車じゃねえ」と勘違いw
しかもバランス崩して尻餅ついてた。
ケツポケットにいたホルマジオはなぜか潰れてなかったw

ナランチャは店の公衆電話でブチャラティに連絡を取ろうとした。
電話機のサイズとナランチャのサイズがおかしかったw
ジョジョの奇妙な冒険5期第10話 ナランチャ53cm
この大きさで53cmはないね。
せいぜい20cmくらいでしょ。

ホルマジオは受話器のコードを切断して妨害。
それで近くにいるとバレてしまった。
エアロスミスには呼吸を探知するレーダーがあった。
ナランチャはケツポケットの呼吸を探知し、ホルマジオを発見。

ホルマジオは咄嗟にペンを元のサイズに戻し、
その反発力で自身を飛ばして難を逃れた。
しかしエアロスミスの呼吸探知に気付いておらず、排水口から下水道に隠れるハメになった。
エアロスミスの銃撃は上手いこと当たらず、主人公補正っぽい印象w

現代美術と勘違い

中間はホルマジオが標的を暗殺する回想。
レストランの飲み物に小さくした車を入れてた。
そして標的が店外に出たら元のサイズに戻した。
標的は体内から車が飛び出して破裂死した。
でもこのサイズだと口に含んで気付きそう。
ジョジョの奇妙な冒険5期第10話 掌の車

ホルマジオは暗殺チームに所属していた。
このチームはボスを密かに狙ってた。
その事をボスに嗅ぎつけられてしまった。
仲間のジェラートとソルベがいなくなった。
ホルマジオが発見したジェラートは窒息死していた。
また謎の額縁が多数、組織の隠れ家に届いた。
それを並べてみると36の断片に輪切りにしたソルベの死体だった。
これを現代美術と勘違いする下りは覚えてたw
承太郎のタバコは黒塗りで規制しつつも、輪切りの死体はそのままなんだね。

以来、このチームはパッショーネで冷遇されるようになったらしい。
なので、ボスの娘を狙う動機は十分にありすぎる。
冷遇で留めたのはスタンド能力に利用価値があったんでしょうね。
このチームもポルポの矢を喰らったんだっけ……。
ボスも矢を持ってたんだっけ……。

なぜか疲れて呼吸が荒いネズミがいた

回想から戻るとナランチャVSホルマジオの続き。
下水道に潜んでいたホルマジオは呼吸というレーダーの秘密を見抜いた。
そしてネズミに紛れて逃走しようとした。
しかし1個だけ大きな呼吸があった。
ホルマジオを乗せているせいで、ひときわ疲れているネズミだった。

エアロスミスに撃たれた瞬間、ホルマジオは元のサイズに戻って難を逃れた、という引き。
てか、もとのサイズに戻れば弾丸喰らっても平気なら、公衆電話の下り辺りでナランチャを素手で殺せば良かったんだよね。
体が小さくなるとスタンドも小さくなるんでしょ。
なんでこいつスタンドバトルに拘ってんだろうと思ってしまう。
自分が絶対的に勝てる最小サイズになるまで直接戦おうとしない、チキンなんですかね。

“ジョジョの奇妙な冒険5期第10話「暗殺者(ヒットマン)チーム」ナランチャVSホルマジオ” への1件のコメント

  1. ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 BS11(12/07)#10

    Episodio  10 暗殺者(ヒットマン)チーム ナランチャは人が集まってきたのでひとまずエアロスミスを収納。 しかしナイフが、靴が大きい、車にも乗れない。 ようやく自分が小…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)