ジョジョの奇妙な冒険5部第35話「鎮魂歌は静かに奏でられる」その2ナランチャ脱落

ジョジョの奇妙な冒険5部第35話「鎮魂歌は静かに奏でられる」その2は、ナランチャ死亡回。

矢を狙うと反撃が始まる

アバンはブチャラティ(ディアボロ)がみんなの状況を把握していた。
そして、矢が原因でこうなったとポルナレフ(亀)から聞き出した。

そこでスティッキーフィンガーで矢を取ろうとすると、
なぜかスティッキーフィンガーはブチャラティを攻撃。
ミスタ(トリッシュ)のピストルズもミスタ自身を攻撃し始めた。
トリッシュ(ミスタ)がスパイスガールで弾丸を柔らかくして難を逃れた。

これもレクイエムの能力だった。
矢を守るべく、矢を狙う者の精神(スタンド)を操っていた

その時、ブチャラティ(の体)が目覚めて呻いた。
それでレクイエムは後回しになった。
トリッシュはピストルズでブチャラティを狙撃。
しかしブチャラティは動かなかった。
そこで更に足を撃って動きを封じようとすると、いきなり時が吹っ飛んだ。
キングクリムゾンが発動した証拠だった。
ところがブチャラティの体は動かなかった。

レーダーを持つナランチャだけ始末

一同が動揺している中、いきなりジョルノ(ナランチャ)が殺された
ジョルノの死体は柵に刺さってた。
柵から降ろしてナランチャ(ジョルノ)がゴールドエクスピリエンスで治療。
すると、ジョルノの魂とナランチャの魂が元に戻った。
……と思いきや、戻ったのはジョルノだけ。
ナランチャの魂は既に「逝っていた」

ディアボロは追跡を防ぐ為にナランチャだけを狙ったらしい。
恐らく、ポルナレフの説明も聞いてた。
それで矢を手に入れるべく、ナランチャを殺した。
しかし、どうやって気付かれずに接近したのか……が、実は伏線。

その頃、ミネアポリスでフーゴが空を見上げていた。
これはオリ要素。
虫の知らせ的な演出ですね。
確か原作だと全く再登場しないんだよね……。

アニメを見終わってから原作の電子書籍版を見てるけど、そういやナランチャ死ぬんだったなと思い出した。
急にミネアポリスに帰った時の話をし出したけど、まあコテコテの死亡フラグなんだよね。

亀はボスが二重人格だと気付いた

ドッピオの魂がブチャラティに入り、ディアボロの魂は何者かに入っていた
ドッピオは動けないので放置、てか死体にドッピオの魂が入ってるので直に死ぬ。
ディアボロを追跡する必要があるけど、居場所はわからない。
それにディアボロもまた、レクイエムを追っているはずだった。

なので結局、レクイエムを追跡する事になった。
ナランチャの死体をジョルノのスタンドの植物で覆ったのは原作通り。

レクイエムは通りを夢遊病のようにただ歩いていた。
しかもレクイエムは「実体化」していた。
つまり非スタンド使いにも見えていた。
とは言え、通行人は殆ど寝ていた。

そしてブチャラティはレクイエムに足をかけて転ばせた。
矢は路上に落ちてしまった。
すぐに取り戻すのでもなく、ナマケモノかってくらいのろのろと起き上がろうとした。
その隙にジョルノは矢を拾おうとしたけど、例の「反射」が起きて止めた。
石を投げると、自動的に石が反射した。
誰にも触れないように思えた。

ところが、亀が矢に噛みついた。
レクイエムは反応しなかった。
亀は既にスタンド使いではないので、反射は起きなかった。
この辺の設定、意味がわかんないんだよね。
非スタンド使いも寝て、魂が入れ替わってるんだから……。
そして亀は、ミスタのスタンドを矢で貫くよう命じた。
すると、亀の意図を把握したかのようにレクイエムは急に走りだした。

ここで引きとなったけど、Netflixで視聴して21分くらいで終わった。
Cパートがあるのかと思ったら何もなかった。
変だと思って初めから再生し直すと、アバンとOPが飛んでただけだった。
何でこんな現象が起きたのかわからない。

“ジョジョの奇妙な冒険5部第35話「鎮魂歌は静かに奏でられる」その2ナランチャ脱落” への1件のコメント

  1. ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 BS11(6/21)#35

    Episodio 35 鎮魂歌は静かに奏でられる その2 ブチャラティのスタンド、スティッキー・フィンガーズがレクイエムを攻撃する。ドッピオはブチャラティの魂と入れ替わっていると分かる…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)