『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

ダイヤモンドは砕けない第17話「岸部露伴の冒険」感想

ジョジョの奇妙な冒険第17話「岸部露伴の冒険」は、
杉本鈴美という幽霊の女の子が登場するエピソード。

今回はOPEDカットで1話に詰め込んでいた。
前後編で2話分にも出来そうだけど、
エピソードが盛り込まれていて、
いつもよりも倍くらいの濃い内容に感じた。

原作も読んだけど、所々カットがあった。
カットは、康一が露伴に同行するのを渋る際の台詞とか、
康一が路地から逃げようとしてポストの所へ戻ってしまうシーンとか、
露伴達が幽霊とどうやって戦うのか困惑するシーンとか、
路地から抜けた露伴に道を尋ねる老婆、
露伴がもったいぶる住職に、自分の幼い頃の事情を教えてくれと訴える下りなど。

逆に変更されてたのは、
鈴美に抗議する露伴が、康一の口をずっと塞ぎ続けて、
康一がずっとモガモガとし続けるシーン。
原作だと露伴が牽制しただけで康一は黙ってる。
吉良吉影が「オブレイの時計」を「舶来の時計」と言い換えてたり。
よくわらかんけど、商標に関わるのですかね。

鈴美の顔は原作よりもマイルドに(可愛く)なってたw
原作のイメージじゃないけど、声優の声質に合わせたのですかねえ。

露伴が「この露伴が頭を下げて頼んでいるのに」と康一に難癖をつけてたけど、
「頭下げてないじゃん」とコメントで突っ込まれていたのは面白かった。
あと、康一があの世へ連れてかれそうになった際に、
「僕と一緒にいて良かったな康一君」と言ったシーンにも、
「お前と一緒だから巻き込まれたんじゃん」と突っ込まれていたw

ヘブンズドアの残像を空中に描く腕の動きは、
原作よりもかなり増量となっていた。
鈴美とは波長が合ったので残像だけで本に変えられた、というのは伏線の一種で、
露伴が覚えていない幼い頃に鈴美と仲が良かった事が原因かと。
康一はマンガのファンなので波長が合うのは当然。
今回は仗助はセンスが無いので効かないと言ってるけど、
後で出るハイウェイスターのエピソード中、
仗助にもヘブンズドアーを使ってたはず。

吉良吉影の声優は森川智之だった。
ゲーム版では小山力也だったらしいけど、
小山力也版の方がサイコパスらしい気もする。
森川智之版は何かダンディなオジサマって感じ。
このダンディっぷりだと目立つ気がするので、
目立たない生き方を信条とする吉良吉影としてはどうかなと。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)