ジョジョの奇妙な冒険第4部第30話「猫は吉良吉影が好き」感想

ジョジョの奇妙な冒険第4部第30話「猫は吉良吉影が好き」は、
川尻家の地下室の猫がスタンド使いとなるエピソード。

冒頭はしのぶが猫を懐柔しようとアホな行動を取るシーンw
かわいいって言われてたw
こんな女と結婚して川尻は冷たい扱いだったのかとも言われてた。

その猫はしのぶが慌ててホウキを振り回したせいで死んでたけど、
吉良は猫の死体を庭へ埋める。
すると翌日、猫の死体が蘇生して植物の猫に変身していた。
この猫草はしのぶを覚えていて、攻撃して殺そうとするのだけど、
吉良としては騒動が起きると困るのでしのぶを庇い、猫草と戦うハメに。
この辺りからは吉良が主人公っぽい行動を取ってたw

猫草は空気を操作するスタンド使いで、
空気なので見えず、塊を任意に爆裂できるらしく、
その衝撃波でしのぶは昏倒。
吉良のスタンド相手では空気塊そのもので攻撃は不可能と気づくと、
近くにあったサボテンを狙って破裂させ、
トゲを散らして攻撃するという知能があったり。
更に空気を吉良の血管に入れて体内から攻撃しようとしたり。
元から頭がいい猫で、それ故弓矢に狙われたんでしょうね。

ここでしのぶの顔にトゲが刺さってなかったのを見て吉良は安心してしまい、
自分が女を心配した事に驚いていた。
すぐに「承太郎が追ってくる手がかりとならずに安心した」
と納得しようとしてたけど……。
吉良はプライドが異様に高く、
女に人生を左右されるのが嫌なんでしょうね。
それにしのぶのように積極的にアプローチするタイプは初めてなのかも。
しのぶを守るシーンはコメントで主人公とか言われてたw

吉良VS猫は、吉良がゴルフボールを転がして勝利w
猫の性質は残ってるので、ボールをチョイチョイして遊んでしまうっていうw

後半は川尻の息子ハヤトが吉良を疑うエピソードで、
父親の部屋に監視カメラを付けたり、
留守中にクローゼットを漁ったり、
屋根裏で猫草の空気操作能力をすぐに把握したり、
賢すぎて気持ち悪いとか言われてたw

吉良は帽子が玄関に残ってたのをきっかけに胸騒ぎを感じて帰宅。
ハヤトは屋根裏で猫草に攻撃され大きな音を出してしまい、
吉良の疑惑が確信となってた。
ハヤトは急いで屋根裏への階段を閉め、
猫の餌をばらまいて猫草が自分で荒らしたように見せかけて隠れた。
これも頭良すぎと言われてた。
この子が頭悪かったら潜伏に成功してたでしょうね。

吉良は猫草が暴れたと判断し、
それ以上何も捜索せずに屋根裏を出るけど、
ここでいつも通り独り言を言ってしまい、
ハヤトに「ハヤトを殺さなければならないところだった」と聞かれ、
ハヤトの疑いを余計に招いていた。
ここでクローゼットのドアが開けっ放しだったのを疑問視しないのは不思議。
いくら何でも猫草の空気はそこまで届かないし、
屋根裏への階段は閉まってたのだし。
吉良ほど用心深いなら、思い直して屋根裏を捜索しそうなんだけど……。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)