『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美 アニメーションの脚本術 プロから学ぶ、シナリオ制作の手法

第41話「ダービー・ザ・プレイヤーその2」の感想

冒頭は花京院が負けてしまうシーンですが、
花京院の魂を入れた人形をテレンスが頬ずりするシーンの細かい描写が気持ち悪いw

次の承太郎の野球ゲーム戦では、たったの8球で操作のコツをつかんでますが、
テレンスは柔道の達人が胴着の着方を見ただけで実力がわかるとか言っておいて、
実は承太郎の理解力のすごさに気づいてなかったんですね。
この相手の力量を低く見る態度がテレンスが負ける遠因で……。
まあ、承太郎の学習能力の高さを見誤っていたのはジョセフも同じなんですが。

承太郎がホームランを出したシーンで、
今まで各エピソードのラストで流れていた音楽だったのはちょっと違和感がありました。
この音楽聞くと、このエピソードはこれで終わりって印象なんですよね。

今回のジョセフは完全に解説役でスピードワゴンかとニコ動のコメントで突っ込まれてましたw
原作では別に気にならない台詞なんですが、
声を実際に当てると実況解説にしか聞こえないですw

テレンスの心を読む能力は、いちいち高めかな、低めかなとか聞かないとわからない能力で、
テレンスが気づかないことについては心を読みようがないっていう欠陥を抱えてます。
これが次回でテレンスが敗北する原因なんですが、
テレンスがダービーのように駆け引きを学んでいたら
ここで承太郎たちは終わっていたでしょうね。
テレンスは花京院との駆け引きはうまかったけど、
あくまでもテレビゲームのルールとか裏ワザとかの範囲での駆け引き。

今回でテレンスは終わりと思ったら、また次回に続いてました。
テレンスの残りのエピソードから言って、あと1話分は無いので、
次回予告がヴァニラ・アイスとなってました。
次はアブドゥル、ポルナレフ、イギー組のエピソードですが、
次回の後半でそのエピソードが入るんでしょうね。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)