賭ケグルイ××第9話「傍の女」扉の塔

賭ケグルイ××第9話「傍の女」は、清香VS蛇喰のギャンブル前半戦。

キラリの1番になりたい

アバンはキラリの秘書の清香が蛇喰との対戦を申し入れてたけど、却下された。
キラリは「もっと水槽をかき回して欲しい」らしい。

OP後は×喰が女子生徒にモテモテというシーン。

そして、また生徒会長戦速報。
ただし得票数ベスト10も出演していた。
意外なのは鈴井が13票で10位。
1位はキラリなのは変わらない。
テラノが2位になってた。

蛇喰はキラリに対戦を申し入れていた。
キラリは応じる様子に見えた。
しかし清香が割って、蛇喰を「疫病神」呼ばわりで罵った。
蛇喰は落ち込んでいるように見えた。
過去に同じ事を誰かに言われたんですかね。
だとすると、それは入院してる姉?

そして清香は「蛇喰を学園から追い出すべき」と主張。
当然、キラリは拒否した。
なので、清香は「あなたに仇為す者(蛇喰)を殺したら認めてくださいますか」と言い出した。
で、蛇喰とのギャンブルを要求した。
その賭け金は「命」。

蛇喰はその挑戦を拒絶。
理由は「全てを賭けてないから」。
清香にとっての全てとは「キラリとの関係を一切断つこと」だった。
この賭け金にキラリは賭けを認め、自身はディーラーとなった。
清香はマジでキラリとの関係が人生の全てらしい。
原作だと、キラリが清香を失うリスクに躊躇して欲しかった、という清香の心の声が描かれてる。

蛇喰の賭け金は「金輪際、誰ともギャンブルしないこと」だった。

ここで生志摩と西桐院が清香の話をしていた。
清香は中等部の頃から目的も無しに勉強して1番を取り続けていたらしい。
それがキラリと出会って「キラリの1番」になるよう目的が変わったと。
目的もないのに勉強するので、生志摩は清香をバカだと評していた。
清香がキラリに心酔する理由は、原作でもよくわからないんだよね。

後半はギャンブルの為に作られた「扉の塔」が舞台

このギャンブルは原作だと生徒会長戦の前のエピソード。

最上階の5階からスタートし、交互に問題を解いて扉を開けて降りる。
1階にある百合の花を回収し、再び5階へ戻るというルール。
ただし問題の回答権は5分ごとに1回しかない。

中央階段は1階と5階直通。
梯子は1階分と2階分一気に昇降できるのと2種類。
塔の外壁にも扉があり、外に出れるらしいけど、わざわざそんな扉を用意する意図があった。

問題は数学パズル。

蛇喰は中央扉の「12C」の問題を解いた。
この数字はただの16進数で、10進数に変換した数値を入力しただけ。
しかし扉が開いてもただの壁だった。
その扉から登ってきたはずなのに。
これが既に塔の謎を解くヒントだったけど、初見では気付かなかったな。

清香は「1」の梯子を選んだ。
4階に降りた清香は謎の柱を見て、もう片方の梯子は2階分降りれる梯子だと察した。
もし蛇喰が2階分降りれる梯子を選んだら、もう清香は追いつけない。
ここで思わず神様に縋ってしまうのが面白いw
たぶん他の賭け金だったら、ここまで弱気になってないだろうなと思う。

蛇喰は清香が1を選んだのを、合理性と評した。
そしてキラリが清香を側に置いているのを、徹底した合理性ゆえと推測。
しかしキラリは、清香の異なる部分を気に入ったらしい。
この答え、原作でも描かれてない。
示唆されてるのかもしれないけど、私には読み取れなかった。

蛇喰のターンで外壁の「78」の扉を開けた。
開けても外が見えるだけ。
なぜ外を見るだけの扉が存在するのか。
もちろん外を見れば塔の謎がわかるので、
キラリはわざわざ外を見るだけの扉を用意した。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)