ケムリクサ第12話 船の果て

ケムリクサ第12話は、赤い幹(ラスボス)を倒すエピソード。

わかばは囮になっていた

アバンはわかばが根っこに貫かれた経緯をわかば視点で描いていた。
根っこがリンを狙ってたのを囮になって引きつけていた。
わかばは死んだかと思ったら、懐の緑クサでガードしてたらしい。
リンの緑クサで治療もした。
モロに貫かれてたのに、何か御都合主義的。
まあ、わかばは人間ではなく異星人なんだけどね。

赤いバリアを貫けない

2人で共闘して幹を切断しに向かった。
この幹はリリが生んだ赤いクサが大きく育ったもの。
リンはわかばから緑クサを数枚貰って幹に特攻。
しかし幹は赤いバリアで覆われていたので、リンの攻撃は貫通しなかった。
そして赤い幹はわかばを根っこで踏みつけた。
わかばは青を使って幹が外部に出られないようバリアを張った。
リリの記憶のワカバの行動の再現になってた。

ここでリリの記憶の続きとなった

分割処理を実行したリリは、赤い葉でワカバの様子を遠隔視していた。
しかしワカバは既に死んでいたらしい。
色調を明るくすると、枝の根元の黒い塊はワカバの死体っぽい。
ケムリクサ第12話赤クサに映ったわかば
なので、リリは橙のメッセージを消して「好きに生きて」と書きなおした。
遠隔視可能なら分割前に確かめればいいのに。
これは遠隔視ではなく、リリの記憶を赤い葉に残したらしい。
ワカバの最後の姿も実はリリは目撃していた。
その光景を赤い葉に写す事で、ワカバは初めから死んでいたと気付いたってことみたい。

リンの体内の葉も水が尽きて光を失った

ここでリツとリナの通信。
(リツは頭が外れて遠隔通信できる)
それと残ってた草をリンに渡した。
物を遠方に持っていけるって描写は今まであったっけ……。

その頃、リツとリナは迫る赤虫に囲まれていた。
2人とも体が部分的に消滅しかけていた。
てか、とっくに死んでるかと思ってたw
前話ではそんな雰囲気だったし。

またリョウ、リョク、リクが出現

実は3人とも、リンの記憶の葉に保存されてたらしい。
つまり、今まではリンが寝てる間に記憶の葉から抜け出して、周囲を探索してたんですかね。
ただ、今回は3人が同時に出現していた。
多重人格みたいな描写はなんだったのか……。

前にリツが言ったとおりリョウ、リョク、リクはかなり強かった。
3人とも草をかなり使いこなしていた。
てか、もっと早くに出てこいよとw
まあ、わかばとリンだけでも倒せると思ってたんですかね。

後はリンがリツから託された緑の枝を幹に刺して倒すだけだった。
どうも幹の周辺の根っこを破壊すると本体にダメージが通るっていう「ゲームあるある」な攻略法になってたw

これで赤いクサが生んだ赤い霧も消滅。
幹が消えるとなぜか緑の光が差してわかばの負傷が治った。
わかばの懐にはリンがかつて手当てした緑クサがまだ残ってた。

リョウは「記憶の葉、あの通りなら、ここ!」と言ってた。
ここは「船の果て」らしい。
あの通りとはリリの記憶?
てことは、リョウもリリの記憶を見てたんでしょうね。

リョウ、リョク、リクは完全に消えた。
リクとリナはまだ生きていた。
数日は生きていけるらしい。
赤虫たちも消滅していた。
じゃあ、もうすぐ死ぬかのような赤い欠片が剥がれている描写はなんだったのか。
第1話でリナ5が死んだ時にも赤い欠片が剥がれてすぐ死んだんだよね。
「赤い霧が消えたので地形ダメージも消えた」みたいなゲームっぽい設定なんだろうか。

しかしここらには水が無かったので、リンの命も風前の灯火。
7島に戻れる水は無かった。
ここで青いクサが漂って、壁を開けたっぽい。
いきなり光が差して繋がりがよくわからなかった。
青いクサが壁に割れ目を作った理由もよくわからない。
初めから開いてたんだろうか。
それで、外部の水に惹かれて青いクサが割れ目の外に浮遊した?
てか、青いクサはどこからやって来たんだ?

EDテーマは途中から声優ボーカル版に変わってた。
そういや、ルンバ(シロ)の声優って小松未可子だったと判明。
ケムリクサ第12話キャスト

エピローグは「船の外」だった

光の先は地球のようで、大量の水があった。
リンはその光景に泣いていたけど、わかばに「好きだ」と告白してお終い。

あと1話か10分くらいエピローグが欲しい終わり方だった。

いくつか、謎も残したまま

リリの記憶ではワカバは既に死んでるはず。
代わりにわかばが生まれたのはなぜなのか……。
リリと同様にプリントしたのだろうけど、それは特別の装置が要るはず。
となると、水を汲み上げる装置が元はプリント装置だった?
ケムリクサ わかば初登場とクレーンの比較
それにしても、汲み上げた水にわかばが混入してたのはなぜなのか。
10島で死んだワカバが1島まで流れ着いた経緯が不明。

船とはワカバが操ってたクレーンと思ったけど、違うみたい。
島がある全体が船らしい。
船は全域がドーム型なんだろうか、外部から見ると巨大な岩塊?
だとすると、第11話でワカバとリリがいる場所の上空が開けているのと矛盾する……。
幹があったのは第11話でリリが作った赤い葉の鉢植えがあったのと同じ場所。
でもそのシーンは洞窟内のような描写じゃないんだよね。
なんで全体がドーム状に岩で覆われたんだろうか。

ワカバが死んで音信不通となってるのに、
ワカバを派遣した者が様子を見に来ないのはなぜか。
リリが分割してだいぶ時間が経ってるっぽいのに。
赤い霧の汚染のせいで見捨てられたんだろうか?
そうすると、船(島全体)が岩塊で覆われていたのも説明がつく。
赤い霧の汚染を封じるのに岩塊で埋めたのかもしれない。
ちょうどチェルノブイリの放射能汚染をコンクリートで埋めて封じたように。

“ケムリクサ第12話 船の果て” への1件のコメント

  1. ケムリクサ TokyoMX(3/27)#12終

    第12話 りんがりりの記憶を見る間に赤い木の根が襲ってきた。 わかばはりんを守るためにケムリクサを使う。どうやらケムリクサに反応するので、連続で使用すれば注意を向けさせ…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)