ケムリクサ第9話 リョウとリョク

ケムリクサ第9話は、リョウとリョクから聞いた情報で青い壁のヌシを倒すエピソード。

青い壁のヌシ

アバンは9島に到達した直後から。
目前に富士山のような綺麗な円錐形の山があった。
ルンバは顔文字「^_^」を使ってた。
リナは顔文字を「大丈夫」と解釈。
顔文字と認識してる?

山登りはちゃんと登山道があった。
中腹からは6島と7島が見えた。
7島の根が赤霧を防いでいる様子が見えたようだけど、描写はよくわからない。
何しろ全面的に赤霧が立ちこめてたので。
私の環境は画面が何か暗めだし。
モニターの明るさを変えても画面の暗さは変化がない。

山頂には青い壁があった。
わかばが壁を開けようとすると巨大な赤虫が降りてきた。
この赤虫は壁の中を移動していた。
更に赤い根を召喚していた。
ただ、壁から離れると追って来なかった。

壁の近郊には山小屋があって、ここで眠った。
壁はリョウの時も何度も攻撃してやっと破壊できたらしい。
なので迂回するしかないけど、迂回道はなかった。
壁を何とかするしかない。
なので、翌日にリンが攻撃する事になった。

リョウとリョク

わかばは寝ずに周囲を探索してた。
すると、リョウと遭遇。
リョウは「長女」と名乗った。
リョウはわかばを「臭う」と。
ケムリクサの臭いがするけど色違いとも。

わかばがヌシを倒したと聞いて、戦ってみない?と誘われてたw
ルンバにも「ちょっと戦う?」と聞いてた。
リョウ曰く「リンの方が全然強い」らしい。
またリッちゃんも強いらしい……けど、病気か何かで衰弱してんだよね。

リョウ曰く、2回目のヌシで死んだのに、体内の葉に保存されていたと。
ただし、あと1回戦ったら「使い切る」らしい。
「リクもここにいる」と言ってたけど、姿は見えなかった。

壁を壊す話を聞くと、リョウの体がリョクに変化。
多重人格的な存在?
元からそうなのか、死んだのでこうなったのか。

リョウはわかばを「ただの人型」と評してた。
また橙の葉を「私の日記」と驚いてた。
わかばが文字を読めるのを知って「殺すしか……」と黒いオーラを出していたw
これは日記ってか黒歴史がバレた時の反応w

リョウによると、橙の本来の持ち主が書いた部分を覚えてなかった。
では、このリョウは「分割後の私」ですね。

リョウはリンが持ってる記憶の葉を読めと嗾けた。
そして、何か教えてよと。
「リンは今は目もいいのか」「あの時、私の目を渡すんじゃなかった」とリョウは言ってた。
また、わかばは赤い幹を止められるかもと教えてた。
壁は緑の枝を使えば操作できるらしい。
ただ「リツが大事にしていたからな」と、緑の枝が失われるような反応だった。
これはたぶん、枝が成長してることを知らなかったのかもね。

緑の枝の威力は凄かった

わかばがリツに緑の枝の事を話すと、リツは乗り気。
てか、リン1人だと厳しいんだろうね。
リツは枝を折ってリンに渡した。
丸ごと使うのかと思ったw

リンが枝を投げると、赤虫に効いていた。
そして、青い壁も壊れた。
わかばは赤い根を掴んで赤虫が動かないようにしてた為、負傷してた。
しかし、緑の枝の破片が当たったので回復したらしい。

一同が先に進もうとすると、リョウが現れて最後尾のわかばを「やったね」と褒めていた。
しかし、リンが振り返ると誰もいなかった。
幽霊のような存在?
てか、リョウ達が影ながら戦ってたんですかね。
最後に挨拶がてら、わかばを褒めて消滅したのかもしれない。
そうじゃないと「あと1回で消える」とか「消える前に核心を知りたい」とか言わない気はする。

“ケムリクサ第9話 リョウとリョク” への1件のコメント

  1. ケムリクサ TokyoMX(3/06)#09

    第9話 九島に到着、先に山が見える。 シロが大丈夫と先を歩く、りんオコリンボとメッセージ。 葉脈のような細い山に向かう道が続いている。 道の両側は赤い霧が発生して…

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)