一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

琴浦さんラジオ第4回の感想

今回は福島潤がわりと収録に慣れてきた感じがあった。
以前のハッチャケ感が弱まったというか。
なぜかお通夜みたいなローテンションで始まっていたけど、ゲストの久保ユリカが落ち着いたテンションでやりたいと言っていたかららしい。
でもわざとらしいローテンションで逆にギクシャクしてたせいか、本人が登場すると「やりづらいです」としょっぱなからクレームをつけて、「ひーちゃんだけは味方だと思っていた」とw
久保ユリカに質問というコーナーで、「最近覚えたモノマネ」で「キキキキ」と「鹿のまね」をしていた。
これはリアルものまねらしい。
というか、質問のはずなのに無茶ぶりのコーナーみたいになっていたw
久保ユリカと金元寿子が話していると、福島潤が桜餅を食べ始めて「何で食べるの」と困惑し始めていたw
ゲストは久保ユリカひとりのはずだったけど、彼女を助ける為か下野紘も途中参加していた。
エロスな妄想のコーナーは、コンビニのレジが女性店員だったらわざとそこへ並んで恥じらう姿を楽しむというネタで、久保ユリカが「趣味が悪い」とバッサリw
それから心理テストのコーナーが新設されて、街中で自分そっくりの人を見つけたらその人は何をした?というテストで、これは自分がやりたいことを表すらしい。
久保ユリカは「ゴミ処理場へ行く」という答えで、その説明として「ドッペルゲンガーと思ってて、そしたらゴミ処理場行くでしょ?」って飛躍したことを言い出して吹いたw
EDテーマCDの告知のくだりは、単に紹介するんじゃなくて小芝居を入れていたのが面白かった。
久保ユリカがMだからって話が出てたけど、どういう意味なんだろう?w
最後の締めは、また久保ユリカと下野紘に即興で歌って締めるようにムチャぶりされ、代わりに下野紘が即興で歌って締めていた。
歌のあとで久保ユリカが、二本撮りで下野紘の収録のテンションを見て、最初は帰りたかったと言っていたw

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)