琴浦さん第12話の感想

ESP研を新ESP研に変えるのは、どういう意図なんだろう。
琴浦を利用するのを辞めるという、副部長の決意のため?
森谷が振られたときのことを想像してたのは、何の意味が?
琴浦に読まれるとわかってて想像してた?
琴浦母が勝手に自宅へ入ってたのは、どういう理由なんだろうと思ったけど、和尚が母親に琴浦が連続殺人事件に巻き込まれたことを教えたからみたい。
琴浦とはかなり険悪だったので、なんで来たんだろうと思ったな。
親子喧嘩で明らかになったけど、やっぱり母の交際相手の津山の心を読んでいたんだね。
でも読んでいた内容は、琴浦をエロい目で見ているという程度で、連続殺人とは無関係だった。
心を読むって、夢の内容も読めるようで、母親の夢を読み取って和解してたのはラストらしくうまいことまとめたエピソードだと思う。
真鍋にはっきりと好きといってほしいことを森谷に相談するのはびっくり。
心を読み取って「吹っ切れた」ことを知ってて相談した?
森谷も乗り気で、すごい変わり身。
小学生のころから真鍋のことを想っていたんだろうに。
琴浦が真鍋にはっきりと「好き」と告白するシーンで、真鍋が琴浦とキスするかと思ったら、鼻を合わせるだけなのは、妄想はエロ全開なのに実際の行動はちょっと奥手っていう真鍋らしい。
ニコニコ動画で「二期要らない」ってコメントがあったけど、綺麗に終わったのでムリクリ続けてグダグダになったら嫌ってことだろうね。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)