クジラの子らは砂上に歌うKindle版第1~3巻が0円 AKITA電子祭冬の陣(3/29まで)

クジラの子らは砂上に歌う第10話「新しい旅に出るわ」シデラシア公国との邂逅

クジラの子らは砂上に歌う第10話「新しい旅に出るわ」は、閑話休題エピソード。
でも帝国側では再び攻勢がありそうな雰囲気。
でも残り2話なので、そこまでは進まないかな。

冒頭は敵兵も含めて死んだ人を弔ってた。

団長の妻は自殺したらしい。
確か団長に美しく死ねと言われたんだっけ。
死に顔を見ず、髪を一房切るよう頼んで立ち去ってた。
団長は一人で泣いてたけど、その涙に気付いて「誰だ」と訝しんでた。
二重人格なんですかね。
ただの中二病キャラを描くとは思えないし。
あと団長の母はスオウ達を「死ぬのは子供」と脅してたラシャだった。
団長を「心を取られた兵士の方がマシ」と貶してた。
これも二重人格を思わせるんだよね。
眼帯を外すのが人格入れ替わりの伏線かな。

オウニは意識不明が続いていた。
キチャが看病していた。
スオウはもうオウニに戦わせないと約束。
でもオウニの意思はどうなのか。
オウニは前も「俺の事を勝手に決めるな!」と怒ってたんだよね。

マソオは飲酒を許されていた。
印は飲めない決まりだったけど、許されたのはサイミヤが使えなくなったからでしょうね。
恐らく寿命も尽きかけている。

リコスは兄が処分されると予想。
しかし兄が処分を受け入れるとは思えないとも。
実際、リョダリを使って何か企んでいそうだった。

リョダリはなぜか生きていた。
過去のエピソードにリョダリが救出された伏線は無かったような……。
リコスの兄に道化になれば「私の私物なら作戦に同行できる」と。
って事で強要されてた。
でもリョダリの嫌がりっぷりから、普通の道化ではないね。
宦官みたいにチンポを切られるんだろうか?w
それとも道化恐怖症みたいなリョダリの勝手な思い込みなんだろうか。

泥クジラでは雨が降ると皆でお風呂に入るらしい。
それで一種のサービス回となってたw
男も全裸だったので男女ともにサービス回。

後半は帝国とは別の国の小型艇が泥クジラに接近。
青い砂時計の紋章だった。
ロハイトというエラソーな人物と部下が上陸。
シデラシア公国のアモンロギア領から来たらしい。
余と名乗ってたし、最高権力者なのかな。
でもなんでショボい小型艇で?ってとこが疑問。
国を追われたのかなと思った。
リコスはロハイト達が来て様子がおかしくなってた。

ロハイトは銃で脅して泥クジラを支配しようと宣言。
しかし団長がサイミヤで全ての銃を取り上げてあっさり降伏。
でも泥クジラとしてはシデラシアと組んで帝国と対抗できるかもしれないわけだよね。
なので、捕虜にもせずに食事を与えて歓待していた。
それでもやはり、こんなショボい一団は戦力としてどうなのかなとw

オリフィニスから貰ったオウムガイのようなデバイス「コカロ」は、
実はリスのような生き物だった。
リコスが元から持ってたのと同じ生き物だった。
エマかエリかどちらか不明だけど、この生き物の意味を知ってたらしい。
そして生き物が翼に変わり、帆船の帆となった。
ネリ(かエマ)は「生きて奪って自分を燃やせ」と不穏な事を言って消えた。

3 Responses to “クジラの子らは砂上に歌う第10話「新しい旅に出るわ」シデラシア公国との邂逅”

  1. クジラの子らは砂上に歌う 第10話 『新しい旅に出るわ』 水着回ならぬ水浴び回!

    尚、男女平等な模様。そしてメインはスオウな模様。ギンシュはおっきいな、リコスはお察し。加えて新キャラも登場、果たして敵なのか味方なのか。リコスの心中も穏やかじゃない様…

  2. クジラの子らは砂上に歌う【第10話 新しい旅に出るわ】感想

    ☆第10話 新しい旅に出るわ  戦いでたくさんの犠牲が出た泥クジラ。スキロスが沈み、帝国軍は一旦ファレナから手を引きました。母艦からの攻撃もしばらくは無いだろうということな…

  3. クジラの子らは砂上に歌う 第10話

    戦艦スキロスの崩壊で、帝国軍と泥クジラの戦いは一旦終結しました。

    大きな犠牲を出してしまい、砂葬を行うスオウ(CV:島崎信長)は、もう犠牲者は出さないと誓うのでした。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)

カテゴリ最新記事