きららマギカVol.28の感想

きららマギカVol.28を読了したので感想。
きららマギカVol.28
きらら☆マギカ(28) 2016年 11 月号 [雑誌]: まんがタイムきららキャラット 増刊


おりこマギカは、マミVSキリカ戦が部分的に描かれていたけど、
メインは織莉子の心の迷いの描写だった。
幼い織莉子が現れて織莉子を追い詰めてたけど、幻覚でしょうね。
織莉子の精神が安定しているのは、
織莉子が折れる前にキリカが折れたから、
織莉子が壊れる前にキリカが壊れたから、
という事実に気づいて愕然としていた。
そしてキリカに早く戻って来てと救いを求めるけど、
その時マミがキリカを倒し、
同時に織莉子がそれを予知して、引き。

織莉子の叔父と政治家が織莉子の父の話をしてるシーンもあった。
叔父はこの政治家を嫌っている様子だった。
もう物語終盤だろうけど、
結末と関わらない意味の無いシーンを描かないはずなので、
この叔父は結末に何か関わりそうな気はする。

あとキリカが魔法少女になった願いは、
織莉子に尽くすという願いではないらしい。
本来の願いはつまらないので、
織莉子に尽くすという願いが本来の願いだったと思うようにしていただけ。
でも織莉子絡みなのは合ってるはず。
旧編と同じ「あの子と仲良くなりたい」なのかな。

魔獣編は、劇場版に繋がる結末だった。
ただし、このエピソード全体は、
ほむらの時間遡行で全て無かったことになった。
正直、よくわからない話だった。

冒頭はほむらの回想で、ほむらは魔獣世界でも当初は盾を持っていたらしい。
そしてほむらは盾の中の世界に入って、
全ての呪いを引き受けた魔女と遭遇。
この魔女はアニメ本編で女神まどかが誕生した際に、
自ら消滅させた「地球を飲み込もうとした魔女」のこと。
なぜ盾の中にその魔女がいたのか謎。
女神まどかが取り込んだ呪いと言ってたけど、
まどかは呪いを消してたんじゃないの?
しかも盾の中にはまどかがいたらしい。
まどかは宇宙の法則になったんじゃなかったの?
このまどかは魔女世界のまどかなの?
ほむらが自分で生んだのだろうか……。

その後、ほむらは記憶操作で自分の記憶を消したらしい。
それは、記憶があると盾の中のまどかに会いたくなるからと。
魔獣にやられて気絶中にその記憶が蘇ったのは謎すぎる。
魔獣に異変が生じたのは盾の内部に潜んでいた魔女を、
魔獣が取り込んだからだった。

それから魔獣に吸われたほむらの魔力の一部が擬人化し、
ほむらの分身のようになってた。
その分身はほむらを助けに来たと言ってた。
偽まどかは分身の仕業だった。
分身が自分の魔力をほむらに戻す為にやったらしい。

ほむらの記憶操作魔法は、
「魔女世界のまどかとほむらの願い」=「まどかの事を忘れない」が奇跡的に叶った事で、
魔法の力として宿ったらしい。
じゃあ、願いを叶えるのにQBの介入は本当は要らないわけだ。
アニメ本編でQBが介入する事で人類は進化したと言ってたのは、疑わしい。

ほむらは魔獣に奪われた盾を取り戻すべく魔女に立ち向かうのだけど、
そこで「魔獣を穿つ力」が覚醒してた。
魔力を取り戻しても本来のほむらに戻るだけじゃないの?
この魔力の源は「まどかへの想い」らしいけど、
魔力の強さはその子が歴史の因果と関わる強さで左右されるんじゃ?
ここでほむらが歴史の因果に関わってたんだろうか。

魔獣を倒したほむらが、盾が魔獣ごと壊れる前に盾に触れることで、時間遡行が発動。
時間軸はアニメ本編ラストでQBと魔女世界の事を話す所まで戻ってた。
でもほむらは時間遡行を覚えてない様子だった。
一方、時間遡行の際に盾に触れてたQBは時間遡行を記憶していた。
読み直してもQBがほむらや盾に触れていたシーンは無かった。
魔法を使ったほむら自身が忘れているのに、QBだけが覚えていたのも謎。

QBは壊れた盾の一部を保管し、
これをきっかけにほむらを実験に利用する事を思いついたらしい。
そして劇場版へ繋がると……。

たるとマギカは、虜囚となったたるとが戦う意思を取り戻す話。
たるとは魔法少女なんだから、
捕まるのはおかしいと思ってたけど、
リズが消滅したせいで戦う意思をなくしたらしい。
でもそこまで絶望したのなら、
たるとのソウルジェムがとっくに濁ってそうなんだよね。

リズの願いが「真の英雄を自ら作る」というものだったと判明。
リズの願いとたるとの願いが合わさって、
たるとがスーパー魔法少女になってたらしい。
たるとの驚異的な回復力は大量の魔力で回復してただけで、
さやかのように願いの性質によるものではなかったみたい。

ミヌゥが牢に現れてQBを殺していたけど、
「あなたがキューブですわね」と聞いてたので、
やはりイギリス側の魔法少女はQBと会ったことが無い。
今回も連中が魔法少女となれた理由は不明なまま。
でも、魔獣編でQBの介入無しでも願いが叶う事が描かれているので、
単に奇跡で魔法少女になったという事かもしれない。
たるとマギカと魔獣編は別の物語だけど、
同じ世界観に基づいて作っているはず。

あとエリザの願いは「皆に自分を認めさせたい」だった。
エリザは皇后と名も無き男との間に生まれた子で、
それが皇帝にバレて王宮から追放されてた。
そこで願いを叶えて王宮に戻れたと。
その後、自分を認めさせ続ける為に戦ってたらしい。
神聖ローマ帝国がフランスに肩入れする理由は謎。
エリザは祖国とは関係なしに行動してるんですかね。

暁美ほむらは明日から頑張るは、
QBがほむらの盾をすり替えてしまい、
気づいてないほむらが時間停止してると思い込んで、
まどかの髪の毛の匂いをくんかくんかして、
まどかに警戒されてしまうw

あと巻頭カラーの巴マミの平凡な日常は、
マミの分身(妖精)が残業を代わりにやってくれるという、
珍しくファンタジーな話だった。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)