一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

まどかマギカ第1話考察

まどかマギカ第1話のあらすじ。

まどかが、女の子と出会う夢をみる。
謎の異空間を走ってるまどか。
行き止まりのドアを開けると、屋外のような空間で女の子が1人何かと戦っている。
白い猫のような生き物がまどかに「僕と契約して魔法少女になって」と訴える。

めどかは目が覚め、夢だと気づく。

化粧する母親と朝の身支度するまどか。

友人の「ひとみ」と「さやか」と一緒に登校。

ホームルームで、担任が目玉焼きの堅焼きと半熟とには違いがないと熱弁。
付き合っていた男と破局したんだと察するまどか達。
そこへ転校生が現れる。
その女の子は「あけみほむら」という名前で、まどかが夢で見た女の子だった。
ほむらは、まどかを知ってるかのように一瞥し、まどかは驚く。

休み時間。
ほむらは気分が悪くなり、保健係のまどかに保健室へ連れて行くように頼む。
自分が保健係と知っていることに驚くまどか。
ほむらは先生に聞いたというが、まどかのことを知っている様子なので、まどかは戸惑う。
ほむらはまどかに「いままでと違う自分になろうと思うな」と忠告する。

まどかはほむらのことを友人に相談。
まどかが「夢であの子と会った」と言うと、笑われてしまう。

地下道のようなところを逃げる猫のような生き物。
それを追うほむら。
CDショップにいたまどかは「助けて」と自分を呼ぶ声を聞く。

声を頼りに廃ビルへ入り込むと、夢で見た白い生き物が現れる。
そこへほむらが現れ「そいつから離れて」と命じる。
しかしまどかはその生き物をかばう。
まどかににじりよるほむらに、消化器の粉が吹きつけられる。
さやかがまどかを助けに来たと気づき、2人で逃げる。

逃げる2人の周りの空間が子どもの落書きのように変化し、
不気味な生き物に囲まれて怯える2人。

そこへ女の子が現れると、周りの生き物は消滅。
2人に「キュゥべえを助けてくれてありがとう」と答える。
そして魔法少女へと変身し、生き物を生み出している存在を魔法で攻撃。
その存在は逃げ去り、異空間は消え去って現実世界へ戻る。

そこへほむらが現れるが、魔法少女が立ち塞がってほむらを追い返す。

魔法少女はキュゥべえを回復。
キュゥべえは「まどか、さやか」の名前を言って礼を言う。
名前を知っていることに驚く2人。
キュゥべえは2人に魔法少女になって欲しいと訴える。


第1話考察。

冒頭の夢は予知夢か過去の記憶。
でも、予知夢ならほむらもまどかを知ってるはずがない。
まどかはほむらと知り合いだったが、過去の記憶が無くなっている。
でも、夢を見る程度の記憶が残っている。

夢の途中で、ビルに叩きつけられたほむらが、まどかに向かって何かを叫んでいる。
音声は無い。
madoka-magika-homura-shouts-in-the-dream-of-madoka.jpg
口パクから見て「ダメ~!」と絶叫してるように見える。

ほむらはまどかが何か大変な目に遭うことを知っていて、それを止めようとしている。
だからまどかに忠告した。
また、ほむらがキュゥべえを追っていたのは、まどかが魔法少女にならないようにする為。

まどかがほむらに初対面な態度を取ってると、ほむらが俯いてイライラしてる様子になったのは、
まどかが自分のことを忘れていることが許せなかったから?

コメントは受け付けていません。