『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

まどかマギカ第6話考察

まどかマギカ第6話あらすじ。

ほむらがキョウコと対峙するが、さやかは「邪魔だ」とほむらを無視して戦おうとする。
そんなさやかを、ほむらは叩き伏せる。
「どっちの味方だ?」と聞くキョウコにほむらは、
「私は冷静な人の味方で、無駄なことをするバカの敵、あなたはどっちなの?佐倉キョウコ」と告げる。
自分を知っていることと、ほむらが何をしたのかわからないキョウコは、おとなしく撤退。

自宅へ戻ったさやかは、ソウルジェムの穢れをグリーフシードに吸わせた。
穢れすぎたグリーフシードは魔女が孵化するので、キュゥべえはグリーフシードを食べてしまう。
するとキュゥべえの背中の模様が光り輝く。
キュゥべえはさやかに、新しいグリーフシードを手に入れることを勧める。
魔力が余分にあれば出し惜しみせずに戦えると言うが、人を犠牲にすることに躊躇するさやか。
さやかはマミがグリーフシードを持ってなかったことを思い出し、
マミが強かったのは才能の違いかなと訪ねると、キュゥべえは同意する。
そして、まどかが魔法少女の天才なので、まどかに魔法少女になって助けてもらえばいいと言う。

ほむらはキョウコと会い、「この街をあなたに託す」と言う。
そして、さやかとの諍いについては自分が対処するので、キョウコは手を出すなと交換条件を出す。
また、2週間後に「ワルプルギスの夜」が来るので、それを倒したら街を出て行くから、あとはキョウコの好きにすればいいと言う。

まどかとさやかは使い魔の手がかりを探していたが、時間が経ちすぎて何も見つからなかった。
まどかはさやかに、キョウコと仲良くすることを訴える。
しかしさやかは、キョウコは本気で殺し合うつもりだという。
相手はグリーフシードの為に人間を餌にする奴なので、折り合えるわけがないと拒否。
また、ほむらがマミが死んでから魔女を倒しに来たのは、グリーフシードが欲しかったからマミを見殺しにしたと言う。
そして、ほむらはキョウコと同類で、マミだけが特別だったと決め付ける。

まどかは寝付けずに、リビングで酒を飲んでいた母親に相談する。
友達が正しいけど、どんどん酷い目に遭うと言うと母親は、
「自分が代わりに間違えればいい」と答える。

さやかは上条のお見舞いに来たが、病室が空だった。
看護婦はリハビリの経過が順調で、予定が前倒しになったという。
上条の家の前に来るとバイオリンの演奏が聞こえ、ほっと溜息をつく。
そこへキョウコが現れ、1日中追いかけたのに会えない坊やの為にキュゥべえと契約したと聞いたと言う。
魔法は自分の為に使うべきだと訴え、魔法を使うなら坊やの手足を潰してさやか無しでは生きていけない体にすればいいと挑発する。
挑発に乗ったさやかは、場所を変えるというキョウコの後についていく。

まどかが寝ようとすると、キュゥべえがまどかに助けを求めに来ていた。

郊外の鉄橋でさやかとキョウコは再び対峙する。
そこへまどかとほむらが現れて、決闘と止めようとする。
しかしさやかは聞き入れずに、魔法少女に変身しようとする。
そこでまどかは咄嗟にさやかのソウルジェムを奪い、橋下へ放り投げると、トラックの荷台に乗って運ばれてしまう。
そのソウルジェムを追いかけて、ほむらはテレポートする。
さやかは意識を失い、突然死んでしまう。
キュゥべえは、ソウルジェムが魔法少女の魂を抜き取った本体で、ソウルジェムから100メートル以上離れると体が死ぬと言う。
ソウルジェムが壊れない限り、魔法少女の体は「心臓が破れても、ありったけの血を抜かれても、その身体は魔力で修理すれば、すぐまた動くようになる」らしい。

ほむらがソウルジェムを取り戻すと、さやかは意識を取り戻し、何が起きたかわからずキョトンとする。


第6話考察。

ほむらがキョウコの名前を知っていたのはやはり、
記憶を持ったまま時間を戻して、同じ出来事をやり直しているから?
キョウコを知ってるってことは、マミが死ぬのは既定路線なはず。
キョウコはマミが死んでから登場するわけだから。

キュゥべえがほむらに「暁美ほむら、君はまさか‥」と呟いたのは、
ほむらが未来から過去に戻っていると気づいた?

ほむらは、ワルプルギスの夜を倒したら街を出て行くと言っている。
まどかが魔法少女になるのを防ぐのは、ワルプルギスの夜を倒せなくなるから?
ワルプルギスの夜を倒せば、あとはまどかが魔法少女になってもどうでもいい?
または、ワルプルギスの夜を倒せば、まどかが魔法少女にならない・なれない?

ほむらはトラックの荷台へ直接テレポートせずに、道路を走りながら飛び飛びにテレポートしているように見えた。
テレポートできる範囲はごく狭いのかもしれない。
または、テレポートではなくて時間を少しだけ断続的に止めているだけなので、飛び飛びに走っているように見える。
テレポートなら走る必要が無い。
飛び飛びなのは、時間を連続では止められないから。

キュゥべえがグリーフシードを食べて背中の模様が光ったのは、何かのエネルギーに変わってるという意味?
単に生存の為にキュゥべえはグリーフシードを必要とする?
汚れたグリーフシードを集めるのが真の目的?
何かの伏線なので、わざわざクローズアップシーンを描いた可能性が高い。

上条がさやかに退院を知らせなかったのは、やっぱりさやかの片想いだからなんだろうな。

コメントは受け付けていません。