『鬼滅の刃』大ヒットの背景 推しエコノミー
声優に死す 後悔しない声優の目指し方 関智一
声優 声の職人 森川智之
一度きりの大泉の話 萩尾望都
再生(仮) 緒方恵美

まどかマギカ第7話考察

まどかマギカ第7話あらすじ。

Aパート

自宅に戻ったさやかは、キュゥべえが自分を騙していたと問い詰める。
キュゥべえは「聞かれなかったからさ」と、本当のことを教えなかったことを平然と説明する。
あっけらかんな態度にさやかは怒るが、キュゥべえがソウルジェムを利用し、さやかのお腹に槍が刺さった痛みを感じさせる。
さやかは痛みに悶えて床に這いつくばる。
キュゥべえは、魂が肉体から分離しているから、今まで痛みに耐えられたと言う。
そして、その気になれば痛みを完全に消すこともできると言う。

まどかはほむらに、なぜ魔法少女の実態を教えてくれなかったのかを聞く。
ほむらは、今まで誰も信じてくれなかったからと言う。
またほむらは、キュゥべえは人間の価値観が通用しないと答える。
そしてほむらは、さやかのことはもう諦めろと言う。
ほむらの言い草の冷たさを責めるまどかに、自分はもう人間ではないからかも、と答えるほむら。

学校を休んで自宅で塞ぎこむさやかに杏子が会いに来る。
自分がかつて育った廃教会へさやかを連れ込み、さやかにりんごを渡すが、さやかはりんごを投げ捨てる。
それを見た杏子は怒り、さやかの首を締める。
しかし思い直してさやかを解放し、自分の生い立ちを話し始める。

自分の父が牧師で、教義に無いことを説教し始めたことから信者がいなくなり、
キュゥべえに頼んで、父親の話をみんなが聞いてくれるようになった。
しかし父親は魔法少女のことを知り、杏子は父親に魔女だと責められ始めた。
最後は父親は家族を道連れに心中し、杏子だけが残された。
杏子は、奇跡を祈るとそれと同じ絶望が撒き散らされる、と言う。

以来杏子は、魔法少女の力を自分の為だけに使うことを決めたと言う。
自分を心配する杏子にさやかは、なぜ自分を心配するのか訝しるが、杏子を誤解していたことを謝る。
そしてさやかは、りんごを手に入れた手段を聞くが、杏子は何も答えない。
そんなりんごは受け取れないと拒否し、自分を殺したいなら殺せばいいと言い放って立ち去るさやか。

Bパート

さやかとまどかが登校すると、上条を見かける。
まどかは上条に挨拶するようにさやかをけしかけるが、さやかは尻込みする。
そんなさやかを見ていたひとみは放課後、さやかをファミレスへ呼び出す。
ひとみは上条を慕っていると言う。
さやかも上条を好きだと気づいたが、自分よりもさやかのほうが上条と一緒にいた時間が長いという理由で、1日だけ待つのでさやかが上条に先に告白するように促す。

魔女を探しに行こうとするさやかの自宅前で、まどかが待っていた。
さやかが「さやかちゃんが一人ぼっちになって欲しくないの(で待っていた)」と言うまどかに、
さやかはまどかに抱きついてひとみと上条のことを話し、「自分はこんな体になって」と号泣する。

魔女と戦うさやかを、結界の外から眺めている杏子。
ほむらは、杏子がさやかに獲物を譲ったことを珍しがる。
結界が揺らぐのを見てさやかの苦戦を知り、杏子はさやかを助けに結界へ入る。
しかしさやかは、さやかを庇う杏子に「邪魔しないで」と返す。
そして、魔女に向かって突進して魔女の首を刎ねる。
魔女は抵抗してたくさんの触手でさやかを掴むが、「その気になれば痛みを感じ無い」と乱心気味に魔女を殴り続ける。
そんなさやかにまどかは「もうやめて‥」とつぶやく。


第7話考察。

ほむらが時間を戻っているとして、過去に魔法少女の正体をまどかに教えたことがあるんだろうな。
でも、まどかは信じなかったんで今回は教えない、と。

ひとみが上条を見かけて「退院なさったの?」と驚いていたのは、上条から何も聞いていないからで、
上条はひとみもさやかも、どちらも興味ないのかもなー‥。

仁美が上条の腕が治ったら告白に動くって、都合良すぎじゃない?w
仁美は上条の腕が治らなかったら告白してない気がする。
一方、さやかは上条の腕が治らなくても告白したような気がする。
まあ、上条がさやかに八つ当たりしまくったら、さすがに呆れるだろうけど。

以前ひとみが魔女に取り憑かれたのは、上条の腕が治らないことで悩んでいたことが原因?
心が弱っている人を魔女が狙うわけだよね。
単に習い事が多すぎ、つまり両親が厳しくてストレスが溜まっていただけかもしれないけど。

杏子がさやかに絡むのは、昔の自分を重ねているんだろうか?

まどかがさやかを一人ぼっちになって欲しくないと言ったのは、
マミがずっと一人ぼっちで戦っていたことが念頭にあるんだろう。

さやかが魔女にやられていたのは、痛みを消す方法を練習する為かな?
だから助けに来た杏子に「(練習を)邪魔しないで」と牽制した。
杏子が「あんた、まさか‥」と呟いたのは、わざとダメージを受けていたと気づいたから。

魔女と戦うシーンは影絵のようで全編ほぼ白黒だけど、明るさ補正するとちゃんと描いているとわかる。
madoka-magika-sayaka-original.jpg
madoka-magika-sayaka-modified.jpg

さやかがふっきれたっぽいけど、上条への恋心もまとめてふっきったんだろうか?
つまり、さやかは上条に告白しない?

コメントは受け付けていません。