マギアレコード伝説の終わり光の果て

2020年6月19日~29日までの期間限定配信。
万年桜のウワサとういが、煉獄という魔法の迷宮に迷い込んでしまい、
そこでタルトやリズと出会って、迷宮から脱出する物語。

遊び方

章ごとのイベントを見て、バトルミッションをクリアすると次の章が開放される。

エリアミッションをクリアするとエリアボスが現れる。
エリアボスを倒して乙女の加護を集めると、イベントゲージがチャージされる。

バトルでドロップする天使のメダルやエリアフラッグを限定ショップでアイテムと交換できる。

限定ガチャの「伝説の乙女」(+15)や「輝く旗槍に希望をこめて」(+15)、
限定ショップの「手に手を添えて」(+5)をセットしていると
天使のメダルのドロップが増える。

第1章「夢の終わり」

うい、灯花、ねむが異空間にいた。
灯花とねむは急に消えた。
そこに巨大な魔力を持つ魔女が現れた。

サポートはLV100万年桜、LV100うい。

魔女のHPは9999999。

1000ダメージでミッションクリア。
3ターン経過で自動終了。

バトル後、魔女はなぜか消えた。
そこに空間の歪みが現れて、ういも消えた
万年桜はういが落としたスマホを拾って、その歪みへ入った。

一方、誰かがリズがタルトと出会った時の記憶を見ていた。
気付くと、少女が異空間に閉じ込められていた。
少女は自分が誰か覚えてなかった。
天使のような声が聞こえて、
祈りの花びらを集めれば脱出できると教えた。

ヨロイの魔物5体

敵を5体倒すとミッションクリア。

少女はリズと遭遇してた。
リズも同じ空間に閉じ込められていた。
しかも記憶が曖昧になっていた。
リズ曰く、少女はタルトの妹カトリーヌに似てるらしい。
そこに万年桜も現れて、警戒して魔法少女になってた。
リズも魔法少女になり、一触即発。
……と思いきや、少女が争わないように訴えて2人とも元の姿に戻った。

ヨロイの魔物5体

敵を5体倒すとミッションクリア。

リズはタルトの話と、オルレアン解放で戦っていた話をした。
万年桜はういのスマホを見せて、ういを探していると聞いてた。
しかしリズも少女もういを知らなかった。

エリアボス:
立ち耳の魔女

第2章「煉獄」

ういが気付くと同じ空間にいた。
ラピヌは「煉獄へようこそ」と、
ういを見つけていきなり攻撃した。
ラピヌはういが「何も持ってない」と気付いても、ういを攻撃し続けた。
そこに万年桜が現れて、ういを守った。
リズも隙を突いてラピヌに反撃した。

ラピヌ

20万ダメージでミッションクリア。

バトル後にラピヌは逃亡した。
ういはリズを覚えていたけど、
いつから知り合いだったかはお互いに忘れてた。
少女がういの胸から祈りの花びらが出たのを見て、
2人でお祈りすればいいのかなと、手を合せて目を閉じた。

少女はういがタルトを助けてきた記憶を垣間見ていた。
少女が気付くと、リズが「花びらがあなたの胸に入った」と教えていた。

ヨロイの魔物5体

敵を5体倒すとミッションクリア。

ういは万年桜が持ってた自分のスマホの写真を見せた。
それはタルト達と撮った記念写真だった。

ういは灯花たちとパジャマパーティをやってたらしい。
灯花はスマホとサーバーを使って一緒に同じ夢を見る方法を実行してた。
その時、万年桜もサーバーに魔力を感知してうい達の夢に登場してた。
そして第1章冒頭の魔女と遭遇した。

エリアボス:
羊の魔女

第3章「彷徨」

エリザとメリッサとペネレルも同じ空間に閉じ込められていた。
そこでコルボーとミヌゥと遭遇した。

ヨロイの魔物(闇)2体&コルボー(闇)&ミヌゥ(光)

30万ダメージでミッションクリア。
ミヌゥの幻惑がウザすぎるので最優先で倒した方が良かった。
あとヨロイの方が弱く、被ダメージが少ない。
ヨロイが残っているとヨロイの方が攻撃する可能性が高いので、
ヨロイは後回しの方が良かった。

バトル後、コルボーは「持ってない」と言っていた。
またペネレルの魔法障壁が厄介なので、
ミヌゥが転移魔法でどこかへ飛ばした。
「持ってない」せいか、コルボー達はどこかへ転移して逃げた。

一方、うい達は神浜の魔女に遭遇してた。

振り子の魔女

25万ダメージでミッションクリア。

バトル後、うい達はエリザ達と出会ってた。
少女は祈りの花びらを集めると、異空間から出られると訴えた。
そしてエリザやメリッサにも祈るよう頼んでいた。

少女はエリザやメリッサの記憶を垣間見ていた。
その記憶では、ミヌゥとラピヌと戦っていると、
ミヌゥがエリザとメリッサを異空間に転移した。
エリザはメリッサを庇って負傷してた。

ヨロイの魔物5体
ヨロイの魔物5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

バトル後、少女が見た記憶の中で、
コルボーの仇とラピヌが言ってたのをリズは確認していた。
コルボーはミヌゥがソウルジェムを砕いて殺した。
なのに、この空間に現れていた。

その記憶はういが未来に帰った後で起きた戦いだった。
コンピエーニュで負傷したエリザとメリッサは、
戦いが終わって倒れていたのをペネレルに助けられた。
その後、ペネレルと共にどこかへ行こうとして、
この世界に迷い込んだらしい。

第4章「召喚者」

ペネレルはミヌゥと戦ってた。
ただ、防戦しかできなかったらしい。
ミヌゥは魂無き魔法少女を召喚して、代わりに戦わせてた。
そこにうい達も駆けつけて、ペネレルを守っていた。
その時、ペネレルは石を落とした
その石を見てミヌゥはペネレルがうい達を召喚したと察した。
とは言え、ペネレル自身も記憶が曖昧で、自分が召喚した事を忘れていた。

魔法少女4体
魔法少女4体
魔法少女4体
魔法少女4体
ミヌゥ(光)&魔法少女3体

敵を20体倒すとミッションクリア。

ういとエリザの連携で、ミヌゥは転移して逃げた。
ペネレルが持ってた石は魔力で声を届けたり、
大きな魔法を使う魔力増幅機能があった。
エリザはペレネルがここに迷い込んで原因だと思っていた。
少女はペレネルにもお祈りして、花びらを貰ってた。

ここでフランス売国妃イザボーが戴冠式を襲撃した回想になってた。
シャルルは母イザボーを恐れて「殺してくれ」と訴えた
ここで殺していれば、タルトの運命も変わったのだろうね。
イザボーには攻撃が効かず、タルトの全力ラ・リュミエールも無効。
……とは言え、イザボーとミヌゥは「乙女が1年後に死ぬ」と予言しただけで逃げた。
キューブ曰く、イザボーはフランス全土にグリーフシードを撒いていた。
各地に魔女を生み出して混乱に乗じてフランス侵略をしてた。

ヨロイの魔物5体
ヨロイの魔物5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

ペレネル達は、コンピエーニュの戦いでタルトが囚われた事を思いだしていた。
ペレネルが着いた頃には、そこでエリザとメリッサは負傷して倒れていた。
ペレネル達はタルトの心を取り戻す為にこの世界へ来たと思い出していた。
それがタルトの妹に似た少女だった。

ヨロイの魔物4体

4万ダメージでミッションクリア。

ペレネルはタルトの心もまた囚われていると語った。
その事情を説明する為に石を使ってキューブと通信を復帰させた。
タルトの心を救う為にこの世界に石を持ち込んだけど、
その記憶自体が失われていたらしい。
ミヌゥ達は連絡用の石を奪う狙いで、この世界へ入ったらしい。

ペネレルはタルトの居場所を探知した。
しかし、ミヌゥは配下の女に願わせてタルトの心を閉じ込める魔法を使ってた。
心が閉じ込められただけなので、絶望して魔女になるわけでもなかった。
解呪には誰かが心に入って、タルトの心を戻して脱出すればいい
……とは言え、ういや万年桜がいる理由はわからないまま。
キューブはういの事を忘れていた

ヨロイの魔物5体
ヨロイの魔物5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

煉獄の呪いは自ら心を閉ざした者にしか通用しないらしい。
タルトは煉獄の呪いをかけられる前に心がぼろぼろになっていた
煉獄に入れるのはタルトと深い関わりがある魔法少女だけ
だから、ういが召喚された。
万年桜はその時、自らゲートに入った。

ヨロイの魔物4体

4万ダメージでミッションクリア。

タルトと関わりのない万年桜は祈りの花びらを持ってなかった。
それでも魂の無い存在は、煉獄に簡単に入れるらしい。
ミヌゥが召喚してたのは死んだ魔法少女の記憶だった。
ういの記憶から、神浜の魔女が煉獄に出現していた。
キューブ曰く、花びらを集めたら、次は2つの鍵が必要。
それぞれ2人の死者が守ってた。
その頃、ミヌゥはコルボーとラピヌを召喚してた。
死んだはずのコルボーがいるのは、死者の記憶でしょうね。

エリアボス:
振り子の魔女

第5章「生者と死者」

タルトはコルボーも花びらを持ってるかもと期待してた。
しかし、コルボーからは花びらの魔力を感じなかった。
コルボーは1人でも戦えるくらい魔力が増大してた。

コルボー(闇)

30万ダメージでミッションクリア。
毒がキツすぎる……。
初めて全滅した。
28万削ってたのだけど、競り負けた。
2回戦って負けたけど、累積30万ダメージは達成。
倒すにはLV100光属性が3人はいないとキツいかな。

バトル後、コルボーにエリザが銃をぶっぱなした。
コルボーは直撃を食らっても耐えて、エリザに突進。
エリザは肉弾戦で反撃。
……と見せかけて、影に隠れていた万年桜がコルボーを切った。
コルボーが消滅すると銀の鍵を落とした

第6章「もうひとつの鍵」

もう一つの鍵は他の仮面の魔法少女が持っていると、うい達は話していた。
そこでタルトがラピヌの魔力を感知した。
ラピヌからも花びらの魔力を感じられなかった。
エリザはコルボーを倒した証拠の鍵を見せて、ラピヌを挑発した。
ラピヌもまた、以前よりも魔力が強くなっていた。

ラピヌ(火)

35万ダメージでミッションクリア。
すぐにMPが溜まるけど、マギアの威力は弱い。
とは言え、辛勝だった。

素早いラピヌを壁を作って追い詰めていた。
そしてメリッサのハンマーでラピヌは存在が消えた。
壁を作る魔法って誰の能力だろう……。
ラピヌは金の鍵を落とした。
リズはラピヌがいつ死んだのか疑問に思っていた。
たぶん、ずっと前から死んでる。
何度も死んでは魔女になり、
魔女として死んでは魔法少女に戻ってるはず。
タルトが金と銀の鍵を持つと、いきなり転移した

第7章「真実」

転移先は天国の扉、つまり出口だった。
そこにはミヌゥと配下の魔法少女たちがいた。
タルトはミヌゥから祈りの花びらの魔力を感じた。
……とは言え、ミヌゥが素直に花びらを渡すはずがなかった。

魔法少女5体
魔法少女5体
魔法少女6体
魔法少女5体
ミヌゥ(光)&魔法少女4体

敵を25体倒すとミッションクリア。

リズはミヌを影の蔦で拘束してた。
その隙にタルトが祈ると、ミヌゥから花びらが出てきた

その記憶はコンピエーニュの戦いの記憶。
ラピヌは魔女化して、メリッサが存在消滅させようとしてた。
ミヌゥはメリッサと庇ったエリザごと、異空間へ転移させた。

一方、リズとタルトは魔女を倒してた。
とは言え、ラピヌはまた魔法少女に戻っていた。
タルトはもう限界が近づいていた。
ここでタルトはリズに今までのお礼を言ってた。
私達は最後まで諦めない……と2人で励ましあってた。
死亡フラグとしか思えない。

ラピヌ

20万ダメージでミッションクリア。

リズはラピヌを「地獄の門」に送って異空間へ閉じ込めた。
この魔法はリズ自身も閉じ込められてしまう。
タルトはリズを失って茫然自失となってた。
そして、イングランド兵にあっさり捕われた。

タルトは記憶を見て、動揺していた。
リズは金の鍵を手に入れた直後から、
自分は既にこの世にいないと自覚してた。
そして、リズはいきなり消えた。
タルトはリズを失った記憶から、再び気絶した。
あたりが急に暗くなって、冒頭の魔女が現れた。
それはミヌゥの言う「お母様」だった。
ミヌゥはこれを予想して、わざと花びらを与えたらしい。

イザボー

1000ダメージでミッションクリア。
3ターン経過で自動終了。

イザボーには万年桜しか攻撃が通用しなかった。
ペレネルは魔法障壁で皆を庇った。
ミヌゥが転送魔法を使うと万年桜が攻撃を受けてた。
このあたりの描写がよくわからない。
皆は意識の無いタルトを連れて撤退した。

エリアボス:
砂場の魔女

以降は、6月24日17時に開放。

第8章「ついえた光」

魔女から逃げて、エリザはキューブを呼び出した。
そして、リズが死んだ事を教えなかったと責めた。
しかし、キューブもリズが生者だと思い込んでいた
実際、キューブはリズが生きてる体で会話していたとエリザも思い出した。
ペレネルはミヌゥが呼んだイザボーの正体を話すようキューブを問い詰めた。

ヨロイの魔物5体

敵を5体倒すとミッションクリア。

キューブはイザボーの「あなたの全てが欲しい」という願いを叶えたらしい。
それでイザボーは不滅の肉体を得て、
他人を魔法少女に変えられるようになった。
とは言え、イザボーの魔力は枯渇して魔女「女王(ラ・レーヌ)の黄昏」になった
その時、フランス全土を覆う結界が生まれた。
一方、ラピヌはイザボーを元に戻す願いで魔法少女になった。
しかしそれは、イザボーに抜け殻の肉体を与えただけだった。
イザボーには意識は魔女として呪いを撒く事しか残ってないらしい。
イザボーを止められるのはタルトだけ。
……でも、そのタルトは意識を失って目覚めなかった。

ういがいる未来はイザボーが支配する世界ではない。
つまり本来はタルトが勝利するはずだった。
ペレネルはミヌゥが言ってた「未来が変わった」という言葉から、
未来は覆されてしまったと推測した。

ミヌゥは未来からラ・レーヌを召喚したらしい。
それは神浜の魔女が召喚されているのと同じ。
15世紀では「女王(ラ・レーヌ)の黄昏」はまだ人々に姿を見せていない。
なのに召喚可能なのは未来の記憶から召喚したから……らしい。
万年桜はここへ来た直後にイザボーと遭遇したと指摘。
ミヌゥが未来が変わったと口にするのは、その後。
この食い違いはキューブ曰く、本来の未来と変わってしまう未来が確定してないから。

万年桜曰く、ういが夢を見る前には灯花のサーバーデータが既に書き換わっていたらしい。
(この灯花のサーバーって本編で意味がわかる?)
これが未来書き換えが始まった兆候。
そして魔力を感知したので、うい達の夢に現れた。
そこでイザボーが現れたのは未来がミヌゥ側に既に傾いてたから。
しかし、イザボーが消えたのはペレネルの召喚で未来が修正される方に傾いたから。
ただ、ペレネルの召喚は不完全らしい。
なぜなら花びらを集めたのにタルトは少女のままだったから。
本来は元の姿に戻ってるらしい。
まだ他に召喚されてない者が別次元にいるかもしれない。
……と聞いて、メリッサはやちよといろはを思い出した。

ヨロイの魔物4体
ヨロイの魔物5体

50000ダメージでミッションクリア。

ペレネルが召喚術をかけた時点で未来は変わっていた
しかし、うい達は存在が消えてなかった。
それは、ういが夢を見ている今まさに、
やちよといろはが過去のタルトを助けているから……らしい。
やちよといろはと縁の強いういも、ういと縁の強い万年桜も消えずに済んだ。
それだけでなく、ういのスマホの集合写真も存在が消えない原因だった。
更にスマホから魔法の光が出たので、
キューブはスマホがういの存在を確定してると判断。

スマホには歴史を確定する魔法がかかっていた。
タルト達と撮った写真も歴史を確定する魔法がかかっている。
てことは、あの写真はどこかで同じのを撮る事になる?
そのお陰でういの存在も消えずに済んだ。

万年桜はういといろはを再会させるウワサなので、
ういといろはが再会する未来がどこかにある。
ペレネルは万年桜も魔法でここへ来たと気付いた。

ヨロイの魔物5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

エリアボス:
屋上の魔女

第9章「姉と妹」

ペレネル曰く、召喚魔法でやちよといろはも転移するはずだった
しかしやちよといろはは別次元にいたので、召喚できなかった。
なので、代わりにういといろはを媒介するスマホを万年桜が持って来たと。
でも万年桜は自分の意思で空間の歪みに入ったんだよね……。
ういがスマホを落としたのも偶然だったような……。
ペレネルはスマホを使っていろは達を召喚するよう訴えた。
そして再び召喚魔法をかけた。
……と思いきや、ミヌゥが邪魔しに来た。
ミヌゥ達は初めからスマホを探してたらしい。
それが計画の妨げになるという予言を受けていた。
エリザはペレネルを守りつつ、魔法をかけるよう促した。
ミヌゥは魔法少女をまた召喚した。

魔法少女3体
魔法少女4体
魔法少女3体&ミヌゥ(光)

30万ダメージでミッションクリア。

バトル後、ペレネルの召喚が成功してた。
ミヌゥは扉の防御を固める為に逃走。
やちよといろははメリッサから事情を聞いて、タルトに祈りの花びらを捧げた。
すると、未来視を見たミヌゥがタルトを罠にかける計画を語る記憶が見えた。

赤と青のロウソクのおまじないで、やちよといろはは過去に転移してた。
そこでタルトと出会ったらしい。
なぜかいろはがコルボーのグラフィックで表示されてた。

やちよはタルトがジャンヌダルクだと気付いた。
いろは達はタルトを助けてシャルルを救い、聖十字架大聖堂で鐘を鳴らした。

ヨロイの魔物5体
ヨロイの魔物5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

更にういがタルトを助けた記憶も垣間見ていた。
そしてタルトは元の姿に戻って目覚めた。
かつて約束したとおり、いろはとやちよをちゃんと覚えていた。
タルトが金と銀の鍵を受け取ると、その場の全員が再び扉に転移した。

ヨロイの魔物5体
ヨロイの魔物5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

エリアボス:
イキガミの魔女

エリアボス:
子守の魔女

第10章「天国の扉」

ミヌゥはタルトを殺すだけでは足りないと主張してた。
イザボーが支配する世界には、未来永劫語られるような絶望が必要らしい。
それでタルトが魔女になる未来を作ろうとした。
(これはたるとマギカコラボ第1弾のエピソードらしい)
ミヌゥは転移魔法で神浜の魔女を呼んで、タルト達を結界に閉じ込めた。

子守の魔女

30万ダメージでミッションクリア。

タルトはミヌゥの隙を突いて扉を開けた。
ミヌゥはまたラ・レーヌを未来から呼んだ。
エリザとメリッサは囮になろうとした。
しかしやちよは自分達が囮になると主張。
タルトが歴史修正すればラ・レーヌも消える
その為にはエリザ達がタルトを助ける必要がある。
エリザ達は慌ただしい中、ういに別れを告げた。

ラ・レーヌの黄昏

1000ダメージでミッションクリア。
3ターン経過で自動終了。

ラ・レーヌに攻撃はほとんど効かなかった。
ういは何かを思いついていろはに話した。

タルト達はまだ脱出できてなかった。
ラ・レーヌが妨害していたらしい。
タルトは、こういう時にリズならどうするかと思い出して涙ぐんでいた。

いろははラ・レーヌを攻撃する隙に脱出するようタルトに指示した。
迷ってたタルトは、かつていろはが未来を戻したいと言ってたのを思い出した。
それでいろはの合図で脱出する事を決意した。
……とは言え、ミヌゥと魔法少女が妨害しようとしてた。

魔法少女4体
魔法少女4体
魔法少女4体
魔法少女4体
ミヌゥ(光)&魔法少女3体

敵を20体倒すとミッションクリア。
魔法少女は弱いので先にミヌゥを倒した方が被ダメージは少なくなる。

タルト達は扉を抜けた。
タルトはそこで優しい気配を感じてた。
そこには天上の花があった。
それはタルトの心の象徴らしい。
ペレネルは、煉獄の記憶は無くなっても、祈りが何かを残すと語った。

ミヌゥは転移して撤退した。

いろは達はまだ消えてなかった。
ラ・レーヌもまだ消えてなかった。

第11章「最後の戦い」

エリザ達はタルトが捕われているルーアンの砦へ潜入してた。
キューブはタルトに、リズの願いを語った。
それは真の英雄を生む事。
タルトは自らの死をも覆してシャルルに戴冠させるに至った。
しかしイザボーが魔女になってフランス全土に絶望を撒いた。
キューブはタルトはまだ何かを見せてくれるのかと問いかけた。
タルトの牢に向かっていたエリザ達は、魔法少女に阻まれた。

魔法少女3体
魔法少女4体
魔法少女3体

敵を10体倒すとミッションクリア。

エリザ達がタルトの牢に着くと、
タルトは自分を放って兵も退かせるように告げた。
エリザは投げやりなタルトを引っぱたいた
そして自分の生い立ちを語った。
エリザは皇帝妃とハーレムの男との子。
それがバレて宮廷から追い出された。
エリザは皆に自分を認めさせる願いを叶えて、宮廷に戻れた。
以降は皇帝の為に魔法少女として戦い続けた。
それでもいつか、自分は必要とされなくなる事を恐れていた。
一方、タルトは自分以外の誰かの為に戦い続けてきた

エリザは皆が助けに来たのは、タルトが好きだからと答えた。
その時、砦の外のラ・ピュセルを呼ぶ声が牢まで聞こえていた。
タルトは気を持ち直し、エリザ達と共に脱出する事に決めた。

砦の外にはミヌゥとイザボーも来ていた。
イザボーは魔法をかけて兵を弱らせていた。

魔法少女3体
魔法少女4体
ミヌゥ(光)&魔法少女2体

敵を10体倒すとミッションクリア。

タルトはイザボーを切った。
しかし何の手応えも無かったらしい。
キューブはイザボーが魔法少女を生み出している事や、
一度魔女になってから人間に戻っている事を教えた。
そしてイザボーがほぼ攻撃を食らわない秘密を解かないと、倒せないと助言した。

ラ・レーヌの黄昏

1000ダメージでミッションクリア。
3ターン経過で自動終了。

ミヌゥはイザボーの秘密を教えてた。
それは「魔法少女に脅かされない」という願いだった。
タルトはそれでも諦めずに攻撃し続けた。
タルトのソウルジェムは濁りまくっていた。

第12章「ラ・レーヌの黄昏」

タルトのソウルジェムは濁りきってた。
するとタルトの影からリズの声が聞こえた。
そしてリズのソウルジェムがタルトのソウルジェムと融合
タルトは魔法少女とも魔女とも言えない存在になった。
これでラ・レーヌの黄昏にも攻撃が通用するようになった。

煉獄でラ・レーヌの黄昏と戦っていたいろは達も、攻撃が通用していた。

エリアボス:
ラ・レーヌの黄昏

乙女の加護を全て回収していると、
いろは、やちよ、うい、エリザ、メリッサ、タルト、万年桜はダメージ10倍になる。

ラ・レーヌの黄昏は抜け殻のイザボーと融合。
巨大なムカデのような形状になった。
……とは言え、タルトはラ・レーヌの黄昏に天国の扉を放って倒した
ミヌゥも倒したっぽいけど、ハッキリとした描写は無い。

一方、いろは達が戦っていた未来のラ・レーヌの黄昏は急に消えた。
タルトが勝ったと察したいろは達は、出口から脱出した。

第13章「光の果て」

いろは達は天国の扉を抜けて未来に戻った。
でも万年桜は扉を通れなかった。
そこにリズが現れて、扉は生者でないと通れないと教えた。
リズもまた夢の世界に取り残されていたらしい。
タルトが感じた優しい気配はリズだった。
リズはその時、自分がいる事を教えなかった。
なぜなら、タルトが自分で立ち上がる必要があったから。
そこに光が現れた。
リズは万年桜の為の出口だと教えた。
タルトが「光の導きがありますように」と祈った言葉が実現してた。

魔法少女5体
魔法少女5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

タルト達はラ・レーヌの黄昏を消滅させていた。
イザボーの肉体だけは不滅なので残っていた。
……とは言え、それは意識の無い抜け殻だった。
イザボーの力で魔法少女になってたミヌゥのソウルジェムも消えた
ミヌゥはそれでもタルトを捕らえるよう、兵に命じてた。
タルトは抵抗せずに、そのまま捕まった
なぜなら、タルトのソウルジェムはもう、グリーフシードでも浄化できなかったから。
キューブ曰く、直にタルトは魔女になる
それもフランスの因果を束ねた強大な魔女に。
タルトはそうならない為に、死ぬつもりらしい。
てか、自らソウルジェムを割って自殺すればいいような……。

魔法少女5体
魔法少女5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

やちよといろはが三日月荘で目覚めていた。
2人ともタルトの事を覚えていた
記憶が無くなってないのはなぜ……。

一方、万年桜は忘れていた。
しかし、何か確かめないといけな事があると思っていた。
そして、データベースでジャンヌの記録を確認していた。

教会の異端審問で、タルトは火刑になってた
エリザ達が駆けつけた時は既に火が点いていた。
タルトは魔法少女のまま死にたかった
キューブはタルトの意思を尊重したらしい。
ペレネルはキューブのエネルギー回収ノルマを知ってて、
魔女にさせなかった理由を聞いた。
キューブ曰く、タルトはイザボーを倒してくれた感謝のつもり……らしい。
ペレネルはそれは祈りだと評した。

タルトが息絶えた時、白い鳩が飛んでったらしい。
万年桜に見覚えのある光が差した。
そして誰かの呼ぶ声が聞こえた。

立ち耳の魔女の手下5体
立ち耳の魔女の手下5体

敵を10体倒すとミッションクリア。

エピローグ

やちよはタルトの件をみたまにクレーム付けてた。
ねむは灯花の実験でおかしな事が起きたと責めていた。
ういはいろは達と待ち合わせしていた。
そこにいろは達が来たけど、なぜ調整屋に行ってたのか忘れていた
結局は忘れるんですね。

いろは達は光に誘われて、万年桜の元に集まっていた。
そこでどこからか鐘の音が鳴って、ういはなぜか泣いていた。
この鐘はたぶん、聖十字架大聖堂の鐘。
万年桜は過去の祈りの先に私達がいる……と意味深な事を漏らした。
とは言え、万年桜も自分がなぜそんな事を口にしたのかわからなかった。
その時、飛び去った白い鳩に万年桜は「ありがとう」と呟いた。

コメントは受け付けていません。

Trackback URL

承認制です。誤ってスパムフィルターにかかってた場合、解除して承認するのが遅れる事があります。
承認作業はブログの管理画面へログインした際についでに行うので、ログインしない時期は放置となります(^_^;)